62件中 11 - 20件表示
  • 突発性発疹

    突発性発疹から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    患者血液からウイルス分離またはウイルスDNAを検出することができるが、一般的には行われない。しかしDNA検出(PCR)は迅速に結果が得られるため、造血幹細胞移植後など免疫不全状態の患者や臓器移植後のHHV-6再活性化症候群のように重篤なHHV-6感染症では、有力な検査となる。突発性発疹 フレッシュアイペディアより)

  • 成人T細胞白血病

    成人T細胞白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    有症状ある場合は多剤併用化学療法選択されるが、再発、薬剤耐性化が多い。若年発症では造血幹細胞移植も試みられている。感染から発症までの期間が非常に長いため、成人で初感染した場合は発症せずに寿命を迎えることがほとんどである。成人T細胞白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 慢性活動性EBウイルス感染症

    慢性活動性EBウイルス感染症から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    骨髄移植: 造血幹細胞移植が有効で、臍帯血移植も行われる。慢性活動性EBウイルス感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄増殖性腫瘍

    骨髄増殖性腫瘍から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    骨髄間質細胞の増加が著しい。骨髄線維症の予後は悪く、平均生存期間は5年ほどである。20%から30%は末期に急性白血病を引き起こすことが知られている。無症状であれば治療は経過観察であり、貧血に対してはタンパク同化ホルモン、巨脾と白血球数のコントロールにはヒドロキシ尿素と放射線治療が行われる。これらは支持療法であり、同種造血幹細胞移植が唯一の治癒的治療法である。骨髄線維症の三徴としては、骨髄の広範な線維化および、髄外造血による著しい肝脾腫、末梢血の白赤芽球症が有名である。白赤芽球症は赤芽球と顆粒球の幼若細胞が末梢血中にみられることで、leukoerythoroblastosisといい、骨髄線維症、癌の骨髄浸潤、粟粒結核で有名である。骨髄増殖性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • 未分化大細胞型リンパ腫

    未分化大細胞型リンパ腫から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    CHOPなどの多剤併用化学療法が主に行われる。自家造血幹細胞移植併用大量化学療法も試みられているが、目立った成績改善には至っていない。未分化大細胞型リンパ腫 フレッシュアイペディアより)

  • L型菌

    L型菌から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    いくつかの論文では、L型菌がヒトやその他の動物の病気の原因になることが指摘されているが、L型菌と病気を結びつける証拠はしばしば矛盾しており、この仮説については議論が続いている。L型菌の研究は続いており、例えば実験的にNocardia caviaeを植菌した後のマウスの肺でも見つかっている。最近の研究では、造血幹細胞移植を受け免疫抑制中の患者に感染することが示唆されている。細胞壁を欠いた細菌株の形成は、抗生物質耐性を獲得する上で重要であるとする提案もある。L型菌 フレッシュアイペディアより)

  • チェディアック・東症候群

    チェディアック・東症候群から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    感染症に対しては予防的に抗生物質の投与が行われる。出血傾向の治療には血小板輸血が有効である。根治的治療としては、造血幹細胞移植が有力であるとされるが、症例数自体が少ないため、治療が有効であるか否かについての評価が困難である。チェディアック・東症候群 フレッシュアイペディアより)

  • バーキットリンパ腫

    バーキットリンパ腫から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    初回治療で寛解に至った場合には、放射線療法の追加や造血幹細胞移植は推奨されていない。バーキットリンパ腫 フレッシュアイペディアより)

  • 大垣市民病院

    大垣市民病院から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    そのほか診療面の特徴として、本院は病院の規模が大きく手術数が全科的に非常に多くなっている。脳神経外科においては近隣に常時手術を行える病院がないため、緊急の場合には西濃地域のみならず三重県北部や滋賀県北・東部から搬送されてくることも少なくない。循環器科に関しては虚血性心臓病の症例数が非常に多く名古屋大学関連病院としては最多、全国でも有数の症例数となっている。形成外科に関しては本科自体の設置病院数が少ないことと常勤医3名という充実した診療体制もあり、診療圏は滋賀県東部から岐阜・中濃地域、愛知県西部にまで至っている。また癌診療においては地域がん診療連携拠点病院に指定されており胃がん・直腸がん・結腸がんなど消化器系の癌においては、いずれも全国でも最多クラスの症例数となっている。内科分野に関しては、血液内科において無菌室が7室備えられているほか、化学療法や造血幹細胞移植など高度な診療水準となっている。また呼吸器科に関しては、1996年より近隣の医療機関と協力して西濃喘息研究会を立ち上げ、西濃地域における喘息での死亡者数を0に近づける努力が行なわれている。そのほか放射線照射に関しても日本でもトップレベルの実施数となっている。そのほか地域災害医療センター・小児救急医療拠点病院・第二種感染症指定医療機関・西濃地域リハビリテーション広域支援センターなどの指定を受けており、西濃地域の基幹病院としての重責を負っている。大垣市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 移植片対腫瘍効果

    移植片対腫瘍効果から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    移植片対腫瘍効果(いしょくへんたいしゅようこうか、、略称: GvT)は、幹細胞移植(HSCT)後に表われる。移植片はレシピエント(受給者)に対して有益なドナー(提供者)のTリンパ球を含む。ドナーのT細胞はホスト(宿主)に残った悪性T細胞(移植片対白血病)あるいは幅広い種類の腫瘍を攻撃する。GvTは腫瘍特異的あるいはレシピエント特異的同種抗原を認識した後に生じるかもしれない。悪性血液疾患の寛解あるいは免疫による制御を導くかもしれない。この効果は骨髄腫、リンパ性白血病、多発性骨髄腫、もしかすると乳がんに当てはまる。GvT効果は移植片対宿主病(GvHD)現象と密接なつながりがある。CD4陽性CD25陽性制御T細胞(Treg)は、有益なGvT効果を失うことなくGvHDを抑制するために使うことができるかもしれない。GvT応答の生物学はまだ完全には理解されていないが、血液細胞に特異的または多くの組織細胞により広く発現している多型副抗原あるいは腫瘍関連抗原との反応が関与している可能性が高い。この応答は主に細胞障害性T細胞(CTL)によって媒介されるが、特にT細胞減少型HLA半合致HSCTにおいては別のエフェクターとしてのナチュラルキラー(NK)細胞によって利用されているかもしれない。移植片対腫瘍効果 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード