861件中 31 - 40件表示
  • 無症候性キャリア

    無症候性キャリアから見た感染症感染症

    無症候性キャリア(むしょうこうせいキャリア、無症候キャリア)とは、病原体による感染が起こっていながら、明瞭な症状が顕れないまま、他の宿主(ヒトや動物など)にその感染症を伝染させる可能性のある宿主のこと。特に細菌による感染の場合は、無症候性保菌者、健康保菌者と呼ばれることもある。無症候性キャリア フレッシュアイペディアより)

  • パンデミック

    パンデミックから見た感染症感染症

    パンデミック()あるいは世界流行とは、ある感染症(特に伝染病)が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語である。ただし英語のの意味は、「流行」という現象と「流行病」という病気との双方である。前者は不可算名詞で、後者は可算名詞である。パンデミック フレッシュアイペディアより)

  • プラセンタ

    プラセンタから見た感染症感染症

    メルスモン()は、1956年(昭和31年)に販売開始され、1959年(昭和34年)に薬価収載されている。原料は胎盤(臍帯及び羊膜は含まれない)抽出方法は塩酸加水分解法。抽出後のプラセンタエキスの総窒素濃度は0.08w/v%。更年期障害と乳汁分泌障害で、共にフラセボと比較して有意な症状改善効果が確認されている。マウスでの動物実験では、抗疲労作用・創傷治療促進作用なども確認されている。販売はメルスモン製薬株式会社。1日1回2mLを毎日または隔日に皮下注射して使用する。原料は日本国内の妊婦より出産時に排出された胎盤であり、提供者の海外渡航歴等の問診のほかに、血清学的検査によってウイルス・細菌の感染症スクリーニング検査を実施し、更にHBV-DNA、HCV-RNA、HIV-1-RNAについて核酸増幅検査(NAT)等を実施して問題なかった胎盤を使用する。原料は、塩酸加水分解法によって101℃以上、1時間以上の塩酸加熱処理および121℃、60分間の高圧蒸気滅菌を実施され、ウイルス等の不活性化処理が行われている。プラセンタ フレッシュアイペディアより)

  • 結核

    結核から見た感染症感染症

    結核(けっかく、)とは、マイコバクテリウム属の細菌、主に結核菌 (Mycobacterium tuberculosis) により引き起こされる感染症。結核菌は1882年にロベルト・コッホによって発見された。日本では、明治初期まで肺結核は労咳(癆痎、ろうがい)と呼ばれていた。現在でも、多くの人が罹患する病気で好発部位は肺であるが全身の臓器・器官に感染し顕著な症状を呈している部位名に「結核」を付け加えた呼び方により細分化される。結核 フレッシュアイペディアより)

  • 小児科学

    小児科学から見た感染症感染症

    小児科は内科に対して年齢区分による分類であり、必然的に全ての臓器の疾患、感染症などを扱う。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • 好中球

    好中球から見た感染症感染症

    感染症、炎症、急性出血、溶血、慢性骨髄性白血病、真性多血症、中毒、悪性腫瘍、尿毒、痛風、副腎皮質ステロイド投与一時的なもの(運動、食事、ストレス)、喫煙などで好中球は増加する。好中球 フレッシュアイペディアより)

  • 髄芽腫

    髄芽腫から見た感染症感染症

    また、抗がん剤の大量投与についても、小児に対する限界量を熟知していることが必要であるし、もちろん、患児の個別の状態を見極めることができることが必要である。骨髄機能がゼロに近くなり、免疫機能が働かなくなった時期の感染症対策(無菌の環境を整えるとともに、感染が疑われた時は適切な抗生剤を時期をはずさずに投与し、その効果がないときは次々に抗生剤を変更する)など、一歩間違えれば生命に危険が生じるため、深い知識と経験が必要とされるものである。髄芽腫 フレッシュアイペディアより)

  • 内科学

    内科学から見た感染症感染症

    この技術はさまざまな分野で利用されているが、内科では特に感染症領域で診断・治療に劇的な変化をもたらした。キャリー・マリスは、1993年、ノーベル化学賞を受賞した。内科学 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た感染症感染症

    ハンセン病(ハンセンびょう、)は、抗酸菌の一種であるらい菌 () の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • カエルツボカビ症

    カエルツボカビ症から見た感染症感染症

    カエルツボカビ症(蛙壷黴症、カエルツボカビしょう)は、ツボカビの一属一種の真菌カエルツボカビ ( Longcore et al., 1999) によって引き起こされる両生類の致死的な感染症である。野生の個体群でのこの疾病に対する効果的な対策は存在しない。ただし、カエルの種によって感受性は異なり、アフリカツメガエル (Xenopus laevis) やウシガエル (Rana catesbeiana) は感染しても発症しない。カエルツボカビ症 フレッシュアイペディアより)

861件中 31 - 40件表示

「感染症」のニューストピックワード