215件中 21 - 30件表示
  • 二十歳のベスト・パール・ドレッサー

    二十歳のベスト・パール・ドレッサーから見た成人式成人式

    二十歳のベスト・パール・ドレッサー(はたちのベスト・パール・ドレッサー)は日本真珠振興会と日本真珠小売店協会がその年に成人式を迎えた女性著名人に対し贈る賞。受賞者はその受賞した西暦により“二十歳のベスト・パール・ドレッサー2007”などとよばれる。二十歳のベスト・パール・ドレッサー フレッシュアイペディアより)

  • 小原宏裕

    小原宏裕から見た成人式成人式

    小原は多ジャンルでピンク映画を監督し、その才能が認められるようになった。SMのジャンルでは『檻の中の妖精』(1977年)、『修道女 濡れ縄ざんげ』(1979年)で成功する。長谷部安春監督の『レイプ25時 暴姦』に次ぐ"激しいピンク映画"が作られなくなった後、小原は『ズームアップ 暴行現場』(1979年)でそのジャンルを復興させた。彼は監獄の女性の映画『女囚』シリーズや、カトリックの修道女の映画『修道女ルシア 辱<けが>す』(1978年)、『修道女 濡れ縄ざんげ』(1979年)を監督。風刺映画『愛の白昼夢』(1980年)、OLのセックスコメディ『バックが大好き!』(1981年)、ピンクSF映画『桃子夫人の冒険』、ピンクミュージカルコメディ映画『OH!タカラズカ』(1982年)などを監督。評論家ジャスパー・シャープは小原の代表作に1978年の成人式の話『桃尻娘 ピンク・ヒップ・ガール』とその続編『桃尻娘 ラブアタック』『桃尻娘 プロポーズ大作戦』を挙げている。小原宏裕 フレッシュアイペディアより)

  • 服飾

    服飾から見た成人式成人式

    服飾は時代、民族、地域、性別、年齢、階級、職業等によって異なり、また着用機会によっても異なる様式が用いられる。それらの様式は禁令や服装規定( ドレスコード)やファッション(流行)、あるいは民族主義、ナショナリズム等によって強化され、人間社会において、多くの服飾の様式は特定の属性や思想等を表現するものとなっている。特に民族服(民族衣装)は、地域の(または亡命者の)自己同一性を表し、文化の独自性を強調し、国家の尊厳の源となる。また、通過儀礼や祝祭、祝日には特別な衣装が着用される場合も多い。例えば成人式の特別な衣装、新年やクリスマス等の特別の晴れ着等である。服飾 フレッシュアイペディアより)

  • 男子集会所

    男子集会所から見た成人式成人式

    男子集会所は恒常的戦闘状態によって展開する原始的社会の軍事制度の一種である。男子集会所のメンバーとなるためには、戦闘能力や他の能力が要求される。そうした能力はテストされ、合格した者がメンバーとして受け入れられる。その入会式はやがてイニシエーション(通過儀礼)となっていった(成人式は男子集会所へのイニシエーションを起源としている)。男子集会所 フレッシュアイペディアより)

  • 女川いのちの石碑

    女川いのちの石碑から見た成人式成人式

    女川いのちの石碑(おながわいのちのせきひ)とは、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって起きた津波で被災した、当時小学6年生だった宮城県牡鹿郡女川町の子供たちが中心となり、大きな悲劇を1000年後の人々にも伝承して、後世の人々の命を守ろうと建てたり、または設置を計画している石碑のこと。単にいのちの石碑と表記されることもある。最終的に自分たちの成人式の日までに、21基の石碑になる見通し。これは女川町内に21の浜があることによる。これらの石碑の建立は女川町立女川中学校の生徒による「いのちの石碑プロジェクト」で開始されたが、女川中学校は、平成25年度の「ぼうさい甲子園」でグランプリを受賞した。活動は2015年現在も続いている。女川いのちの石碑 フレッシュアイペディアより)

  • 新井家光

    新井家光から見た成人式成人式

    2001年1月、市長として深谷市成人式に出席。祝辞を述べるも、新成人は一向に私語を止めず、携帯電話を掛けたり会場を歩き回ったりする者もいた。この様子を見るに見兼ねた新井は激怒。祝辞を取りやめ、手にした祝辞をステージ上に叩きつけて新成人を叱り飛ばした。「荒れる成人式」が全国的な話題となる中、この有様もテレビニュースで全国放映される。新井の豪快な反撃により、翌年以降、深谷市成人式は静寂を取り戻した。新井は取材に応じ、「わが市の若者も見捨てたものじゃないでしょう」と喜び、感心した様子であった。新井家光 フレッシュアイペディアより)

  • 相模原市民の歌

    相模原市民の歌から見た成人式成人式

    発表は1958年(昭和33年)1月15日の成人式で行われ、現在は市が設置している防災無線「ひばり放送」などで使用されている。作詞者の植村栄輔は後に市立大島小学校、湘南小学校、二本松小学校の校歌および南区麻溝地区の名産であるゴボウのPRを目的に作成された「麻溝ごぼう音頭」の作詞を行った。相模原市民の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 冠婚葬祭

    冠婚葬祭から見た成人式成人式

    成人式を指す。かつては15歳の元服に由来し、冠を頂く(社会的な役職や参政権を得る)の意味を持つ。今日の日本では選挙権の獲得という意味があるが、ともすれば飲酒や喫煙の法的制限がなくなる事くらいにしか認識されていないケースもあるものの、明治時代や大正時代までの封建主義旺盛な時代には長子の元服ともいうと、その家の社会的地位によっては親類縁者から祝いの品がやり取りもされたという。今日でも親類・縁者などの成人式ともなるとお祝いの品などを送る事から、一般の家庭では出費を意味しているが、今日では一般にて余り高価なものをやり取りしないため、言葉だけが残っている部分がある。冠婚葬祭 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋庄次郎

    高橋庄次郎から見た成人式成人式

    蕨町の青年団長時代に、青年祭(のちに成年式)を主唱・企画し、1946年11月22日に実施する。この青年祭が、日本における今日の形態の成人式のルーツとなっている。高橋庄次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 副島優子

    副島優子から見た成人式成人式

    大学在学中の2006年、ミス横浜国立大学にノミネート(このときのグランプリは福田萌)。2008年1月、tvkの情報番組『みんなが出るテレビ』(以下みんテレ)の女子大生レポーターとして同級生(学部も同じ)である楪望(ゆずりは・のぞみ)(現:テレビ大阪アナウンサー。元広島ホームテレビアナウンサー)と同時加入。初レポートは横浜アリーナで行われた横浜市の成人式だった。持ち前の明るさを前面に出し、番組に貢献したが、同年12月、番組終了と同時にレポーターを卒業した。副島優子 フレッシュアイペディアより)

215件中 21 - 30件表示

「成人式」のニューストピックワード