721件中 71 - 80件表示
  • 鶏伝染性喉頭気管炎

    鶏伝染性喉頭気管炎から見た感染症感染症

    鶏伝染性喉頭気管炎(にわとりでんせんせいこうとうきかんえん、英:infectious laryngotracheitis)とは伝染性喉頭気管炎ウイルス感染を原因とする鳥類に感染症。伝染性喉頭気管炎ウイルスはヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス亜科に属するDNAウイルス。日本では家畜伝染病予防法において伝染性喉頭気管炎の名で届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ。感染経路は接触感染、飛沫感染であり、呼吸器症状、血痰の喀出、眼症状などを引き起こす。病変は喉頭、気管などの呼吸器系組織、眼結膜に限局し、粘膜上皮細胞の合胞体形成と核内封入体が認められる。診断には中和試験、寒天ゲル内沈降反応、蛍光抗体法、ELISAが用いられる。伝染性喉頭気管炎ウイルスを発育鶏卵の漿尿膜上に接種するとポックを形成する。予防には生ワクチンが使用されるが、治療法はない。鶏伝染性喉頭気管炎の生ワクチンとニューカッスル病の生ワクチンの間では干渉現象が認められるため、両者は混合使用されない。ニューカッスル病、伝染性気管支炎、粘膜型鶏痘、鶏マイコプラズマ症、伝染性コリーザとの鑑別が必要である。鶏伝染性喉頭気管炎 フレッシュアイペディアより)

  • 産卵低下症候群-1976

    産卵低下症候群-1976から見た感染症感染症

    産卵低下症候群-1976(さんらんていかしょうこうぐん-1976、英:egg drop syndrome-1976)とは産卵低下症候群-1976ウイルス感染を原因とする鳥類の感染症。産卵低下症候群-1976ウイルスはアデノウイルス科アタデノウイルス属に属するDNAウイルスであり、ニワトリ、アヒル、ガチョウを宿主とする。介卵感染を起こし、稀に水平感染する。産卵低下と卵殻異常卵の産出を認める。病理学的には卵管子宮部粘膜ヒダの水腫性肥厚、上皮細胞に好塩基性核内封入体を認める。予防には不活化ワクチンが使用されることがある。産卵低下症候群-1976 フレッシュアイペディアより)

  • ひな白痢

    ひな白痢から見た感染症感染症

    ひな白痢(ひなはくり、)とは、ひな白痢菌(Salmonella Pollorum)感染を原因とする鳥類の感染症ひな白痢 フレッシュアイペディアより)

  • 豚サーコウイルス感染症

    豚サーコウイルス感染症から見た感染症感染症

    豚サーコウイルス感染症(ぶたさーこういるすかんせんしょう、英:porcine circovirus infection)とは豚サーコウイルス感染を原因とする豚の感染症。豚サーコウイルスはサーコウイルス科サーコウイルス属に属するDNAウイルス。豚サーコウイルスは豚腎株化細胞の迷入ウイルスである1型と離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の原因とされる2型に分類される。PMSVは発育不良、削痩、呼吸困難、下痢などの症状を示す。治療法は確立されていない。豚サーコウイルス感染症 フレッシュアイペディアより)

  • チョーク病

    チョーク病から見た感染症感染症

    チョーク病(チョークびょう、)とはハチノスカビ Ascosphaera apis感染を原因とするミツバチの感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はミツバチ。幼虫の灰白色ミイラ化を特徴とする。チョーク病 フレッシュアイペディアより)

  • あひるウイルス性腸炎

    あひるウイルス性腸炎から見た感染症感染症

    あひるウイルス性腸炎(あひるウイルスせいちょうえん、英:duck virus enteritis)とはあひる腸炎ウイルスを原因とするトリの感染症。あひるペスト(duck plague)とも呼ばれる。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はアヒル。あひる腸炎ウイルスはヘルペスウイルス科に属するDNAウイルス。潜伏期間は3~7日。食欲減退、元気消失、鼻汁排出、水様性下痢などの症状を示し、急性経過で死亡する。ほとんどの死にいたり、致死率は90%に達することもある。病理学的には諸臓器の点状出血および斑状出血、肝細胞や消化管粘膜上皮細胞に核内封入体が認められる。あひるウイルス性腸炎 フレッシュアイペディアより)

  • あひる肝炎

    あひる肝炎から見た感染症感染症

    あひる肝炎(あひるかんえん、英:duck hepatitis)とはあひる肝炎ウイルス(DHV)1型、2型、3型感染を原因とするアヒルの感染症。あひる肝炎ウイルス1型、3型はピコルナウイルス科に属するRNAウイルス、あひる肝炎ウイルス2型(あひるアストロウイルス1型)はアストロウイルス科に属するRNAウイルス。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はアヒル。主要な伝播形式は糞便を介した経口感染である(糞口経路)。5週未満のアヒルでは致命的であり、甚急性に経過し、反弓緊張を呈し、1時間以内に死亡する。病理学的には肝臓の腫大や出血斑が認められる。診断にはウイルス分離や中和試験が用いられる。国によっては予防には生ワクチンが用いられることがある。あひる肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • ロイコチトゾーン病

    ロイコチトゾーン病から見た感染症感染症

    ロイコチトゾーン病(ろいこちとぞーんびょう、英:leucocytozoonosis)とは住血胞子虫Leukocytozoon caulleryi感染を原因とするニワトリの感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ。日本では主にニワトリヌカカにより媒介される。ニワトリヌカカがニワトリを吸血する際に鶏内のガメトサイトがニワトリヌカカ内に侵入し、ニワトリヌカカ体内でスポロゾイトまで発育し、吸血時に注入されたスポロゾイトがニワトリに感染する。鶏感染原虫数が多いほど症状は悪化し、喀血、運動失調、貧血、緑色便の排泄などを示す。病理学的には全身諸臓器に点状出血が認められる。寒天ゲル内沈降反応が特異性が高いため診断に使用される。予防にはサルファ薬などが有効であるが、日本では産卵中のニワトリへの使用は禁止されている。ロイコチトゾーン病 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏マイコプラズマ病

    鶏マイコプラズマ病から見た感染症感染症

    鶏マイコプラズマ病(にわとりまいこぷらずまびょう、英:avian mycoplasmosis)とは、Mycoplasma gallisepticumあるいはMycoplasma synoviae感染を原因とする鳥の感染症鶏マイコプラズマ病 フレッシュアイペディアより)

  • 鶏結核病

    鶏結核病から見た感染症感染症

    鶏結核病(にわとりけっかくびょう、英:avian tuberculosis)とは、トリ型結核菌(Mycobacterium avium subsp. avium)血清型1、2、3、8感染を原因とする感染症鶏結核病 フレッシュアイペディアより)

721件中 71 - 80件表示

「感染症」のニューストピックワード