前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、 Multiple Myeloma (MM))は、血液癌の一種であり、骨髄で腫瘍性形質細胞が増殖し、さらにその産物として異常グロブリンであるM蛋白が血液中に出現し、多彩な症状を呈する。治療法としては、MP療法(メルファランとプレドニゾロン)やCP療法(シクロホスファミドとプレドニゾロン)などの化学療法や、自家造血幹細胞移植などがあるが、治癒は一般的には困難であり、予後は望ましくない。このため近年、欧米を中心に新規治療の開発がめざましく、サリドマイド(サレド)、プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブ(ベルケイド)、サリドマイド誘導体レナリドミド(レブラミド)が新しい治療法として注目され、近年、本邦でも当局に認可された。多発性骨髄腫 フレッシュアイペディアより)

  • 成人T細胞白血病

    成人T細胞白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    CHOP療法が選択されるが、再発、薬剤耐性化が多い。若年発症では造血幹細胞移植も試みられている。成人T細胞白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 第7染色体異常 (血液)

    第7染色体異常 (血液)から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    一般に7番染色体異常は予後不良因子とされ、適切なドナーがいれば造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)が推奨されることが多い。第7染色体異常 (血液) フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子疾患

    遺伝子疾患から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    Btk蛋白の異常により、γ?グロブリン(いわゆる抗体)産生に携わるB細胞の分化が障害され、特に細菌感染を受けやすくなる。治療は、γ?グロブリンの定期的な補充が中心で、理論上造血幹細胞移植は有効のはずだが、移植に伴うリスクは移植のメリットを上回らないと考えられるケースが多く、原則として行われない。遺伝子疾患 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄移植

    骨髄移植から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    骨髄移植(こつずいいしょく、)は、白血病や再生不良性貧血などの血液難病の患者に、提供者(ドナー)の正常な骨髄細胞を静脈内に注入して移植する治療である。骨髄移植に用いられる造血幹細胞は、末梢血からの回収PBSCTや臍帯血など、骨髄以外にも入手方法が多様化しているので、造血幹細胞移植と総称される。骨髄移植 フレッシュアイペディアより)

  • 突発性発疹

    突発性発疹から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    患者血液からウイルス分離またはウイルスDNAを検出することができるが、一般的には行われない。しかしDNA検出(PCR)は迅速に結果が得られるため、造血幹細胞移植後など免疫不全状態の患者や臓器移植後のHHV-6再活性化症候群のように重篤なHHV-6感染症では、有力な検査となる。突発性発疹 フレッシュアイペディアより)

  • ブスルファン

    ブスルファンから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    ブスルファン (Busulfan) は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)である。日本では協和発酵キリンからブスルフェクス点滴静注用の商品名で、大原薬品工業からマブリン散の商品名で製造販売されている。ブスルフェクス点滴静注用は造血幹細胞移植の前治療に使用される注射剤であるが、マブリン散は慢性骨髄性白血病の治療を目的とする経口剤である。ブスルファンは日本ではマブリン散が以前から使用されていたが、2006年には注射剤が認可を受け、ブスルフェクス点滴静注用として製造販売されている。ブスルファン フレッシュアイペディアより)

  • 若年性骨髄単球性白血病

    若年性骨髄単球性白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    しかし、通常の抗がん剤治療では治癒を得ることは難しく、治癒を得るほとんど唯一の方法は同種造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)である。したがって診断が確定した後にはすべての患者が移植の適応とされ適切なドナーが見つかれば強く移植が推奨される。若年性骨髄単球性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 移植 (医療)

    移植 (医療)から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    1964年に生体腎移植、1989年に生体部分肝移植が初めて行われた。1992年には骨髄バンク、1999年には臍帯血バンクが生まれ、骨髄移植、造血幹細胞移植の仕組みが整備されている。移植 (医療) フレッシュアイペディアより)

  • 臍帯血

    臍帯血から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    白血病などの難治性血液疾患の根本的治療のひとつである造血幹細胞移植において、造血幹細胞の供給源として骨髄および幹細胞動員末梢血とともに利用される。臍帯血は、細胞提供者(ドナー)の負担がほとんどなく、HLA2座不一致でも移植が可能なことなどから、造血幹細胞の有力な供給源と考えられている。臍帯血 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード

  • 血液病センター長

  • ゆっくり散策して京料理を食べながら、舞妓さん遊びをしたり、観光していただければ

  • 中居正広のミになる図書館