861件中 61 - 70件表示
  • イクチオホヌス症

    イクチオホヌス症から見た感染症感染症

    イクチオホヌス症(イクチオホヌスしょう、英:ichtyophonosis)とはIchtyophonus hoferiの感染を原因とする魚類の感染症。淡水魚、海水魚双方に発生するが無胃魚には発生しない。ニジマスでは腹水貯留、腹部膨満、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、腸管に結節が認められる。貧血、ストレスが加わると死亡する。ブリでもニジマスと同様の所見が認められるが比較的軽度である。イクチオホヌス症 フレッシュアイペディアより)

  • ノカルジア症 (魚類)

    ノカルジア症 (魚類)から見た感染症感染症

    ノカルジア症(ノカルジアしょう、英:nocardiosis)とはNocardia seriolae感染を原因とするブリ、カンパチ、ヒラメの感染症。躯幹部の筋肉や皮下脂肪組織に潰瘍や結節、脾臓や臓などに粟粒状の多数の結節が認められる。エリスロマイシン、スピラマイシンの経口投与が有効であると考えられている。ノカルジア症 (魚類) フレッシュアイペディアより)

  • オクロコニス症

    オクロコニス症から見た感染症感染症

    オクロコニス症(オクロコニスしょう、英:ochroconis infection)とはOchroconis thawytschaeおよびO. humicola感染を原因とする魚類の感染症。マスノスケ、ギンザケ、ニジマス、シマアジ、マダイ、カサゴが感受性を有する。体表に潰瘍、腹水貯留、腹部膨満、腎臓の腫大が認められる。オクロコニス症 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性赤血球壊死症

    ウイルス性赤血球壊死症から見た感染症感染症

    ウイルス性赤血球壊死症(ウイルスせいせっけっきゅうえししょう、英:viral erythrocytic necrosis;VEN, piscine erythrocyte necrosis;PEN)とはイリドウイルス科に属するウイルスが原因と考えられるサケ科魚類、タラ、ニシンなどの感染症。鰓の褪色、貧血、赤血球の多様な変性、赤血球細胞質に封入体が認められる。単一のウイルスによる疾病かどうかは不明。ウイルス性赤血球壊死症 フレッシュアイペディアより)

  • 真菌性肉芽腫症

    真菌性肉芽腫症から見た感染症感染症

    真菌性肉芽腫症(しんきんせいにくがしゅしょう、英:mycotic granulomatosis)とはAphanomyces piscicida感染を原因とする温水性淡水魚の感染症。症状として体表に出血点、出血斑、患部の潰瘍、肉芽腫が認められる。真菌性肉芽腫症 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏脳脊髄炎

    鶏脳脊髄炎から見た感染症感染症

    鶏脳脊髄炎(にわとりのうせきずいえん、英:avian encephalomyelitis)とは鶏脳脊髄炎ウイルス感染を原因とする鳥類の感染症。ニワトリを主な宿主とし、稀にキジ、ウズラ、七面鳥に感染する。鶏脳脊髄炎ウイルスはピコルナウイルス科に属するRNAウイルス。水平感染、垂直感染(介卵感染)を起こす。産卵鶏への感染ではV字型の産卵低下を起こし、介卵感染した場合は死ごもり卵となる。雛では1~2週齢に多発し、1ヶ月齢以上では感染しても発症しない。発症雛は元気消失、食欲減退、震え、歩行異常、脚麻痺などの症状を示し、病理学的変化として神経細胞の中心性虎斑融解、囲管性細胞浸潤を伴う非化膿性脳脊髄炎が認められる。診断は病理所見と酵素抗体法や蛍光抗体法による中枢神経からのウイルス抗原の検出によって行われる。種鶏に生ワクチンを摂取し、移行抗体により雛への感染を予防する。鶏脳脊髄炎 フレッシュアイペディアより)

  • 産卵低下症候群-1976

    産卵低下症候群-1976から見た感染症感染症

    産卵低下症候群-1976(さんらんていかしょうこうぐん-1976、英:egg drop syndrome-1976)とは産卵低下症候群-1976ウイルス感染を原因とする鳥類の感染症。産卵低下症候群-1976ウイルスはアデノウイルス科アタデノウイルス属に属するDNAウイルスであり、ニワトリ、アヒル、ガチョウを宿主とする。介卵感染を起こし、稀に水平感染する。産卵低下と卵殻異常卵の産出を認める。病理学的には卵管子宮部粘膜ヒダの水腫性肥厚、上皮細胞に好塩基性核内封入体を認める。予防には不活化ワクチンが使用されることがある。産卵低下症候群-1976 フレッシュアイペディアより)

  • ひな白痢

    ひな白痢から見た感染症感染症

    ひな白痢(ひなはくり、)とは、ひな白痢菌(Salmonella Pollorum)感染を原因とする鳥類の感染症ひな白痢 フレッシュアイペディアより)

  • 豚サーコウイルス感染症

    豚サーコウイルス感染症から見た感染症感染症

    豚サーコウイルス感染症(ぶたさーこういるすかんせんしょう、英:porcine circovirus infection)とは豚サーコウイルス感染を原因とする豚の感染症。豚サーコウイルスはサーコウイルス科サーコウイルス属に属するDNAウイルス。豚サーコウイルスは豚腎株化細胞の迷入ウイルスである1型と離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の原因とされる2型に分類される。PMSVは発育不良、削痩、呼吸困難、下痢などの症状を示す。治療法は確立されていない。豚サーコウイルス感染症 フレッシュアイペディアより)

  • チョーク病

    チョーク病から見た感染症感染症

    チョーク病(チョークびょう、)とはハチノスカビ Ascosphaera apis感染を原因とするミツバチの感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はミツバチ。幼虫の灰白色ミイラ化を特徴とする。チョーク病 フレッシュアイペディアより)

861件中 61 - 70件表示

「感染症」のニューストピックワード