721件中 41 - 50件表示
  • 遅発性ウイルス

    遅発性ウイルスから見た感染症感染症

    遅発性ウイルス(ちはつせい-、遅発ウイルス、スローウイルスとも)は、潜伏期間が極めて長い感染症の病原ウイルスである。遅発性ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • 化学療法 (抗性物質)

    化学療法 (抗性物質)から見た感染症感染症

    重篤な感染症ならば血液培養を行う。重篤とはどういう状態かの定義は難しい。体温、白血球数は高いときも低いときもあるSIRSの診断基準などを参照にするとわかりやすい。原因不明の意識障害、神経症状、心不全、腎機能障害、代謝性アシドーシス、呼吸性アルカローシスをみたら敗血症を疑う。血液培養の適応は敗血症を疑った時であり、他に適応はない。血液培養は2セット(合計4本、2本に好気性ボトルと2本の嫌気性ボトルである)である。これは部位を変えて採血をする。好気性菌ボトルと嫌気性菌ボトルがあるがこのときは針をかえない。アルコールランプも使わない。これら一連の行為はコンタミかどうかの判断をするためである。化学療法 (抗性物質) フレッシュアイペディアより)

  • 救瘟袖暦

    救瘟袖暦から見た感染症感染症

    「救瘟」とは、「瘟疫(高熱を発する感染症)を救う」の意であり、「袖暦」については、著者工藤平助の自序によれば 「若シ此ノ時行変転シテ、又新ニ治方ヲ立ル時ハ故ヲステヽ新ニ就クベキニヨリテ袖コヨミトハ題セリ」、すなわち、時候は年々微妙に変転するものであり、病状もそれにつれて変化することがあるので、新しい治療法を考える際には、躊躇なく古い治療法を捨て去り、新しい方法を採り入れるべきと考えるので、自著に「袖暦」の題を付したとしている。また、『傷寒論』だけでなく、この書もまた絶対視することなく、新たな治療法があればそれを採用すべきだと説いている。救瘟袖暦 フレッシュアイペディアより)

  • 静かな緊急事態

    静かな緊急事態から見た感染症感染症

    静かな緊急事態(しずかなきんきゅうじたい、Silent Emergency、サイレント・イマージェンシー)は、静かに進行しているため注目が集まらない、人類が抱える飢餓や感染症等への呼称。「静かなる緊急事態」と呼ぶ場合もある。静かな緊急事態 フレッシュアイペディアより)

  • サイレント津波

    サイレント津波から見た感染症感染症

    フランスの大統領ジャック・ルネ・シラクは、飢餓と感染症、さらに暴力や暴動を「サイレント津波(静かな津波)」(、ツナミ・シランシュー)と明言、国際課税の検討を提言した。サイレント津波 フレッシュアイペディアより)

  • ラクダ痘

    ラクダ痘から見た感染症感染症

    ラクダ痘()とは、ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属に属するウイルス(Camelpox virus)によって引き起こされるラクダの感染症。ラクダ痘では皮膚病変(skin lesions)と全身感染症(generalized infection)が認められる。若齢のラクダでの流行では死亡率は25%程度であったが、他の事例では軽症であることが多い。ラクダ痘はラクダの乗り手の手を介して伝播することがあるラクダ痘 フレッシュアイペディアより)

  • ギロダクチルス症

    ギロダクチルス症から見た感染症感染症

    ギロダクチルス症()とはギロダクチルス属の単生類の寄生を原因とする魚類の感染症。ギロダクチルス症では粘液過多、稚魚や幼魚の斃死が認められる。対策として0.5ppm以下の濃度のメトリホナートの散布およびホルマリンの散布が行われる。ギロダクチルス症 フレッシュアイペディアより)

  • アミルウージニウム症

    アミルウージニウム症から見た感染症感染症

    アミルウージニウム症(アミルウージニウムしょう、)とはAmyloodinium ocellatumの感染を原因とする海水魚の感染症。病魚には粘液過多、鰓に微小な白点の存在が認められる。アミルウージニウム症への対策として硫酸銅による薬浴が用いられる。アミルウージニウム症 フレッシュアイペディアより)

  • OMV病

    OMV病から見た感染症感染症

    OMV病()とはヘルペスウイルス科に属するサケヘルペスウイルス2(salmoid herpes virus 2, oncorhynchus masou virus;OMV, yamame tumor disease;YTV)の感染を原因とするサケ科魚類の感染症。食欲不振、活動の不活発、肝臓に淡桃色の斑点、肝臓の巣状壊死が認められる。診断は病魚の魚体、臓器、体腔液より接種濾液を作成しサケ科魚類の培養細胞で培養を行い、ウイルスを分離することによって行う。伝播は水平感染および卵を介した垂直感染によるものと考えられている。予防には病魚の除去や発眼卵の消毒が一般的である。サケヘルペスウイルス1とサケヘルペスウイルス2とは交差性はない。ヘルペスウイルス科に属するウイルスが原因となる魚類の感染症としては他にコイヘルペスウイルス病やコイの上皮腫などが存在する。OMV病 フレッシュアイペディアより)

  • デルモシスチジウム症

    デルモシスチジウム症から見た感染症感染症

    デルモシスチジウム症(デルモシスチジウムしょう、)とはDermocystidium属菌の感染を原因とする魚類の感染症。コイではDermocystidium koiの感染を原因とし、眼、鰭基部、体側部、腹部の発赤、隆起が認められる。ヨーロッパウナギではD. anguillaeの感染を原因とし、鰓蓋の隆起が認められる。デルモシスチジウム症 フレッシュアイペディアより)

721件中 41 - 50件表示

「感染症」のニューストピックワード