721件中 91 - 100件表示
  • 牛丘疹性口炎

    牛丘疹性口炎から見た感染症感染症

    牛丘疹性口炎(うしきゅうしんせいこうえん、英:bovine papular stomatitis)とはポックスウイルス科に属する牛丘疹性口炎ウイルス感染を原因とするヒト、牛の感染症。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。牛では症状として口腔粘膜に丘疹を形成し、まれに水疱や膿疱に進行する。病変部には細胞質内封入体(B型封封入体)が形成される。口蹄疫との鑑別が必要な場合がある。牛丘疹性口炎 フレッシュアイペディアより)

  • マエディ・ビスナ

    マエディ・ビスナから見た感染症感染症

    マエディ・ビスナ(英:maedi-visna)とはレトロウイルス科レンチウイルス属のマエディ・ビスナウイルス感染を原因とするヒツジやヤギの感染症。国際獣疫事務局の定めるリストB疾病であり、日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。遅発性ウイルス感染症の1つであり、マエディ・ビスナウイルスは感染動物の乳汁を介して経口感染が成立するが、呼吸器感染および胎内感染の可能性もある。約2年の潜伏期の後、元気消失、呼吸困難を示す。脳脊髄炎発症例では徐々に進行し、四肢の麻痺、歩行困難を示し、衰弱死する。呼吸器症状によるものはマエディ、脳炎症状によるものはビスナと呼ばれ、初期の研究では両者は別種のウイルスによる感染症と考えられていた。マエディ・ビスナウイルスの分離に適切な培養細胞に摂取すると、2~3週間後に多核巨細胞を伴う細胞変性効果(CPE)が認められる。血清診断として寒天ゲル内沈降反応、ELISAが用いられる。ワクチンは実用化されておらず、治療法も存在しない。マエディ・ビスナ フレッシュアイペディアより)

  • 豚流行性下痢

    豚流行性下痢から見た感染症感染症

    豚流行性下痢(ぶたりゅうこうせいげり、porcine epidemic diarrhea;PED)とは豚流行性下痢ウイルス感染を原因とする豚および猪の感染症。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。豚流行性下痢 フレッシュアイペディアより)

  • 牛乳頭腫

    牛乳頭腫から見た感染症感染症

    牛乳頭腫(うしにゅうとうしゅ、bovine papilomatosis)とは牛パピローマウイルス感染を原因とする牛の感染症牛乳頭腫 フレッシュアイペディアより)

  • 家禽コレラ

    家禽コレラから見た感染症感染症

    家きんコレラ(かきんコレラ、fowl cholera)とはPasteurella multocida(パスツレラ・ムルトシダ)感染を原因とする鳥類の感染症。鳥類のPasteurella multocidaによる感染症のうち70%以上の死亡率を示すものを家きんコレラとして日本の家畜伝染病予防法において法定伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ、アヒル、ウズラ、シチメンチョウ。日本での発生はあるが、法的処置が行われたことはない。家きんの疾病でほかに法定伝染病に指定されているものはニューカッスル病、高病原性鳥インフルエンザ、家きんサルモネラ感染症である。家禽コレラ フレッシュアイペディアより)

  • 豚萎縮性鼻炎

    豚萎縮性鼻炎から見た感染症感染症

    豚萎縮性鼻炎(ぶたいしゅくせいびえん、)は、Bordetella bronchiseptica単独感染あるいはPasteurella multocidaとの混合感染を原因とするブタの感染症。豚マイコプラズマ肺炎、豚胸膜肺炎と合わせて豚の三大呼吸器病と呼ばれる。混合感染のほうが重篤な症状を示す。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。豚萎縮性鼻炎 フレッシュアイペディアより)

  • 悪性水腫

    悪性水腫から見た感染症感染症

    悪性水腫(あくせいすいしゅ、malignent edema)とはClostridium septicumなどのクロストリジウム属菌の感染を原因とする牛、羊、馬、豚などの感染症悪性水腫 フレッシュアイペディアより)

  • 豚伝染性胃腸炎

    豚伝染性胃腸炎から見た感染症感染症

    豚伝染性胃腸炎(ぶたでんせんせいいちょうえん、transmissible gastroenteritis of swine;TGE)とは伝染性胃腸炎ウイルス感染を原因とする豚の感染症。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。豚伝染性胃腸炎 フレッシュアイペディアより)

  • チュウザン病

    チュウザン病から見た感染症感染症

    チュウザン病(Chuzan disease)とはチュウザンウイルス感染を原因とするウシやヤギの感染症。家畜伝染病予防法における届出伝染病。チュウザンウイルスはレオウイルス科オルビウイルス属に属し、ウシ、ヒツジ、ヤギの赤血球を凝集する。ウシヌカカによって媒介される。感染妊娠牛は流産することなく、冬から春に小脳形成不全、大脳欠損、内水頭症などの先天性異常子牛を娩出する。水無脳症、小脳形成不全症候群を伴うことから、小脳病変を示さないアカバネ病との鑑別が可能である。予防には9月までに未越夏妊娠牛に不活化ワクチンを1ヶ月間隔で2回接種する。チュウザン病 フレッシュアイペディアより)

  • イバラキ病

    イバラキ病から見た感染症感染症

    イバラキ病(Ibaraki disease)とはイバラキウイルス感染を原因とする牛の感染症。かつてはブルータング様疾病と呼ばれていた。また、牛流行熱とともに流行性感冒として家畜伝染病予防法で取り扱われていた。現在は家畜伝染病予防法における届出伝染病。イバラキ病 フレッシュアイペディアより)

721件中 91 - 100件表示

「感染症」のニューストピックワード