861件中 11 - 20件表示
  • 恒心

    恒心から見た感染症感染症

    1990年代、性行為で感染する感染症のエイズが日本に上陸してエイズ患者が増加して、輸血による薬害エイズ事件が発生した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 学校保健

    学校保健から見た感染症感染症

    学校保健安全法には、児童生徒等の健康保持や健康増進のために必要な事項が規定されている。その主な内容は、学校ごとに保健計画を立て、環境衛生の維持・改善に努めること、健康診断を定期的に実施すること、感染症の予防や感染症による学級閉鎖に関することなどである。学校保健 フレッシュアイペディアより)

  • 旅行者下痢

    旅行者下痢から見た感染症感染症

    水分を摂ってホテルなどで安静にしていれば快復するケースが多いが、感染症が原因の場合は治療が必要である。旅行者下痢 フレッシュアイペディアより)

  • 不明熱

    不明熱から見た感染症感染症

    不明熱の原因となる疾患は多岐にわたるが、感染症、膠原病、悪性腫瘍の三つが代表的であり、それ以外に、アレルギー、薬剤熱、詐熱など多数の疾患がある。不明熱 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄異形成症候群

    骨髄異形成症候群から見た感染症感染症

    発症時の症状は乏しい。無症状かあるいは赤血球の産生が低下して慢性の貧血を来たす。貧血の型は一定せず、大球性から小球性までとりえる。白血球減少が高度な例で感染症の合併、血小板減少が高度な例で出血傾向が見られるものの、血液検査で白血球減少、血小板減少、汎血球減少が偶然発見されることも多い。骨髄異形成症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 遅発性ウイルス

    遅発性ウイルスから見た感染症感染症

    遅発性ウイルス(ちはつせい-、遅発ウイルス、スローウイルスとも)は、潜伏期間が極めて長い感染症の病原ウイルスである。ヒトでは亜急性硬化性全脳炎を起こす変異型麻疹ウイルス、進行性多巣性白質脳症を起こすJCウイルスが知られる。ウマでは、ウマ伝染性貧血症(equine infectious anemia)ウイルス、ヒツジではvisna virusビスナウイルス、maediウイルスが知られる。遅発性ウイルスによる感染症を遅発性ウイルス感染症という。遅発性ウイルス感染症のうち亜急性硬化性全脳炎と進行性多巣性白質脳症では、長い潜伏期のメカニズムはことなる。また、長い経過で病状が変わる慢性肝炎ウイルスは、遅発性ウイルスには含めない。定義には曖昧な部分がある。医学系の文献では、潜伏期間の極めて長い神経疾患の原因ウイルスにかぎって定義する傾向があり、ウイルス学では長い潜伏期間で動物に神経疾患とその他の重症な病気をおこすウイルスとして、より広く定義をする傾向がある。歴史的には、伝達性海綿状脳症の原因として提唱された概念であった。しかし、伝達性海綿状脳症がプリオン病として独立したため、本来のウイルスだけが残った。この歴史的背景が遅発性ウイルスという概念に残っているため、定義が曖昧なのかもしれない。また、関連疾患の理解で誤解を招きやすい事態になっている。遅発性ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • 輸血拒否

    輸血拒否から見た感染症感染症

    また、エホバの証人は、輸血の危険性や輸血の代替手段について強く訴えている。実際、命が危険にさらされない限りはできるだけ無輸血治療を行い患者の信仰に協力的な医師や病院も存在する。さらに、輸血拒否することによって、感染症やC型肝炎等の病気を避けることが出来るという。ただし、出血を少なくするという意味での無輸血治療はどの患者にも望ましいものであるが、大量の出血が避けられない、あるいは既に大量の出血が起こっている場合、俗にいう、代替血液とは、あくまでも血液と混ぜても特に害がなく、血圧を一定の高さに維持するという役割を果たすだけであり、血液の生理的効果を代替するものではない。よって、出血多量の場合には輸血以外には患者の命を救う手段はない(この事実を明確に信者に伝えていないという批判も存在する)。輸血拒否 フレッシュアイペディアより)

  • 渡航医学

    渡航医学から見た感染症感染症

    死亡率研究によれば、旅行中の死亡の最大の原因は循環器疾患(50-70%)であり、外傷や事故(?25%)が続く。感染症は旅行中・旅行後の死亡原因のうちわずか2.8?4%を占めるに過ぎない。一方有病率研究によれば、先進国からの旅行者が途上国で1ヶ月を過ごした場合に、半数以上が病気になるとされる。中でも旅行者下痢症は最もよく見られる問題である。渡航医学 フレッシュアイペディアより)

  • 学校保健安全法

    学校保健安全法から見た感染症感染症

    第4節 感染症の予防(第19条-第21条)学校保健安全法 フレッシュアイペディアより)

  • 気道感染

    気道感染から見た感染症感染症

    気道感染(きどうかんせん)とは気道、呼吸器におこる感染症である。呼吸器感染症ともいう。気道感染を示す重要な徴候としては発熱、咳、痰といった症状である。ここでは一般診療でかかわる主な疾患、および発熱、咳、痰を起こす疾患の鑑別などを述べる。気道感染 フレッシュアイペディアより)

861件中 11 - 20件表示

「感染症」のニューストピックワード