861件中 91 - 100件表示
  • 衛生動物

    衛生動物から見た感染症感染症

    第二次世界大戦中、日本軍が熱帯地域で活動するためのマラリア等の感染症対策で研究が盛んとなり、戦後も衛生状態が悪かったためカ、ハエ、シラミに関して研究が続き、また東京湾のごみ処理場、いわゆる「夢の島」のハエの問題などは社会的にも大きな問題となったため、盛んに研究が行われた。衛生動物 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美クドア症

    奄美クドア症から見た感染症感染症

    奄美クドア症(kudoosis amammi)とは奄美クドア(Kudoa amamiensis)感染を原因とするスズメダイ科の感染症。筋肉内に多数の粒状物が形成され、商品価値を損なう。奄美クドアの種小名の由来は奄美大島で初めて確認されたことによる。奄美クドア症 フレッシュアイペディアより)

  • 日本環境感染学会

    日本環境感染学会から見た感染症感染症

    日本環境感染学会(にほんかんきょうかんせんがっかい)は、日本における感染症、特に医療現場などの環境における感染制御に関わる大規模かつ中心的な学術機関である。医師、歯科医師、薬剤師の他に看護師、臨床検査技師などコ・メディカルの学会員が多い組織である。日本環境感染学会 フレッシュアイペディアより)

  • 出血性敗血症

    出血性敗血症から見た感染症感染症

    出血性敗血症(しゅっけつせいはいけつしょう、)は、Pasteurella multocidaの莢膜抗原B型あるいはE型による感染を原因とする感染症。日本においては家畜伝染病予防法の法定伝染病に指定されており、対象動物はウシ、スイギュウ、シカ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、イノシシ。日本での発生はない。Pasteurella multocidaは両端染色性のグラム陰性、通性嫌気性の桿菌。経気道的あるいは経口的に感染すると考えられており、ウシでは症状を発見する前に突然死亡することが多い。急性例では胃壁、腸管膜、心膜などに広範な充出血点が観察される。病気の進行が早いため適切な治療法は確立されていない。炭疽、気腫疽、悪性水腫との類症鑑別が必要。血液がタール様にならないことから炭疽と鑑別することが可能であり、筋肉病変の違いから気腫疽、悪性水腫との鑑別が可能である。不活化ワクチンが実用化されている。出血性敗血症 フレッシュアイペディアより)

  • 毛巣洞

    毛巣洞から見た感染症感染症

    ふつうはお尻の仙骨部(尾底骨の正中部分、割れ目の上側)が圧迫されることによって、体毛が毛穴の中に入り込んで皮膚の内部で瘻孔(ろうこう、sinus)を形成し、炎症を起こす感染症である。皮膚の表面には嚢腫(袋状の腫瘍)が形成され、瘻管から膿が出ることが多い。腫瘍が形成されている間、本人は日常生活(椅子に座る等)が困難になるほどの痛みを伴う場合もあり、この腫瘍そのものは時間が経つと小さく、または破損し膿や血を出すが、また時間が経つと腫瘍が形成されるといったことを繰り返す場合も多い。毛巣洞 フレッシュアイペディアより)

  • ダッチ・スムースフント

    ダッチ・スムースフントから見た感染症感染症

    19世紀に誕生した犬種である。このころオランダではネズミによる衛生被害(感染症の媒介など)や食害が深刻化していて、ネズミを捕ることが出来、且つ賢い犬の作出が望まれていた。それのもとになる犬を探していた人物は隣国まで旅をして捜索を行っていたが、それにより目に留まったのがドイツのワイアーヘアード・ピンシャー(スタンダード・シュナウザーの直系の先祖)から時々生まれる、フォーンの毛色の犬だった。その毛色の犬は当時スタンダード(犬種基準)外であり、生後すぐに処分される対象になっていたが、健康や能力は通常の毛色のものと全く変わりが無かった。これを哀れに思い、その犬を安価で大量に購入し、オランダに持ち帰って地元の犬と掛け合わせることによって待ち望まれていたネズミ狩り犬、スムースフントが誕生した。ダッチ・スムースフント フレッシュアイペディアより)

  • 蹄葉炎

    蹄葉炎から見た感染症感染症

    主な原因として下痢や感染症などの全身疾患、穀類の過剰摂取による腸内細菌叢の変化による内毒素の発生が挙げられる。競走馬では、骨折などの損傷を受けた肢蹄をかばうようにその対側肢に自重を預けるため、その蹄に過重による血行障害が起こり、最終的に蹄葉炎の発症に至る例が多い。後肢より前肢に多く発生する。雌雄差はない。蹄葉炎 フレッシュアイペディアより)

  • ブロノポール

    ブロノポールから見た感染症感染症

    比較的安定だが、分解するとホルムアルデヒドや亜硝酸イオンを放出し、亜硝酸イオンはアミンと反応すればニトロソアミン(発癌性を有するとされる)が発生することがありうる。これらのことから1980年代には各国で日用品への規制が厳しくなったが、現在でも工業用途のほか、魚卵の感染症防止用(動物用医薬品)などに広く使われている。ブロノポール フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ馬疫

    アフリカ馬疫から見た感染症感染症

    アフリカ馬疫(アフリカばえき、英:African horse sickness)はアフリカ馬疫ウイルス感染を原因とするウマの感染症。日本では家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つ。アフリカ馬疫 フレッシュアイペディアより)

  • エールリヒア症

    エールリヒア症から見た感染症感染症

    エールリヒア症()とは、白血球に感染し破壊する感染症エールリヒア症 フレッシュアイペディアより)

861件中 91 - 100件表示

「感染症」のニューストピックワード