861件中 111 - 120件表示
  • モノネガウイルス目

    モノネガウイルス目から見た感染症感染症

    モノネガウイルス目に属するウイルスを原因とする感染症にはヒトにおいて重要な感染症が多く含まれ、従来から知られている感染症(流行性耳下腺炎、麻疹、狂犬病)と新興感染症(エボラ出血熱、ボルナ病、ヘンドラウイルス感染症、ニパウイルス感染症)の両方が知られている。モノネガウイルス目 フレッシュアイペディアより)

  • モタラ (象)

    モタラ (象)から見た感染症感染症

    診断の結果、モタラが左前脚に受けた傷は15センチから20センチもの深さに達していた。しかも既に感染症を起こして腫れていたため、モタラは右前脚だけで暮らすことを強いられることになった。その後実施された検査で、モタラは左前脚を12インチ切断することに決まったモタラ (象) フレッシュアイペディアより)

  • 豚伝染性胃腸炎

    豚伝染性胃腸炎から見た感染症感染症

    豚伝染性胃腸炎(ぶたでんせんせいいちょうえん、transmissible gastroenteritis of swine;TGE)とは伝染性胃腸炎ウイルス感染を原因とする豚の感染症。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。豚伝染性胃腸炎 フレッシュアイペディアより)

  • 伝染性ファブリキウス囊病

    伝染性ファブリキウス囊病から見た感染症感染症

    伝染性ファブリキウス囊病(でんせんせいふぁぶりきうすのうびょう、英:infectious bursal disease,IBD)とは伝染性ファブリキウス囊病ウイルス感染を原因とする感染症。ガンボロ病とも呼ばれる。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ。伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスはビルナウイルス科アビビルナウイルス属に属するRNAウイルス。ウイルスはファブリキウス囊で増殖し、汚染糞便が感染源となる。鶏における症状は元気消失、緑色下痢便、免疫抑制などであり、治療法は確立されていない。伝染性ファブリキウス囊病ウイルスは感染するとファブリキウス囊のB細胞を破壊し、病理学的特徴としてファブリキウス囊に浮腫を起こした後に速やかに萎縮、胃や筋胃内出血、脾腫、胸腺の出血や萎縮、リンパ性細胞の壊死が認められる。従来型と高病原性のvvIBDに分類される。診断には中和試験、寒天ゲル内沈降反応、蛍光抗体法、ELISAが用いられる。種鶏に生ワクチン、不活化ワクチン接種を行い、移行抗体により孵化直後の感染を防ぎ、移行抗体消失直後に雛に生ワクチンを接種することにより予防を行う。伝染性ファブリキウス囊病 フレッシュアイペディアより)

  • 腺疫

    腺疫から見た感染症感染症

    腺疫(せんえき、英:strangles)とは腺疫菌(Streptococcus equi)感染を原因とする馬の感染症。直接的な接触あるいは飼料や水を介して経気道的に感染する。下顎リンパ節の腫脹および膿様鼻汁の排泄が特徴的。鼻汁からの菌分離により確定診断を行う。治療にはペニシリンの投与が効果的であるが、通常は自然回復させる。腺疫 フレッシュアイペディアより)

  • ヌードリング

    ヌードリングから見た感染症感染症

    ヌードラーには、手に切り傷や擦り傷を負う危険が伴う。これは手袋などの防具を身につけることによってある程度は回避できるが、防具があったとしても感染症や指の切断などのリスクは常にある。ヌードリング フレッシュアイペディアより)

  • PBFD

    PBFDから見た感染症感染症

    嘴と爪は、羽毛とは対照的な影響を受ける。過剰な成長と奇形および壊死組織の成長である。外層のひびと剥落によって細菌や菌類による感染症が起こる可能性が生じ、このことがさらに問題を困難なものにする。嘴の内層の壊死は嘴を破壊する原因となることがある。この時点でこの鳥は食餌を摂ることができなくなる。PBFD フレッシュアイペディアより)

  • 媾疫

    媾疫から見た感染症感染症

    媾疫(こうえき、英語:Covering sicknessまたはdourine)は交尾によって伝染する馬の感染症で、トリパノソーマ症の一種。媾疫 フレッシュアイペディアより)

  • 山羊伝染性胸膜肺炎

    山羊伝染性胸膜肺炎から見た感染症感染症

    山羊伝染性胸膜肺炎(やぎでんせんせいきょうまくはいえん、英:contagious caprine pleuropneumonia)とはMycoplasma capricolum subsp. capricolum感染を原因とする山羊の感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は山羊。症状は発熱、発咳。治療にはテトラサイクリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌薬が有効。山羊伝染性胸膜肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • 偽牛痘

    偽牛痘から見た感染症感染症

    偽牛痘(ぎぎゅうとう、英:pseudocowpox)とは偽牛痘ウイルス感染を原因とするウシ、ヒトの感染症。仮性牛痘とも呼ばれる。偽牛痘ウイルスはポックスウイルス科パラポックスウイルス属に属するDNAウイルス。ウシでは丘疹、水疱、膿疱を形成するが、ヒトでは水疱、膿疱の形成が明瞭ではない。病変部にB型封入体が認められる。感染後の免疫は弱く、繰り返し感染が起こり得る。偽牛痘 フレッシュアイペディアより)

861件中 111 - 120件表示

「感染症」のニューストピックワード