70件中 21 - 30件表示
  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た皮疹

    生着時、過剰な炎症性サイトカインの産出により、発熱、皮疹、肺水腫といったGVHD様の症状が認められ、生着症候群といわれる。治療はプレドニゾロン1 mg/kgである。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た拒絶反応

    固形臓器移植と造血幹細胞移植の大きな違いの一つとしては臓器移植ではドナーの正常な臓器を移植することで臓器機能の回復をすることを目標としているのに対して、造血幹細胞移植の一般的な目標は骨髄のMTDを上回る大量の抗がん剤や放射線照射による治療を可能とすることと、ドナー免疫に由来するGVL(Graft versus Leukemia:移植片による抗白血病効果)やGVT(Graft versus Tumor:移植片による抗腫瘍効果)を得ることである。例外としては、再生不良性貧血における造血幹細胞移植はドナーの造血細胞による造血能回復を狙うという観点から固形臓器移植に近い。もう一つの違いとしては、固形臓器移植では患者の免疫が維持されるのに対して、造血幹細胞移植では免疫系もドナー細胞に置換される。合併症も固形臓器移植なら拒絶反応となるが造血幹細胞移植ではGVHDとなる。造血幹細胞では免疫寛容がおこり、長期的には免疫抑制剤の投与を減量していく。免疫抑制剤の投与の目的は固形臓器移植では拒絶反応の防止、造血幹細胞移植では急性GVHDの予防となるが、慢性GVHDの発症に対しては効果が証明されていない。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たブスルファン

    骨髄抑制を無視して投与されるため用量規定因子が骨髄以外となることに注意が必要である。たとえば、シクロホスファミドでは心毒性、ブスルファンでは肝毒性、放射線では肺毒性が用量規定因子となる。アルキル化剤や白金製剤は濃度を高めると抗腫瘍効果の増大が非常に高いが、代謝拮抗薬はある程度の濃度を達成すると抗腫瘍効果が一定となってくる。そのため、骨髄移植ではCY-TBI療法が選択されることが多い。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た骨髄

    1950年代に致死量の放射線照射を受けたマウスに骨髄細胞を移植し、移植後の細胞が移植骨髄(ドナー)由来であることが明らかになった。この動物実験での成果を受け、骨髄移植(ひいては造血幹細胞移植)のヒトへの適用が考えられるようになった。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たインフォームド・コンセント

    造血幹細胞移植は画期的な治療法であるが、基本的には大量化学療法となるため、長期生存者のQOL(生活の質)は概して低い傾向がある。大量化学療法とGVHDなどによる後遺症状や合併症状の治療は難しく、障害や慢性疾患として持続もしくは増悪する場合も多くみられる。少なからず、痛みや就業などの深刻な問題となる場合がある。したがって、事前の十分なインフォームド・コンセントの実施が重要であると考えられる。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たハツカネズミ属

    1950年代に致死量の放射線照射を受けたマウスに骨髄細胞を移植し、移植後の細胞が移植骨髄(ドナー)由来であることが明らかになった。この動物実験での成果を受け、骨髄移植(ひいては造血幹細胞移植)のヒトへの適用が考えられるようになった。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た赤血球

    骨髄液が凍結されているか否かによって若干方法は異なるが、基本は変わらない。赤血球ABO型適合、または副不適合の場合はクロスマッチテストを行い、陰性であることを確認する。陽性の場合は赤血球除去処理を行う必要がある。コルチゾンを100 mgを前投与してから輸注を開始する。赤血球型不適合移植の場合はハプトグロビン4,000単位の予防投与を行ってもよい。ただし、輸注赤血球量が10?20 mL程度ならハプトグロビンは不要であるといわれている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た臓器移植

    固形臓器移植と造血幹細胞移植の大きな違いの一つとしては臓器移植ではドナーの正常な臓器を移植することで臓器機能の回復をすることを目標としているのに対して、造血幹細胞移植の一般的な目標は骨髄のMTDを上回る大量の抗がん剤や放射線照射による治療を可能とすることと、ドナー免疫に由来するGVL(Graft versus Leukemia:移植片による抗白血病効果)やGVT(Graft versus Tumor:移植片による抗腫瘍効果)を得ることである。例外としては、再生不良性貧血における造血幹細胞移植はドナーの造血細胞による造血能回復を狙うという観点から固形臓器移植に近い。もう一つの違いとしては、固形臓器移植では患者の免疫が維持されるのに対して、造血幹細胞移植では免疫系もドナー細胞に置換される。合併症も固形臓器移植なら拒絶反応となるが造血幹細胞移植ではGVHDとなる。造血幹細胞では免疫寛容がおこり、長期的には免疫抑制剤の投与を減量していく。免疫抑制剤の投与の目的は固形臓器移植では拒絶反応の防止、造血幹細胞移植では急性GVHDの予防となるが、慢性GVHDの発症に対しては効果が証明されていない。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た単純ヘルペスウイルス

    傾向としては早期は単純ヘルペスウイルス感染症、カリニ肺炎、その後はサイトメガロウイルス感染症、アスペルギルス感染症が多い傾向はある。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た発熱

    生着時、過剰な炎症性サイトカインの産出により、発熱、皮疹、肺水腫といったGVHD様の症状が認められ、生着症候群といわれる。治療はプレドニゾロン1 mg/kgである。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード