721件中 81 - 90件表示
  • 鶏白血病

    鶏白血病から見た感染症感染症

    鶏白血病(にわとりはっけつびょう、英:avian leukosis)とはトリ白血病・肉腫ウイルス群の感染を原因とするニワトリの感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ。トリ白血病・肉腫ウイルス群はレトロウイルス科に属するRNAウイルス。垂直感染、水平感染を起こし、垂直感染した雛では免疫寛容となり終生ウイルスを排出し続ける。症状は食欲減退、緑色下痢便排出など。抗体の検出には中和試験、蛍光抗体法、ELISAが用いられ、抗原の検出にはCOFALテスト、ウイルス亜群の同定にはRIFテストが用いられる。ワクチンおよび治療法はない。マレック病との鑑別が必要である。鶏白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎

    豚エンテロウイルス性脳脊髄炎から見た感染症感染症

    豚エンテロウイルス性脳脊髄炎(ぶたえんてろういるすせいのうせきずいえん、英:porcine enterovirus polioencephalomyelitis)とは豚テッショウウイルスあるいは豚エンテロウイルス感染を原因とする豚の感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は豚、猪。豚テッショウウイルス、豚エンテロウイルスはピコルナウイルス科に属するRNAウイルス。糞便とそれにより汚染された飼料、器具を介して経口的、経鼻的に感染が成立する。症状は神経症状を主体とし、病理学的には灰白質の非化膿性炎が認められる。特別な治療方法はなく、対症療法が行われる。豚エンテロウイルス性脳脊髄炎 フレッシュアイペディアより)

  • 流行性羊流産

    流行性羊流産から見た感染症感染症

    流行性羊流産(りゅうこうせいひつじりゅうざん、英:enzootic ovine abortion)とはChlamydophila abortus感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は羊。世界中に分布し、飼料や水を介して感染する。胎盤炎を引き起こし、流産、死産を起こす。ビブリオ症との類症鑑別が必要。流行性羊流産 フレッシュアイペディアより)

  • 伝染性無乳症

    伝染性無乳症から見た感染症感染症

    伝染性無乳症(でんせんせいむにゅうしょう、英:contagious agalactia)とはマイコプラズマ感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はヒツジ、ヤギ。ヒツジではMycoplasma agalactiae、ヤギではそのほかにMycoplasma mycoides subsp.、Mycoplasma mycoides large colony type、Mycoplasma capricolum subsp. capricolumが原因となる。症状は多くが慢性に経過し、乳量の減少を起こす。テトラサイクリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌薬が治療に使用される。伝染性無乳症 フレッシュアイペディアより)

  • ナイロビ羊病

    ナイロビ羊病から見た感染症感染症

    ナイロビ羊病(ナイロビひつじびょう、英:Nairobi sheep disease)とはナイロビ羊病ウイルス感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は羊、山羊。人獣共通感染症。ナイロビ羊病ウイルスはブニヤウイルス科に属するRNAウイルス。ナイロビ羊病ウイルスはマダニによって媒介され、羊における症状は発熱、出血性腸炎、流産。羊用のワクチンが存在する。ナイロビ羊病 フレッシュアイペディアより)

  • 馬痘

    馬痘から見た感染症感染症

    馬痘(ばとう、英:horse pox)とはウアシン・ギシュウー病ウイルス感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は馬。ウアシン・ギシュウー病ウイルスはポックスウイルス科オルソポックスウイルス属に属するDNAウイルス。丘疹あるいは痂皮を伴う小結節を形成し、水胞性口炎、馬媾疹との類症鑑別が必要。病巣部の角化細胞に細胞質内封入体を形成する。馬痘 フレッシュアイペディアより)

  • 豚水疱疹

    豚水疱疹から見た感染症感染症

    豚水疱疹()とは豚水疱疹ウイルス感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は豚、イノシシ。豚水疱疹ウイルスはカリシウイルス科ベシウイルス属に属するRNAウイルスであり、サンミゲルアシカウイルスに類似する。豚水疱疹は1950年代の発生以降報告されていないことから豚水疱疹ウイルスは現在は存在しないとされることがある。汚染飼料や感染動物との接触により感染が成立する。症状は40℃を超える発熱、吻鼻、口唇、口蓋、口腔粘膜、舌、蹄冠部やそれらの周辺部での水疱形成であり、水胞は1日程度で破裂し、二次感染を起こした場合は糜爛や潰瘍が形成される。口蹄疫、豚水胞病、水胞性口炎との類症鑑別が必要。ワクチンは存在せず、有効な治療法は存在しない。豚水疱疹 フレッシュアイペディアより)

  • 馬ウイルス性動脈炎

    馬ウイルス性動脈炎から見た感染症感染症

    馬ウイルス性動脈炎()はウマの感染症。日本においては家畜伝染病予防法における届出伝染病に指定されており、対象動物は馬である。馬ウイルス性動脈炎 フレッシュアイペディアより)

  • アイノウイルス感染症

    アイノウイルス感染症から見た感染症感染症

    アイノウイルス感染症(アイノウイルスかんせんしょう、英:Aino virus infection)とはアイノウイルス感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛。アイノウイルスはブニヤウイルス科ブニヤウイルス属に属するRNAウイルス。ヌカカにより媒介され、感染した牛はそのほとんどが無症状であるが、胎盤感染により流産あるいは先天異常、奇形の原因となる。アカバネ病、チュウザン病、アイノウイルス感染症の3種混合不活化ワクチンが市販されている。アイノウイルス感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 牛流行熱

    牛流行熱から見た感染症感染症

    牛流行熱(うしりゅうこうねつ、英:bovine ephemeral fever)とは牛流行熱ウイルス感染を原因とする感染症。日本の家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛であり、かつての家畜伝染病予防法では流行性感冒として扱われた。牛流行熱ウイルスはラブドウイルス科エフェメロウイルス属に属するRNAウイルスであり、蚊やヌカカによって伝播される。牛における症状は突然の発熱(41-42℃)、泡沫性流涎、呼吸促拍、肺気腫、皮下気腫、白血球減少などであり、ほとんどの個体で数日で回復するが、四肢関節の浮腫、疼痛による跛行を示して起立不能に至る個体も存在する。病理所見として上部気道粘膜の充出血、肺実質の肝変化、カタル性肺炎などが認められる。特異的な治療法はなく対症療法がおこなわれる。予防には生ワクチンと不活化ワクチンの接種によるLK方式が有効である。日本では不活化ワクチンの他に、牛流行熱・イバラキ病混合不活化ワクチンやアカバネ病・牛流行熱・イバラキ病・チュウザン病四種混合不活化ワクチンが市販されている。牛流行熱 フレッシュアイペディアより)

721件中 81 - 90件表示