206件中 61 - 70件表示
  • 成人式

    成人式から見た化粧品

    また、新成人の着付け・化粧・ヘアメイクなどをする美容業界にとっても、成人式の日は稼ぎ時である。その他、成人式前には、本格的に化粧を始める新成人に対してメイク講習会を行ったりして、自社の化粧品の売り込みを行う化粧品業界の動きがあり、また、式当日に着付けが終わった新成人が記念写真を撮る写真館でも宣伝に力を入れたりと、関連ビジネスの新成人に対する顧客獲得競争は熱を帯びている。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見たはれのひ

    2018年には横浜市などで振袖販売などを手掛ける企業「はれのひ」が同年の成人の日に当たる1月8日に突然事業を停止したため、同社から購入またはレンタルで着付けを予約していた新成人らが晴れ着を着ることができず、式への参加をとりやめる者が出るなどの事態が発生した。同社には2年先の成人式に向けて予約金を払った客もおり、これについて和服業界の関係者は「少子化を背景に業者が顧客を先食いしている」と指摘している。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た東京商工リサーチ

    はれのひの被害相談は560件以上、契約ベースで1億8400万円に達した。はれのひに対しては、横浜南労働基準監督署が2017年8月〜12月に、従業員の賃金未払いで計5回是正勧告していた。被害相談は2018年の成人式だけでなく、2019年、2020年の成人式や大学卒業式に関するものも含む。かつては不動産などの担保無しの融資は金融機関もしなかったが、企業成長に柔軟に対応する融資になり成人式に金が入るまで、ぎりぎり金融機関が待ったことが、企業を延命させ被害を拡大した面もある。20歳は成年なので、保護者の同意が不要なので親の契約取り消しできないことも被害拡大させた。2018年国会では18歳成人改正案が提出されると18歳以上の契約に親の同意は不要になるので、消費者教育がますます必要で、法的規制もありうるかもしれない。東京商工リサーチによると、はれのひの負債総額は2016年9月時点で約6億1000万円で、約3億2000万円の債務超過であった。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た成人の日

    成人式(せいじんしき)とは、日本の地方公共団体などが、成人式を行う年度内(多くは成人の日附近)に成人に達する人々を招き、激励・祝福する行事(イベント)である。講演会やパーティーを開いたり、記念品を贈ったりする。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た天皇

    天皇、皇太子及び皇太孫の成人年齢は、皇室典範により18才とされている。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た過年度生

    他に北海道札幌市と広島県広島市では、この1年間に20歳の誕生日を迎える人を成人式参加の対象者とする暦年方式が用いられていた。しかし、大学受験で一浪しただけで式典参加が困難になる場合が多いうえ、前年に他市町村で成人式の対象とならなかった人が翌年、進学や転勤で転入した場合、2年続けて参加できなくなるなど若者の不評が多かったことから、両市とも2000年以降は学齢方式に変更されている。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た皇族

    成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがあった。文化人類学や民俗学では、こうしたものを通過儀礼(イニシエーション)の一つとして扱う。皇族の成年式は、後述のとおり1909年から1947年まで行われていた。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た市町村

    成人の日以外での式典開催は、その年のゴールデンウィークやお盆(旧盆)、あるいは正月三が日から松の内に行う市区町村も多い。例えば2017年度の新潟県においては、本来の成人の日である1月8日に実施する事例は全くなく、前日の1月7日が2市(2会場)のみで、残りは3・4・5・8月のいずれかに行われている。特に豪雪地では1月よりも温暖であり(雪で晴れ着が汚れる等の問題もある)、また就職や進学で地元を離れる人が多い地域においては実家に帰省する人が多い5月の大型連休や8月のお盆に実施する方が、参加しやすいためである。かつては1月に開催していた自治体も、5月(新潟県長岡市の5地域)や8月(新潟県長岡市の残りの6地域、和歌山県東牟婁郡太地町、石川県河北郡津幡町)に変更したところもある。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た正月三が日

    成人の日以外での式典開催は、その年のゴールデンウィークやお盆(旧盆)、あるいは正月三が日から松の内に行う市区町村も多い。例えば2017年度の新潟県においては、本来の成人の日である1月8日に実施する事例は全くなく、前日の1月7日が2市(2会場)のみで、残りは3・4・5・8月のいずれかに行われている。特に豪雪地では1月よりも温暖であり(雪で晴れ着が汚れる等の問題もある)、また就職や進学で地元を離れる人が多い地域においては実家に帰省する人が多い5月の大型連休や8月のお盆に実施する方が、参加しやすいためである。かつては1月に開催していた自治体も、5月(新潟県長岡市の5地域)や8月(新潟県長岡市の残りの6地域、和歌山県東牟婁郡太地町、石川県河北郡津幡町)に変更したところもある。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た皇太子

    天皇、皇太子及び皇太孫の成人年齢は、皇室典範により18才とされている。成人式 フレッシュアイペディアより)

206件中 61 - 70件表示

「成人式」のニューストピックワード