62件中 21 - 30件表示
  • 移植片対宿主病

    移植片対宿主病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    GVHDは様々な他家臓器移植の後に発生するが、特に免疫組織を直接移植する、造血幹細胞移植(骨髄移植)後や輸血後のものが知られている(GVHDの分類と診断)。移植片対宿主病 フレッシュアイペディアより)

  • さい帯血バンク

    さい帯血バンクから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    臍帯血バンク(さいたいけつバンク)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「臍帯血移植」)が必要な患者のために、産婦から提供される臍帯血を患者に斡旋する仕組み及びその業務を担う公的機関のこと。私的利用を扱う民間のバンクもある。さい帯血バンク フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞

    造血幹細胞から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    以上の知見をもとに臨床応用されているのが造血幹細胞移植であり、白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの血液癌の治療などに役立っている。造血幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄異形成症候群

    骨髄異形成症候群から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    重症例に対しては根治療法として、造血幹細胞移植を行う。異常クローンを根絶し、正常造血を回復させるのが目的である。現在移植の適応は50?55歳以下に限られている。骨髄異形成症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 横紋筋肉腫

    横紋筋肉腫から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    ただし、初診時すでに遠隔転移がある例では生存率は30パーセントにとどまっている。1993年から1998年にかけて、こういった進行期の患者に対し、造血幹細胞移植を用いた化学療法が広く試みられたが、その生存率は18パーセントから32パーセントどまりであったため、横紋筋肉腫の分子生物学的研究を基盤にした新薬、及び治療法の開発が期待される。現在日本では「日本横紋筋肉腫研究グループ」(JRSG)が立ち上がっている。横紋筋肉腫 フレッシュアイペディアより)

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植では、致死量をはるかに超えた大量の抗がん剤と放射線によって白血病幹細胞を含めて病的細胞を一気に根こそぎ死滅させることを目指す(前処置という)。しかし、この強力な治療によって正常な造血細胞も死滅するので患者は造血能力を完全に失い、そのままでは患者は確実に死亡する。そのためにHLA型の一致した健康人の正常な造血幹細胞を移植して健康な造血システムを再建する必要がある。急性骨髄性白血病 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄線維症

    骨髄線維症から見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    根本的な治療は骨髄移植などの同種造血幹細胞移植であるが、本症患者の平均年齢は高く、同種造血幹細胞移植の適応になりうる患者は少ない。また、若い患者であっても予後不良因子の少ない患者には適応しない(予後不良因子については次節を参照のこと)。そのため、治療は合併症の管理が主体となる。骨髄線維症 フレッシュアイペディアより)

  • カルムスチン

    カルムスチンから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    米国には静脈注射用製剤もあり、骨髄移植の一つ造血幹細胞移植で患者(被移植側)の白血球数を減らすためにも用いられる。この場合通常は、フルダラビンおよびメルファランが併用される。カルムスチン フレッシュアイペディアより)

  • ホスカルネット

    ホスカルネットから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植患者におけるサイトメガロウイルス血症ホスカルネット フレッシュアイペディアより)

  • シクロホスファミド

    シクロホスファミドから見た造血幹細胞移植造血幹細胞移植

    下記疾患における造血幹細胞移植の前治療。シクロホスファミド フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード