721件中 51 - 60件表示
  • 抗酸菌症

    抗酸菌症から見た感染症感染症

    抗酸菌症(英:mycobacteriosis)とはMycobacterium spp.の感染を原因とする魚類の感染症。ミコバクテリア症とも呼ばれる。ブリやカンパチでは腹部膨満、肛門の発赤、諸臓器に多数の粟粒状の結節、各臓器の広範な癒着が認められる。M. marinum、M. fortuitum、M. cheloneiなどが原因と考えられている。抗酸菌症 フレッシュアイペディアより)

  • イクチオボド症

    イクチオボド症から見た感染症感染症

    イクチオボド症(イクチオボドしょう、)とは Ichthyobodo necator と呼ばれる鞭毛虫が体表やえらに寄生することを原因とする淡水魚の感染症。コスティア症(コスチア症)とも言う。亜熱帯地域から寒帯地域まで広い範囲で発症の可能性があるが、越冬期に感染が拡大しやすい。イクチオボド症 フレッシュアイペディアより)

  • 胃鼓脹症

    胃鼓脹症から見た感染症感染症

    胃鼓脹症(英:tympanites ventriculi)とはカンジダ属に属するCandida sake感染を原因とするサケ科魚類の感染症。胃の拡張に伴う腹部膨満、胃内に大量のガス泡が認められる。胃鼓脹症に対する有効な治療法、予防法は確立されていない。胃鼓脹症 フレッシュアイペディアより)

  • イクチオホヌス症

    イクチオホヌス症から見た感染症感染症

    イクチオホヌス症(イクチオホヌスしょう、英:ichtyophonosis)とはIchtyophonus hoferiの感染を原因とする魚類の感染症。淡水魚、海水魚双方に発生するが無胃魚には発生しない。ニジマスでは腹水貯留、腹部膨満、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、腸管に結節が認められる。貧血、ストレスが加わると死亡する。ブリでもニジマスと同様の所見が認められるが比較的軽度である。イクチオホヌス症 フレッシュアイペディアより)

  • コイ春ウイルス病

    コイ春ウイルス病から見た感染症感染症

    コイ春ウイルス病(コイはるウイルスびょう、英:spring viremia of carp;SVC)とはラブドウイルス科Vesiculovirus属に属するコイ春季ウイルス血症ウイルス(spring viremia of carp virus;SVCV)感染を原因とするコイ科魚類の感染症。水を介した水平感染を引き起こし、外部所見として腹部膨満、鰓と皮膚の点状出血、眼球突出、体色黒化、鰓色明化、内部所見および病理所見として内臓の出血、腹水貯留、鰾の点状出血、肝臓の多発性壊死、全身の充血、膵臓の化膿性炎が認められる。コイ春ウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • ノカルジア症 (魚類)

    ノカルジア症 (魚類)から見た感染症感染症

    ノカルジア症(ノカルジアしょう、英:nocardiosis)とはNocardia seriolae感染を原因とするブリ、カンパチ、ヒラメの感染症。躯幹部の筋肉や皮下脂肪組織に潰瘍や結節、脾臓や臓などに粟粒状の多数の結節が認められる。エリスロマイシン、スピラマイシンの経口投与が有効であると考えられている。ノカルジア症 (魚類) フレッシュアイペディアより)

  • 運動性エロモナス敗血症

    運動性エロモナス敗血症から見た感染症感染症

    運動性エロモナス敗血症(うんどうせいエロモナスはいけつしょう、英:motile aeromonad disease)とはエロモナス・ハイドルフィア(Aeromonas hydrophila)感染を原因とする魚類の感染症。ウナギの鰭赤病、コイやキンギョの立鱗病(松かさ病)、赤斑病などが含まれる。Aeromonas hydrophilaの選択培地としてリムラーショット培地が存在する。運動性エロモナス敗血症 フレッシュアイペディアより)

  • オクロコニス症

    オクロコニス症から見た感染症感染症

    オクロコニス症(オクロコニスしょう、英:ochroconis infection)とはOchroconis thawytschaeおよびO. humicola感染を原因とする魚類の感染症。マスノスケ、ギンザケ、ニジマス、シマアジ、マダイ、カサゴが感受性を有する。体表に潰瘍、腹水貯留、腹部膨満、腎臓の腫大が認められる。オクロコニス症 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性赤血球壊死症

    ウイルス性赤血球壊死症から見た感染症感染症

    ウイルス性赤血球壊死症(ウイルスせいせっけっきゅうえししょう、英:viral erythrocytic necrosis;VEN, piscine erythrocyte necrosis;PEN)とはイリドウイルス科に属するウイルスが原因と考えられるサケ科魚類、タラ、ニシンなどの感染症。鰓の褪色、貧血、赤血球の多様な変性、赤血球細胞質に封入体が認められる。単一のウイルスによる疾病かどうかは不明。ウイルス性赤血球壊死症 フレッシュアイペディアより)

  • せっそう病

    せっそう病から見た感染症感染症

    せっそう病(せっそうびょう、英:furunculosis)とはAeromonas salmonicida(エロモナス・サルモニシダ)感染を原因とするサケ科魚類の感染症。Aeromonas salmonicidaにはAeromonas salmonicida subsp. salmonicida、Aeromonas salmonicida subsp. achromogenes、Aeromonas salmonicida subsp. masoucidaの3亜種が存在する。症状として体表に直径数mmから数cmのせっそう、体表黒化、各鰭基部の発赤、肛門の発赤、腸管の炎症、諸臓器の発赤が認められる。この疾病で認められるせっそうは医学分野でのせっそうとは病理学的に異なる。食塩浴が有効であることがある。せっそう病 フレッシュアイペディアより)

721件中 51 - 60件表示

「感染症」のニューストピックワード