192件中 61 - 70件表示
  • 感染症

    感染症から見たブドウ球菌

    レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た抗原

    抗原検査...肺炎球菌、レジオネラの尿中抗原など。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た結核予防法

    伝染病予防法・性病予防法・エイズ予防法(1999年3月31日に廃止)・結核予防法(2007年3月31日に廃止)を統合。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た全身性炎症反応症候群

    感染症の多くは安静・休養・栄養・水分補給による免疫力の回復、あるいは体位ドレナージによる排痰促進や利尿などの補助療法を通じて自然に治癒するが、先進諸国においては治癒を早めたり、徹底したり、後遺症を予防したりする目的でしばしば抗生物質/抗菌薬による化学療法 (細菌)や、抗ウイルス治療が併用される。また、局所感染においては切開排膿やドレナージといった外科的治療が併用される。敗血症・ショック・全身性炎症反応症候群(SIRS)などを合併する重症感染症においては、ときに抗体製剤や血漿交換を併用する。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た亜急性甲状腺炎

    エコー...肝膿瘍や感染性心内膜炎、亜急性甲状腺炎、血栓性静脈炎などで有用感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た骨髄炎

    CT...脊椎カリエスや骨髄炎、頭蓋内膿瘍などで有用感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た公衆衛生学

    その後の微生物学・免疫学・薬理学・内科学・外科学・公衆衛生学の進歩を背景として感染症の診断・治療・予防を扱う感染症学が発展しつつある今日でも、世界全体に目を向けると感染症は未だに死因の約1/4を占める。特にマラリア・結核・AIDS・腸管感染症は発展途上国で大きな問題であり、感染症学のみならず保健学・開発学など集学的な対策が緊急の課題である。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た伝染性膿痂疹

    蜂窩織炎、脂肪織炎、ガス壊疽、せつ、よう、伝染性膿痂疹(とびひ)、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、帯状疱疹、水痘、麻疹、風疹、皮膚白癬、疥癬など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群

    牛海綿状脳症 (BSE)、クールー病、クロイツフェルト・ヤコブ病、致死性家族性不眠症 (FFI)、ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 (GSS) など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た肝周囲炎

    胆嚢炎、胆管炎、肝炎、肝膿瘍、膵炎、脾膿瘍、胃炎・胃潰瘍、腸炎、虫垂炎、腸腰筋膿瘍、クラミジア肝周囲炎など感染症 フレッシュアイペディアより)

192件中 61 - 70件表示

「感染症」のニューストピックワード