前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た免疫抑制剤

    固形臓器移植と造血幹細胞移植の大きな違いの一つとしては臓器移植ではドナーの正常な臓器を移植することで臓器機能の回復をすることを目標としているのに対して、造血幹細胞移植の一般的な目標は骨髄のMTDを上回る大量の抗がん剤や放射線照射による治療を可能とすることと、ドナー免疫に由来するGVL(Graft versus Leukemia:移植片による抗白血病効果)やGVT(Graft versus Tumor:移植片による抗腫瘍効果)を得ることである。例外としては再生不良性貧血における造血幹細胞移植はドナーの造血細胞による、造血能回復を狙うという観点から固形臓器移植に近い。もう一つの違いとしては、固形臓器移植では患者の免疫が維持されるのに対して、造血幹細胞移植では免疫系もドナー細胞に置換される。合併症も固形臓器移植なら拒絶反応となるが造血幹細胞移植ではGVHDとなる。造血幹細胞では免疫寛容がおこり、長期的には免疫抑制剤の投与を減量していく。免疫抑制剤の投与の目的は固形臓器移植では拒絶反応の防止、造血幹細胞移植では急性GVHDの予防となるが、慢性GVHDの発症に対しては効果が証明されていない。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た白血病

    造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく、英Hematopoietic stem cell transplantation)とは、正常な血液を作ることが困難となる疾患(白血病、再生不良性貧血など)の患者に対して、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植して正常な血液を作ることができるようにする治療である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た抗がん剤

    放射線治療や抗がん剤の投与は投与量や線量を増加させていくと最大耐容量(MTD)を超えた時点でなんらかの毒性のためそれ以上の増量が不可能となる。多くの抗がん剤において、規定因子は骨髄抑制である。造血幹細胞移植とは抗腫瘍効果を高めるため骨髄のMTDを超えた大量の抗がん剤、全身放射線照射を用いた強力な治療を(移植前処置)を行って、患者骨髄とともに悪性腫瘍の壊滅を行いその後、造血幹細胞を輸注することで、造血能を補うという治療法である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た白内障

    移植後100日以降に発症したGVHDを慢性GVHDという。発症時期によって区別されているが、急性GVHDとは異なる病態が考えられている。急性GVHDと比較してより多くの臓器を障害を受けること、しばしば自己免疫疾患に類似した病態となるのが特徴である。肝障害や間質性肺炎、皮膚のこわばり、口腔病変などが典型的であるが多様である(全身倦怠、関節痛、白内障、性器粘膜炎、筋肉炎、血液再生不全など)。急性GVHDは移植片中の成熟T細胞が関与するのに対して、慢性GVHDは移植された造血幹細胞から分化、成熟したT細胞が関与すると考えられている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た皮膚

    急性GVHDとは定義上は移植後100日以内に発症するGVHDとされている。移植片中の成熟T細胞が関与すると考えられている。骨髄破壊的な移植を行った場合は移植後2?3週間後に好発し、60日以内の発症の場合が多い。しかし、骨髄非破壊的なミニ移植の場合は60日以降の発症も珍しくない。主な障害臓器は皮膚、消化管、肝臓である。初発症状としては皮膚症状、皮疹が最も多く、消化管症状としては下痢が多い。緑色の水様下痢が特徴的だが血性下痢となることも多い。重症度は皮疹の広がり、下痢の量、ビリルビン値の上昇により、重症度は決定される。少なくとも一つの臓器障害が48時間以上持続し、他の原因疾患が否定されたとき急性GVHDと診断をすることができる。予防のため、免疫抑制剤の投与を通常は受けているが、それでも一定の確率で発症する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たDNA

    白血球の血液型ともいわれるHLA型が一定以上一致しないと移植が不可能なため、移植可能な造血幹細胞を見つけるためにさまざまな試みがなされている。なお、ABO式の血液型は一致しなくても移植は可能であるので、移植したドナーの造血幹細胞によって血液が造られるようになると、ABO式の血液型や血液細胞の染色体、DNAがドナー由来のものに変わる。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た造血幹細胞

    造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく、英Hematopoietic stem cell transplantation)とは、正常な血液を作ることが困難となる疾患(白血病、再生不良性貧血など)の患者に対して、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植して正常な血液を作ることができるようにする治療である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た血液型

    白血球の血液型ともいわれるHLA型が一定以上一致しないと移植が不可能なため、移植可能な造血幹細胞を見つけるためにさまざまな試みがなされている。なお、ABO式の血液型は一致しなくても移植は可能であるので、移植したドナーの造血幹細胞によって血液が造られるようになると、ABO式の血液型や血液細胞の染色体、DNAがドナー由来のものに変わる。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た再生不良性貧血

    造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく、英Hematopoietic stem cell transplantation)とは、正常な血液を作ることが困難となる疾患(白血病、再生不良性貧血など)の患者に対して、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植して正常な血液を作ることができるようにする治療である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たQOL

    造血幹細胞移植は画期的な治療法であるが、基本的には大量化学療法となるため、長期生存者のQOLは概して低い傾向がある。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード

  • 血液病センター長

  • ゆっくり散策して京料理を食べながら、舞妓さん遊びをしたり、観光していただければ

  • 中居正広のミになる図書館