721件中 31 - 40件表示
  • 糞

    から見た感染症感染症

    検便で感染症・食中毒の原因菌・ウイルスや寄生虫卵、潜血など検査を現代の医療現場で行なわれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 感染

    感染から見た感染症感染症

    病原体による感染が成立、すなわち生体内で安定な増殖を起こしても、必ずしも発病するとは限らない。増殖した微生物のうち宿主にとって病原性(英:virulence)のあるものとないものに分かれており、病原性のあるものによって発症する。発症は宿主と寄生体側の両方の作用によって宿主に何らかの病状をもたらした場合をいう。宿主に病状が出ているため、一般的に感染症として定義される。または、医学用語で顕性感染ともいう。一方、感染は成立しているが、発症しない状態は不顕性感染と呼ばれる。詳細は項目に譲ることとする。感染 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た感染症感染症

    ハンセン病(ハンセンびょう、)は、抗酸菌の一種であるらい菌()の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • 好中球

    好中球から見た感染症感染症

    感染症、炎症、急性出血、溶血、慢性骨髄性白血病、真性多血症、中毒、悪性腫瘍、尿毒、痛風、副腎皮質ステロイド投与一時的なもの(運動、食事、ストレス)、喫煙などで好中球は増加する。好中球 フレッシュアイペディアより)

  • 輸血拒否

    輸血拒否から見た感染症感染症

    また、輸血の危険性や輸血の代替手段について強く訴えている。実際、命が危険にさらされない限りはできるだけ無輸血治療を行い患者の信仰に協力的な医師や病院も存在する。さらに、輸血拒否することによって、感染症やC型肝炎等の病気を避けることが出来るという。ただし、出血を少なくするという意味での無輸血治療はどの患者にも望ましいものであるが、大量の出血が避けられない、あるいは既に大量の出血が起こっている場合、俗にいう、代替血液とは、あくまでも血液と混ぜても特に害がなく、血圧を一定の高さに維持するという役割を果たすだけであり、血液の生理的効果を代替するものではない。よって、出血多量の場合には輸血以外には患者の命を救う手段はない(この事実を明確に信者に伝えていないという批判も存在する)。輸血拒否 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た感染症感染症

    2003年(平成15年)に感染症のSARSが世界的に流行する。新型インフルエンザの流行問題として、平成21年に日本における2009年新型インフルエンザと2009年新型インフルエンザの世界的流行があり、H5N1亜型やトリインフルエンザが発生する危険性が問題となった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 学校保健

    学校保健から見た感染症感染症

    学校保健安全法には、児童生徒等の健康保持や健康増進のために必要な事項が規定されている。その主な内容は、学校ごとに保健計画を立て、環境衛生の維持・改善に努めること、健康診断を定期的に実施すること、感染症の予防や感染症による学級閉鎖に関することなどである。学校保健 フレッシュアイペディアより)

  • 牛アスペルギルス症

    牛アスペルギルス症から見た感染症感染症

    牛アスペルギルス症(うしあすぺるぎるすしょう、英:aspergillosis in cattle)とはAspergillus属感染を原因とするウシの感染症。主にAspergillus fumigatusが原因であるが、稀にAspergillus flavusも原因となる。Aspergillus属の多くは宿主の免疫能力の低下により感染が成立し、感染牛の肺では肉芽腫性炎が認められ、妊娠牛では妊娠6~8ヶ月で流産を引き起こす。牛アスペルギルス症 フレッシュアイペディアより)

  • 無症候性キャリア

    無症候性キャリアから見た感染症感染症

    無症候性キャリア(むしょうこうせい-、無症候キャリア)とは、病原体による感染が起こっていながら、明瞭な症状が顕れないまま、他の宿主(ヒトや動物など)にその感染症を伝染させる可能性のある宿主のこと。特に細菌による感染の場合は、無症候性保菌者、健康保菌者と呼ばれることもある。無症候性キャリア フレッシュアイペディアより)

  • 学校保健安全法

    学校保健安全法から見た感染症感染症

    第4節 感染症の予防(第19条-第21条)学校保健安全法 フレッシュアイペディアより)

721件中 31 - 40件表示

「感染症」のニューストピックワード