36件中 21 - 30件表示
  • アミロイドーシス

    アミロイドーシスから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    根治治療は今のところない。反応性AAアミロイドーシスなどの続発性アミロイドーシスでは、基礎疾患の治療により改善を期待できるが、他の病型では予後を変える治療法はなく対症療法に限られる。近年、原発性アミロイドーシス(AL型)に対して、形質細胞の腫瘍である多発性骨髄腫と同様、メルファラン前処置による自家造血幹細胞移植が有効であることが報告され、本邦でも一部施設で行われている。アミロイドーシス フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄異形成症候群

    骨髄異形成症候群から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    異常クローンを根絶し、正常造血を回復させるのが目的である。唯一の治療法が同種造血幹細胞移植である。現在移植の適応は50〜55歳以下に限られている。しかし、造血幹細胞移植に伴うGVHDなどの合併症の死亡率が無視できないため、リスクを検討したうえで移植を実施するか検討する必要がある。骨髄異形成症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 原発性免疫不全症候群

    原発性免疫不全症候群から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    T細胞の欠損かつB細胞の欠損または機能異常による、液性・細胞性免疫能の(ほぼ完全な)欠如である。生後数週間以内から認められる反復感染、下痢、成長障害、細菌・真菌・ウイルスすべての病原体に対する易感染性を示す。造血幹細胞移植が行われなければ、乳児期に死亡する重篤な疾患である。原発性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

  • チェディアック・東症候群

    チェディアック・東症候群から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    感染症に対しては予防的に抗生物質の投与が行われる。出血傾向の治療には血小板輸血が有効である。根治的治療としては、造血幹細胞移植が有力であるとされるが、症例数自体が少ないため、治療が有効であるか否かについての評価が困難である。チェディアック・東症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 急性放射線症候群

    急性放射線症候群から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    治療としては急性骨髄症候群に対するものが主となり、免疫力低下による感染症への対策のほか、骨髄機能障害そのものに対する造血幹細胞移植や顆粒球コロニー刺激因子の投与が行なわれる。急性放射線症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植では、致死量をはるかに超えた大量の抗がん剤と放射線によって白血病幹細胞を含めて病的細胞を一気に根こそぎ死滅させることを目指す(前処置という)。しかし、この強力な治療によって正常な造血細胞も死滅するので患者は造血能力を完全に失い、そのままでは患者は確実に死亡する。そのためにHLA型の一致した健康人の正常な造血幹細胞を移植して健康な造血システムを再建してやる必要がある。急性骨髄性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 急性白血病

    急性白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    治療方針はAPLかAPL以外のAMLかで大きく異なる。年齢50歳以下、パフォーマンスステータスが0?2、inv(16),t(8:21),t(15:17),de novo AMLは予後良好群であり、46XY,-Yは予後中間群、複合型染色体異常は予後不良群である。未治療急性白血病の第一選択は化学療法であるが予後不良群は化学療法での治癒は期待できず、造血幹細胞移植や骨髄移植が検討される。これらの治療は適応が狭く、一般には50歳以下でHLAの一致したドナーがいる場合に適応があると言われている。近年は分子標的薬、抗CD33抗体であるゲムツズマブなどを用いることもある。化学療法では寛解導入療法と寛解後療法に分かれる。寛解導入療法は完全寛解(CR)を導くための治療法である。完全寛解とは体内の白血病細胞が10の10乗個未満(発症時は12乗個以上ある)となることで骨髄、末梢血中の白血病細胞がほとんど消失し、正常の造血能が回復した状態のことをいう。白血病細胞が完全に消失したわけではないのでこのままでは再発が必発であるので、寛解後療法を行う。寛解後療法には寛解導入直後に行う地固め療法と間欠的に強力に行う維持療法がある。急性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 化学療法 (悪性腫瘍)

    化学療法 (悪性腫瘍)から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    場合によっては投薬により重篤な骨髄抑制が発症し、造血幹細胞(血球の幹細胞)が破壊される。それは他者あるいは自己からの造血幹細胞移植が必要になることを意味する。自己移植(自己骨髄移植または自己末梢血幹細胞移植)は治療前に患者から取り出した造血幹細胞を培養し、化学療法後に再度注入する方法である。他者からの同種造血幹細胞移植はドナー探しが必要となる。患者によっては骨髄障害によって病状が進行する場合もある。化学療法 (悪性腫瘍) フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄線維症

    骨髄線維症から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    根本的な治療は骨髄移植などの同種造血幹細胞移植であるが、本症患者の平均年齢は高く、同種造血幹細胞移植の適応になりうる患者は少ない。骨髄線維症 フレッシュアイペディアより)

  • 慢性好中球性白血病

    慢性好中球性白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    合併症の管理を主体とし、あるいはインターフェロンとヒドロキシカルバミドを含む化学療法で好中球数をコントロールしていく。若い患者では造血幹細胞移植を検討することもある。慢性好中球性白血病 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード

  • 血液病センター長

  • ゆっくり散策して京料理を食べながら、舞妓さん遊びをしたり、観光していただければ

  • 中居正広のミになる図書館