前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    65歳未満:自家造血幹細胞移植(ASCT)+高用量化学療法(HDT)による寛解導入療法多発性骨髄腫 フレッシュアイペディアより)

  • ファンコーニ貧血

    ファンコーニ貧血から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    アンドロゲンや造血細胞増殖因子を用いた治療法で骨髄機能不全を一時的に補うことができるが、長期治療は、もしドナーが見つかるならば造血幹細胞移植(骨髄移植)である。ファンコーニ貧血 フレッシュアイペディアより)

  • 第7染色体異常 (血液)

    第7染色体異常 (血液)から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    一般に7番染色体異常は予後不良因子とされ、適切なドナーがいれば造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)が推奨されることが多い。第7染色体異常 (血液) フレッシュアイペディアより)

  • ブスルファン

    ブスルファンから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    ブスルファン (Busulfan) は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)である。日本では協和発酵キリンからブスルフェクス点滴静注用の商品名で、大原薬品工業からマブリン散の商品名で製造販売されている。ブスルフェクス点滴静注用は造血幹細胞移植の前治療に使用される注射剤であるが、マブリン散は慢性骨髄性白血病の治療を目的とする経口剤である。ブスルファンは日本ではマブリン散が以前から使用されていたが、2006年には注射剤が認可を受け、ブスルフェクス点滴静注用として製造販売されている。ブスルファン フレッシュアイペディアより)

  • 白血病

    白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    白血病(はっけつびょう、Leukemia)は、「血液のがん」ともいわれ、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患。白血病細胞が造血の場である骨髄を占拠するために造血が阻害されて正常な血液細胞が減るため感染症や貧血、出血症状などの症状が出やすくなり、あるいは骨髄から血液中にあふれ出た白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤(侵入)して障害することもある。治療は抗がん剤を中心とした化学療法と輸血や感染症対策などの支持療法に加え、難治例では骨髄移植や臍帯血移植などの造血幹細胞移植治療も行われる。大きくは急性骨髄性白血病 (AML)、急性リンパ性白血病 (ALL)、慢性骨髄性白血病 (CML)、慢性リンパ性白血病 (CLL) の4つに分けられる。白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 若年性骨髄単球性白血病

    若年性骨髄単球性白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    しかし、通常の抗がん剤治療では治癒を得ることは難しく、治癒を得るほとんど唯一の方法は同種造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植)である。したがって診断が確定した後にはすべての患者が移植の適応とされ適切なドナーが見つかれば強く移植が推奨される。若年性骨髄単球性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 臍帯血

    臍帯血から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    白血病などの難治性血液疾患の根本的治療のひとつである造血幹細胞移植において、造血幹細胞の供給源として骨髄および幹細胞動員末梢血などと同じく移植ソースの一つとされる。臍帯血は、細胞提供者(ドナー)の負担がなく、HLA2座不一致でも移植が可能なことなどから、造血幹細胞の有力な供給源と考えられている。臍帯血 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄移植

    骨髄移植から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    骨髄移植(こつずいいしょく、)は、白血病や再生不良性貧血などの血液難病の患者に、提供者(ドナー)の正常な骨髄細胞を静脈内に注入して移植する治療である。骨髄移植に用いられる造血幹細胞は、末梢血からの回収PBSCTや臍帯血など、骨髄以外にも入手方法が多様化しているので、造血幹細胞移植と総称される。骨髄移植 フレッシュアイペディアより)

  • 移植 (医療)

    移植 (医療)から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    1964年に生体腎移植、1989年に生体部分肝移植が初めて行われた。1992年には骨髄バンク、1999年には臍帯血バンクが生まれ、骨髄移植、造血幹細胞移植の仕組みが整備されている。移植 (医療) フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子疾患

    遺伝子疾患から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    Btk蛋白の異常により、γ?グロブリン(いわゆる抗体)産生に携わるB細胞の分化が障害され、特に細菌感染を受けやすくなる。治療は、γ?グロブリンの定期的な補充が中心で、理論上造血幹細胞移植は有効のはずだが、移植に伴うリスクは移植のメリットを上回らないと考えられるケースが多く、原則として行われない。遺伝子疾患 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード