721件中 11 - 20件表示
  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た感染症感染症

    感染症の歴史(かんせんしょうのれきし)では、世界の歴史において、特に後世に社会的、経済的、文化的に甚大な影響を与えた感染症について記述する。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • キネトプラスト類

    キネトプラスト類から見た感染症感染症

    キネトプラスト類(キネトプラストるい、kinetoplastid)は、キネトプラストを持つ鞭毛虫の一群である。人間や家畜に深刻な感染症を引き起こす寄生虫(リーシュマニア・トリパノソーマ)を含むことで有名であるが、それ以外に自由生活性のものも土壌などから見出される。従来はキネトプラスト目 (Kinetoplastida) として扱われていたが、これを格上げしてキネトプラスト綱 (Kinetoplastea) とする体系が受け入れられつつある。キネトプラストの訳語を用いて動原核類とする場合もある。キネトプラスト類 フレッシュアイペディアより)

  • 隔離

    隔離から見た感染症感染症

    医療行為として感染症の防止や精神障害の治療、危険防止のために隔離が行われることがある。隔離 フレッシュアイペディアより)

  • 小児科学

    小児科学から見た感染症感染症

    小児科は内科に対して年齢区分による分類であり、必然的に全ての臓器の疾患、感染症などを扱う。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • 髄芽腫

    髄芽腫から見た感染症感染症

    また、抗がん剤の大量投与についても、小児に対する限界量を熟知していることが必要であるし、もちろん、患児の個別の状態を見極めることができることが必要である。骨髄機能がゼロに近くなり、免疫機能が働かなくなった時期の感染症対策(無菌の環境を整えるとともに、感染が疑われた時は適切な抗生剤を時期をはずさずに投与し、その効果がないときは次々に抗生剤を変更する)など、一歩間違えれば生命に危険が生じるため、深い知識と経験が必要とされるものである。髄芽腫 フレッシュアイペディアより)

  • 人間ドック

    人間ドックから見た感染症感染症

    C反応性蛋白 (CRP) : 感染症、腫瘍などの確認。人間ドック フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄異形成症候群

    骨髄異形成症候群から見た感染症感染症

    発症時の症状は乏しい。無症状かあるいは赤血球の産生が低下して慢性の貧血を来たす。貧血の型は一定せず、大球性から小球性までとりえる。白血球減少が高度な例で感染症の合併、血小板減少が高度な例で出血傾向が見られるものの、血液検査で白血球減少、血小板減少、汎血球減少が偶然発見されることも多い。骨髄異形成症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 旅行者下痢

    旅行者下痢から見た感染症感染症

    水分を摂ってホテルなどで安静にしていれば快復するケースが多いが、感染症が原因の場合は治療が必要である。旅行者下痢 フレッシュアイペディアより)

  • 抗生物質

    抗生物質から見た感染症感染症

    アレクサンダー・フレミングが1929年にアオカビからペニシリンを最初に発見して以来、感染症に対する多くの「抗生物質」は細菌に対する「抗菌薬(antibacterial drugs)」がほとんどであり、「抗生物質(antibiotics)」と言えば「抗菌薬(antibacterial drugs)」のことを指すのが一般であった。抗生物質 フレッシュアイペディアより)

  • 気道感染

    気道感染から見た感染症感染症

    気道感染(きどうかんせん)とは気道、呼吸器におこる感染症である。呼吸器感染症ともいう。気道感染を示す重要な徴候としては発熱、咳、痰といった症状である。ここでは一般診療でかかわる主な疾患、および発熱、咳、痰を起こす疾患の鑑別などを述べる。気道感染 フレッシュアイペディアより)

721件中 11 - 20件表示

「感染症」のニューストピックワード