721件中 61 - 70件表示
  • ブランキオマイセス症

    ブランキオマイセス症から見た感染症感染症

    ブランキオマイセス症(ブランキオマイセスしょう、英:branchiomycosis)とはBranchiomyces sanguinis感染を原因とする温水性淡水魚の感染症。ウナギでは鰓ぐされが認められる。ブランキオマイセス症 フレッシュアイペディアより)

  • ブリウイルス性腹水症

    ブリウイルス性腹水症から見た感染症感染症

    ブリウイルス性腹水症(ブリウイルスせいふくすいしょう、英:yellowtail ascites virus disease)とはビルナウイルス科Aquabirnavirus属に属する黄色尾腹水ウイルス(yellowtail ascites virus;YAV)感染を原因とするブリの感染症。外部所見として体色黒化、鰓の褪色、腹部膨満、内部所見、病理所見として黄色ないし赤色の腹水貯留、肝臓の赤変、膵腺房細胞や肝実質細胞の巣状壊死。25℃では20℃に比べ病原性が弱いため、日本では夏季の斃死は起こらない。ブリウイルス性腹水症 フレッシュアイペディアより)

  • 真菌性肉芽腫症

    真菌性肉芽腫症から見た感染症感染症

    真菌性肉芽腫症(しんきんせいにくがしゅしょう、英:mycotic granulomatosis)とはAphanomyces piscicida感染を原因とする温水性淡水魚の感染症。症状として体表に出血点、出血斑、患部の潰瘍、肉芽腫が認められる。真菌性肉芽腫症 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメラブドウイルス病

    ヒラメラブドウイルス病から見た感染症感染症

    ヒラメラブドウイルス病(ヒラメラブドウイルスびょう、英:hirame rhabdovirus disease;HRVD)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属するヒラメラブドウイルス(hirame rhabdovirus;HRV)の感染を原因とするヒラメ、クロダイ、メバルの感染症。外部所見として体表、鰭の充出血、腹部膨満、内部所見、病理所見として生殖腺の鬱血、筋肉内出血、腎臓の間質、脾臓の造血組織の広範な壊死。ヒラメラブドウイルスは5~20℃で増殖し、20℃以上では増殖しない。ヒラメラブドウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性出血性敗血症

    ウイルス性出血性敗血症から見た感染症感染症

    ウイルス性出血性敗血症(ウイルスせいしゅっけつせいはいけつしょう、英:viral hemorrhagic septisemia;VHS)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属するウイルス性出血性敗血症ウイルス(viral hemorrhagic septicemia virus;VHSV)の感染を原因とするサケ科魚類の感染症。低水温での発生が多い。外部所見は体色黒化、眼球突出、鰓の褪色、内部所見、病理所見は内臓や腹腔の大量出血、鰾、腹膜、腹腔内脂肪組織、骨格筋に点状出血、腎臓や脾臓の造血器官の壊死、貧血、白血球の減少。伝播は汚染された飼育水からの水平感染により、垂直感染は起こさない。ウイルス性出血性敗血症 フレッシュアイペディアより)

  • リンホシスチス病

    リンホシスチス病から見た感染症感染症

    リンホシスチス病(リンホシスチスびょう、)とはイリドウイルス科リンホシスチウイルス属に属するリンホシスチス病ウイルスの感染を原因とする魚類の感染症。リンホシスチス病ウイルスはエンベロープを持たないDNAウイルス。スズキ目、カレイ目、フグ目によく発生、ニシン目、サケ目、アシロ目、アンコウ目、メダカ目、カサゴ目でも報告されている。体表、鰭、まれに筋肉内、腹膜、内臓諸臓器の表面に不規則に白色、灰白色ないし黒色の水泡様あるいは腫瘍様の腫瘤(リンホシスチス細胞の集塊)が形成される。リンホシスチス細胞の核は肥大しており、細胞質には好塩基性の封入体が観察できる。世界中で報告されているが、リンホシスチス病のほとんどは自然治癒して斃死する魚はまれであり、大量発生も報告されていないため、養殖魚に対しての防疫対策が行われることはない。ブリのリンホシスチス病は黒点病と呼ばれる。リンホシスチス病 フレッシュアイペディアより)

  • 牛パラインフルエンザ

    牛パラインフルエンザから見た感染症感染症

    牛パラインフルエンザ(うしぱらいんふるえんざ、英:parainfluenza in cattle)とは牛パラインフルエンザウイルス3感染を原因とするウシの感染症。牛パラインフルエンザウイルス3はパラミクソウイルス科に属する一本鎖(-)RNAウイルスであり、ヒトパラインフルエンザウイルス3と交差反応を示す。症状として発熱、呼吸器症状を示し、組織学的所見として、気管支や肺胞の細胞に合胞体、細胞質内および核内封入体を形成する。治療には細菌の二次感染による症状の悪化を防ぐために抗生物質の投与が行われる。ワクチンが開発されている。牛パラインフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 牛RSウイルス病

    牛RSウイルス病から見た感染症感染症

    牛RSウイルス病(うしあーるえすういるすびょう、英:bovine respiratory syncytial virus infection)とは牛RSウイルスを原因とするウシの感染症。牛RSウイルスはパラミクソウイルス科に属する一本鎖(-)RNAウイルスである。牛RSウイルスの自然宿主はウシであるが、ヒツジやヤギに感染することもある。感染動物では2~8日の潜伏期を経て稽留熱、呼吸器症状を示す。組織学的所見として、気管支および細気管支粘膜上皮や肺胞において合胞体と好酸性細胞質内封入体が認められる。治療法はないが、ワクチンは開発されている。牛RSウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • プロトテカ

    プロトテカから見た感染症感染症

    プロトテカによって引き起こされる感染症はプロトテカ症(Protothecosis)と呼ばれる。イヌ、ネコ、家畜および人に感染する人獣共通感染症である。病原体として最も良く知られる種は と である。両種ともイヌに感染するほか、後者はヒトへの感染の大部分を占める。前述の通り、プロトテカの分布は広範であるために曝露の機会は多いが、感染は稀である。感染に至る場合は免疫系の機能低下に伴う場合が多い。イヌの中でも特にメスやコリー種は感染しやすい。。一方、ヒトへの感染の最初の報告は1964年、シエラレオネにおけるものである。プロトテカ フレッシュアイペディアより)

  • 鶏脳脊髄炎

    鶏脳脊髄炎から見た感染症感染症

    鶏脳脊髄炎(にわとりのうせきずいえん、英:avian encephalomyelitis)とは鶏脳脊髄炎ウイルス感染を原因とする鳥類の感染症。ニワトリを主な宿主とし、稀にキジ、ウズラ、七面鳥に感染する。鶏脳脊髄炎ウイルスはピコルナウイルス科に属するRNAウイルス。水平感染、垂直感染(介卵感染)を起こす。産卵鶏への感染ではV字型の産卵低下を起こし、介卵感染した場合は死ごもり卵となる。雛では1~2週齢に多発し、1ヶ月齢以上では感染しても発症しない。発症雛は元気消失、食欲減退、震え、歩行異常、脚麻痺などの症状を示し、病理学的変化として神経細胞の中心性虎斑融解、囲管性細胞浸潤を伴う非化膿性脳脊髄炎が認められる。診断は病理所見と酵素抗体法や蛍光抗体法による中枢神経からのウイルス抗原の検出によって行われる。種鶏に生ワクチンを摂取し、移行抗体により雛への感染を予防する。鶏脳脊髄炎 フレッシュアイペディアより)

721件中 61 - 70件表示

「感染症」のニューストピックワード