721件中 111 - 120件表示
  • 滲出性表皮炎

    滲出性表皮炎から見た感染症感染症

    滲出性表皮炎(しんしゅつせいひょうひえん、英:exudative epidermitis)とはStaphylococcus hyicus感染を原因とするブタの感染症。Staphylococcus hyicusはグラム陽性の球菌であり、表皮剥脱毒素を産生する。症状は紅斑、滲出物、水疱、痂皮、皮膚剥離を特徴とし、その発病率は10%程度である。滲出物に皮垢や塵埃が付着すると黒褐色となり、煤を被ったように見えることからスス病とも呼ばれる。特徴的な病変は皮膚に限局して認められる。ワクチンはない。滲出性表皮炎 フレッシュアイペディアより)

  • Hib

    Hibから見た感染症感染症

    Hibは肺炎・敗血症・喉頭蓋炎などさまざまな感染症を引き起こし、なかでも重篤な感染症がHibによる細菌性髄膜炎(Hib髄膜炎)である。Hib フレッシュアイペディアより)

  • クチ (犬種)

    クチ (犬種)から見た感染症感染症

    主にネズミやリス、ヘビといった小型獣などを狩るのに使われている。ネズミは感染症の媒介と作物の食害を防ぐため、家や農場で見つけ次第駆除して食べてしまう。リスは食用にすることもあり、その場合は仕留めても食べずに持ち帰る。又、犬によっては生け捕りができることもある。ヘビは人が咬まれて命を落とすのを防ぐために狩り、3つの獲物の中で最も危険度が高い。無論相手は毒蛇であるため、狩りに失敗して命を落としたり失明するクチも少なくない。クチ (犬種) フレッシュアイペディアより)

  • 頭部潰瘍病

    頭部潰瘍病から見た感染症感染症

    頭部潰瘍病(とうぶかいようびょう、英:head ulcer disease)とは非定型Aeromonas salmonicida感染を原因とするウナギの感染症。頭部、吻部の発赤、潰瘍、肝臓の鬱血、腹膜の出血を引き起こす。水温を25℃以上に上げて飼育することで防除することができる。頭部潰瘍病 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時休業 (学校)

    臨時休業 (学校)から見た感染症感染症

    臨時休業(りんじきゅうぎょう)とは、学校保健安全法(昭和33年法律第56号、旧称・学校保健法)に基づき、学校の設置者が感染症の予防上必要があるときに、臨時に学校の全部あるいは一部の授業を取りやめることをいう(学校保健安全法第20条、旧学校保健法13条)。臨時休業の対象となる範囲により、一般に「学校閉鎖」あるいは「学級閉鎖」などと呼ばれる。この臨時休業の措置は出席停止の措置(学校保健安全法第19条、旧学校保健法12条)とともに、学校での感染症のまん延を予防するための措置の一つである。臨時休業 (学校) フレッシュアイペディアより)

  • 代替血液

    代替血液から見た感染症感染症

    酸素と親和性の高い物質を血中に投与することで赤血球の代替にできないかという研究は第二次世界大戦を境に活発になった。感染症のリスクをほぼ無くすことができる他、輸血用血液の最大の問題である保存期限をクリアできるようになるからである。現在のところ、安全性や有用性の面で実用的なものは完成していない。アプローチとしては、「白い血液」として知られたパーフルオロケミカル (PFC) の乳剤のような非生物材料を用いるもの(旧ミドリ十字製フルオゾール(Fluosol)が著名)と、ヘモグロビンを加工するものとに分けられ、現在のところ後者の方が実現性が高いとみられている。代替血液 フレッシュアイペディアより)

  • ヒト顆粒球アナプラズマ症

    ヒト顆粒球アナプラズマ症から見た感染症感染症

    ヒト顆粒球アナプラズマ症(ヒトかりゅうきゅうアナプラズマしょう、, HGA)とは、マダニにより媒介されるグラム陰性桿菌による感染症のひとつで、人獣共通感染症のアナプラズマ症のひとつである。ヒト顆粒球アナプラズマ症 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・アンド・タン・テリア

    ブラック・アンド・タン・テリアから見た感染症感染症

    その姿はマンチェスター・テリアに似るが、それとは耳形や体型などが異なっている。マズルは先が尖っているがマンチェスターよりも太く、やや短めである。ネズミを一撃で仕留めるため、咀嚼力はとても強い。首や脚、胴や尾は長く、筋肉質で引き締まった体つきをしている。瞬発力や走力などといった運動神経が抜群であるが、走力は子孫の方が上である。背中は平らである。耳は垂れ耳、又はボタン耳で、尾は先細りで飾り毛の無い垂れ尾。然し、ネズミに噛まれ感染症にかかることを予防するため、耳は断耳して立たせ、尾は短めに断尾されていた。コートはつやのあるスムースコートで、毛色はその名の通りブラック・アンド・タンに限られる。小型犬サイズで、性格は忠実で愛情深く、冷静で温和。「テリア・キャラクター」と呼ばれる、テリア犬種特有の気性の荒さは持っておらず、安定した気質である。ネズブラック・アンド・タン・テリア フレッシュアイペディアより)

  • 山田創平

    山田創平から見た感染症感染症

    山田 創平(やまだ そうへい、1974年 - )は、日本の都市社会学者。京都精華大学人文学部総合人文学科専任講師。博士(文学)。専門は都市論、都市における感染症対策、地域史。山田創平 フレッシュアイペディアより)

  • マレック病

    マレック病から見た感染症感染症

    マレック病(まれっくびょう、英:Marek's disease,MD)とはマレック病ウイルス感染を原因とする鳥類の感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ、ウズラ。マレック病ウイルスはヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス亜科に属するDNAウイルス。感染はフケを介する経気道感染を起こし、感染性を持つウイルスは感染個体の羽包上皮に存在する。野外ではほとんどの鶏がマレック病ウイルスに感染しており、感染個体が必ず発症するわけではないが、発症個体は神経症状を示し、末梢神経の腫大、リンパ腫形成が認められる。羽包上皮細胞内に核内封入体が形成される。マレック病の腫瘍はCD4陽性T細胞が腫瘍化したものと考えられている。ワクチンが開発されているが、強毒株に対しては感染防御の効果はなく、腫瘍の発生を防御する。リンパ性白血病との鑑別が必要である。マレック病 フレッシュアイペディアより)

721件中 111 - 120件表示

「感染症」のニューストピックワード