前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た抗がん剤

    1939年にOsgoodが骨髄液を再生不良性貧血の患者に輸注した報告があるが、これは後述する前処置を伴わないものであった。現在の治療法に準じる、抗がん剤と全身放射線照射を前処置としては、1957年にトーマスによって白血病の治療に骨髄移植が行われたのが嚆矢と言える。1958年には、同年発生したユーゴスラビアでの原子炉事故の被爆者6名に対して骨髄移植が行われ5名の一時的救命に成功した。これに続いて1968年までに203例の骨髄移植が施行されたが、生着例はわずか11例であった(全体の5.4%)。当時はまだヒト白血球型抗原(HLA)適合性が考慮されず、また生着不全や移植片対宿主病(GVHD)対策に有効な免疫抑制剤が無かったためである。この成功例の少なさから、骨髄移植の実施はいったん減少する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た免疫抑制剤

    1939年にOsgoodが骨髄液を再生不良性貧血の患者に輸注した報告があるが、これは後述する前処置を伴わないものであった。現在の治療法に準じる、抗がん剤と全身放射線照射を前処置としては、1957年にトーマスによって白血病の治療に骨髄移植が行われたのが嚆矢と言える。1958年には、同年発生したユーゴスラビアでの原子炉事故の被爆者6名に対して骨髄移植が行われ5名の一時的救命に成功した。これに続いて1968年までに203例の骨髄移植が施行されたが、生着例はわずか11例であった(全体の5.4%)。当時はまだヒト白血球型抗原(HLA)適合性が考慮されず、また生着不全や移植片対宿主病(GVHD)対策に有効な免疫抑制剤が無かったためである。この成功例の少なさから、骨髄移植の実施はいったん減少する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たエドワード・ドナル・トーマス

    1939年にOsgoodが骨髄液を再生不良性貧血の患者に輸注した報告があるが、これは後述する前処置を伴わないものであった。現在の治療法に準じる、抗がん剤と全身放射線照射を前処置としては、1957年にトーマスによって白血病の治療に骨髄移植が行われたのが嚆矢と言える。1958年には、同年発生したユーゴスラビアでの原子炉事故の被爆者6名に対して骨髄移植が行われ5名の一時的救命に成功した。これに続いて1968年までに203例の骨髄移植が施行されたが、生着例はわずか11例であった(全体の5.4%)。当時はまだヒト白血球型抗原(HLA)適合性が考慮されず、また生着不全や移植片対宿主病(GVHD)対策に有効な免疫抑制剤が無かったためである。この成功例の少なさから、骨髄移植の実施はいったん減少する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た放射線

    1950年代に致死量の放射線照射を受けたマウスに骨髄細胞を移植し、移植後の細胞が移植骨髄(ドナー)由来であることが明らかになった。この動物実験での成果を受け、骨髄移植(ひいては造血幹細胞移植)のヒトへの適用が考えられるようになった。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たT細胞

    免疫抑制療法の用量低下によって、ドナーのT細胞が残存するレシピエントの造血幹細胞を排除すること、移植片対腫瘍効果を誘導することができる。この効果はしばしば軽度の移植片対宿主病(GVHD)を伴う。GVHDの症状が現われることは多くの場合望ましい移植片対腫瘍効果が出現している代理マーカーであり、免疫抑制剤の用量が持続的治療のために適切であるというシグナルとしても機能している。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た白血病

    造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく、)とは、正常な血液を作ることが困難となる疾患(白血病、再生不良性貧血など)の患者に対して、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植して正常な血液を作ることができるようにする治療である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た白内障

    移植後100日以降に発症したGVHDを慢性GVHDという。発症時期によって区別されているが、急性GVHDとは異なる病態が考えられている。急性GVHDと比較してより多くの臓器を障害を受けること、しばしば自己免疫疾患に類似した病態となるのが特徴である。肝障害や間質性肺炎、皮膚のこわばり、口腔病変などが典型的であるが多様である(全身倦怠、関節痛、白内障、性器粘膜炎、筋肉炎、血液再生不全など)。急性GVHDは移植片中の成熟T細胞が関与するのに対して、慢性GVHDは移植された造血幹細胞から分化、成熟したT細胞が関与すると考えられている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た臍帯血

    一方、臍帯血に造血幹細胞が存在することが1980年代前半に判明し、1988年にGluckmanらによってファンコーニ貧血患者に対して、初の臍帯血移植が行われた(臍帯血は兄弟のもの)。1992年にアメリカで臍帯血バンクが成立し、その後各地で臍帯血バンクが設立された。日本では1998年に臍帯血移植が保険適用となり「日本さい帯血バンクネットワーク」が設立された。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た皮膚

    急性GVHDとは定義上は移植後100日以内に発症するGVHDとされている。移植片中の成熟T細胞が関与すると考えられている。骨髄破壊的な移植を行った場合は移植後2?3週間後に好発し、60日以内の発症の場合が多い。しかし、骨髄非破壊的なミニ移植の場合は60日以降の発症も珍しくない。主な障害臓器は皮膚、消化管、肝臓である。初発症状としては皮膚症状、皮疹が最も多く、消化管症状としては下痢が多い。緑色の水様下痢が特徴的だが血性下痢となることも多い。重症度は皮疹の広がり、下痢の量、ビリルビン値の上昇により、重症度は決定される。少なくとも一つの臓器障害が48時間以上持続し、他の原因疾患が否定されたとき急性GVHDと診断をすることができる。予防のため、免疫抑制剤の投与を通常は受けているが、それでも一定の確率で発症する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た骨髄バンク

    上記の骨髄移植で用いられたのは一卵性双生児または兄弟間ドナーの骨髄であったが、非血縁者のHLA適合ドナーからの骨髄移植が試みられ、その有用性が明らかになったことから、1970年代後半にイギリス、アメリカで骨髄バンクが設立された。日本での設立は1991年である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード