861件中 81 - 90件表示
  • イバラキ病

    イバラキ病から見た感染症感染症

    イバラキ病(Ibaraki disease)とはイバラキウイルス感染を原因とする牛の感染症。かつてはブルータング様疾病と呼ばれていた。また、牛流行熱とともに流行性感冒として家畜伝染病予防法で取り扱われていた。現在は家畜伝染病予防法における届出伝染病。イバラキ病 フレッシュアイペディアより)

  • 馬パラチフス

    馬パラチフスから見た感染症感染症

    馬パラチフス(equine paratyphoid)とはSalmonella abortusequi感染を原因とする馬の感染症。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。馬パラチフス フレッシュアイペディアより)

  • 豚パルボウイルス感染症

    豚パルボウイルス感染症から見た感染症感染症

    豚パルボウイルス感染症(ぶたパルボウイルスかんせんしょう、英:porcine parvovirus infection)とは豚パルボウイルス感染を原因とするブタの感染症。豚パルボウイルス病とも呼ばれる。豚パルボウイルスはパルボウイルス科パルボウイルス属に属する直線状一本鎖DNAウイルス。感染豚から排出されたウイルスとの直接接触あるいは汚染されたヒトや器具を介して経口、経鼻的に感染が成立する。通常では不顕性感染を示すが、妊娠豚に感染すると胚の吸収、胎子の死滅やミイラ化などを引き起こす。また、豚サーコウイルス2との混合感染により離乳後多臓器消耗症候群を引き起こすことがある。異常産が認められても次回以降の分娩は正常に行われるため治療は行わない。生ワクチンおよび不活化ワクチンの双方が市販されている。ブタに流産を引き起こすウイルス病としては豚パルボウイルス感染症のほかに、豚コレラ、日本脳炎、オーエスキー病、豚繁殖・呼吸障害症候群などがある。豚パルボウイルス感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染制御専門薬剤師

    感染制御専門薬剤師から見た感染症感染症

    病院などの医療機関の中で、感染症の治療や予防を行うためには、感染症専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、感染管理看護師(ICN)や感染制御専門薬剤師(BCICPS:Board Certified Infection Control Pharmacy Specialist)、その他の感染制御専門家(ICP)などからなる感染制御チーム(ICT)を構成し、実際の治療や予防に携わることが望ましいとされている。感染制御専門薬剤師 フレッシュアイペディアより)

  • クチ (犬種)

    クチ (犬種)から見た感染症感染症

    主にネズミやリス、ヘビといった小型獣などを狩るのに使われている。ネズミは感染症の媒介と作物の食害を防ぐため、家や農場で見つけ次第駆除して食べてしまう。リスは食用にすることもあり、その場合は仕留めても食べずに持ち帰る。又、犬によっては生け捕りができることもある。ヘビは人が咬まれて命を落とすのを防ぐために狩り、3つの獲物の中で最も危険度が高い。無論相手は毒蛇であるため、狩りに失敗して命を落としたり失明するクチも少なくない。クチ (犬種) フレッシュアイペディアより)

  • 海外悪性伝染病

    海外悪性伝染病から見た感染症感染症

    海外悪性伝染病(かいがいあくせいでんせんびょう)とは国内には存在せず、侵入した場合は家畜や国民に深刻な影響をあたえる恐れのある感染症。日本では海外悪性伝染病防疫要領に19種が指定されており、病原性や世界における発生状況から、口蹄疫、アフリカ豚コレラ、牛疫の3種が最も重要である。予防は検疫の徹底が原則である。海外悪性伝染病 フレッシュアイペディアより)

  • 花珠

    花珠から見た感染症感染症

    1996年頃以降の、感染症によるとおもわれるアコヤガイの大量死をきっかけに、アコヤガイの品種改良に拍車がかかった。従来の人工採苗によるアコヤガイの生産は、大珠とよばれる9ミリ以上の真珠をつくるために、成長の良い大きなアコヤガイを作り上げることを主な目的としていたのである。長年の掛け合わせで日本のアコヤ貝の耐性が落ちたのではないかという反省もあり、中国産のアコヤガイとの掛け合わせが試みられた。その貝のことを生産者は「ハーフ」と呼んでいる。花珠 フレッシュアイペディアより)

  • 感染管理介護福祉士

    感染管理介護福祉士から見た感染症感染症

    介護現場における感染管理は、要介護者からの感染防止やその逆の要介護者を種々の感染症から守ることが重要なポイントとなる。介護現場におけるその役目を第一人者として役割をもつのが感染管理介護福祉士(感染制御介護福祉士)とされている。介護現場における高度な感染管理能力を有する感染制御専門資格の存在は、介護施設の院内感染対策の一手段としてや仮に要介護者が感染症に罹患した際の初期対応を迅速に行える感染管理介護福祉士は重要な専門職として活躍できる可能性を秘めている。感染管理介護福祉士 フレッシュアイペディアより)

  • 牛伝染性角結膜炎

    牛伝染性角結膜炎から見た感染症感染症

    牛伝染性角結膜炎(うしでんせんせいかくけつまくえん、infectious bovine keratoconjunctivitis)とはMoraxella bovis感染を原因とする牛の感染症。伝染性結膜炎(infectious conjunctivitis)、伝染性角膜炎(infectious keratitis)、ピンクアイ(pink eye)とは病名同義語。牛伝染性角結膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • 類結節症

    類結節症から見た感染症感染症

    類結節症(英:pseudotuberculosis)とはPhotobacterium damsela subsp. piscicida(旧名:Pasteurella piscicida)の感染を原因とするブリ属の感染症。ぶり類結節症とも呼ばれる。Photobacterium damsela subsp. piscicidaはグラム陰性、非運動性の短桿菌であり、その分離には2~3%の塩化ナトリウムを含む寒天培地が用いられる。Photobacterium damsela subsp. piscicidaの発育至適温度は22~26℃であり、哺乳類には感染しない。外観上の病変は少ないが、摂食不良となり死亡する。脾臓、腎臓に粟粒状の小白点が認められ、脾臓は顕著に腫大する。治療薬としてアンピシリン、オキソリン酸、フロルフェニコールなどが使用される。日本ではα溶血性連鎖球菌症との混合ワクチンが2008年1月に、この混合ワクチンにビブリオ抗原を加えた3種混合ワクチンが2010年3月に承認されている。類結節症 フレッシュアイペディアより)

861件中 81 - 90件表示

「感染症」のニューストピックワード