180件中 61 - 70件表示
  • 感染症

    感染症から見た感染経路

    伝染病において、病原体を体内に侵入させないためには感染経路の遮断が有効であり、感染管理や消毒・滅菌などの要する。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た赤痢

    結核、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、猩紅熱、炭疽、梅毒 、破傷風、ハンセン病、レジオネラ肺炎(在郷軍人病)、レプトスピラ症、ライム病、野兎病、Q熱など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た開発学

    その後の微生物学・免疫学・薬理学・内科学・外科学・公衆衛生学の進歩を背景として感染症の診断・治療・予防を扱う感染症学が発展しつつある今日でも、世界全体に目を向けると感染症は未だに死因の約1/4を占める。特にマラリア・結核・AIDS・腸管感染症は発展途上国で大きな問題であり、感染症学のみならず保健学・開発学など集学的な対策が緊急の課題である。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た潜伏感染

    潜伏感染:病原体に感染してもすぐ症状が出るわけではない。感染しても発症していない状態をいう。その期間を潜伏期間という。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たブドウ球菌

    レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎球菌、淋菌、病原性大腸菌(0157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た生物兵器

    先進国においては新興感染症・再興感染症に加えて、多剤耐性菌の蔓延やバイオテロの脅威が公衆衛生上の大きな課題として注目を集める一方、高度医療の発達に伴って手術後の患者や免疫抑制状態の患者における日和見感染が増加するなど、日常的にもまだまだ解決に向かっているとは言えない。感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たフィラリア

    エキノコックス症、日本住血吸虫症、フィラリア症、回虫症、広節裂頭条虫症など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た回虫

    エキノコックス症、日本住血吸虫症、フィラリア症、回虫症、広節裂頭条虫症など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見た小児科学

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞性白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、進行性多巣性白質脳症、水痘、帯状疱疹、手足口病、デング熱、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹 、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、ハンタウイルス腎出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たグラム染色

    微生物学的検査の例: グラム染色、抗酸菌染色、直接鏡検、培養、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)感染症 フレッシュアイペディアより)

180件中 61 - 70件表示