70件中 51 - 60件表示
  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た自己免疫疾患

    移植後100日以降に発症したGVHDを慢性GVHDという。発症時期によって区別されているが、急性GVHDとは異なる病態が考えられている。急性GVHDと比較してより多くの臓器を障害を受けること、しばしば自己免疫疾患に類似した病態となるのが特徴である。肝障害や間質性肺炎、皮膚のこわばり、口腔病変などが典型的であるが多様である(全身倦怠、関節痛、白内障、性器粘膜炎、筋肉炎、血液再生不全など)。急性GVHDは移植片中の成熟T細胞が関与するのに対して、慢性GVHDは移植された造血幹細胞から分化、成熟したT細胞が関与すると考えられている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た好中球

    ドナー細胞の生着は好中球の回復から判断することが一般的である。好中球数500/μLを2?3点連続して超えた場合、その第一点を生着日と判断することが多い。厳密にはキメリズム解析を行い、ドナー由来であるかを確認した方が正確であるが、骨髄非破壊的なミニ移植以外では移植一か月以内に増加してきた好中球はドナー由来と考えて問題はない。移植後に一度も生着しなかった場合一次性生着不全、いったん生着したものの造血能が失われた場合は二次性生着不全という。生着までの日数は幹細胞のソース、ドナーと患者の関係、G-CSF投与の有無、メソトレキセートの投与量などにも依存する。中央値は21日前後と言われている(臍帯血の場合は30日前後)。よってday21に好中球回復の兆候がなければ、骨髄穿刺を行い骨髄系前駆細胞の有無を確認する。前駆細胞が認められなければ、day28に再度、骨髄穿刺し、それどもみとめなけらば再移植の準備をする。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た免疫寛容

    固形臓器移植と造血幹細胞移植の大きな違いの一つとしては臓器移植ではドナーの正常な臓器を移植することで臓器機能の回復をすることを目標としているのに対して、造血幹細胞移植の一般的な目標は骨髄のMTDを上回る大量の抗がん剤や放射線照射による治療を可能とすることと、ドナー免疫に由来するGVL(Graft versus Leukemia:移植片による抗白血病効果)やGVT(Graft versus Tumor:移植片による抗腫瘍効果)を得ることである。例外としては、再生不良性貧血における造血幹細胞移植はドナーの造血細胞による造血能回復を狙うという観点から固形臓器移植に近い。もう一つの違いとしては、固形臓器移植では患者の免疫が維持されるのに対して、造血幹細胞移植では免疫系もドナー細胞に置換される。合併症も固形臓器移植なら拒絶反応となるが造血幹細胞移植ではGVHDとなる。造血幹細胞では免疫寛容がおこり、長期的には免疫抑制剤の投与を減量していく。免疫抑制剤の投与の目的は固形臓器移植では拒絶反応の防止、造血幹細胞移植では急性GVHDの予防となるが、慢性GVHDの発症に対しては効果が証明されていない。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た一卵性双生児

    上記の骨髄移植で用いられたのは一卵性双生児または兄弟間ドナーの骨髄であったが、非血縁者のHLA適合ドナーからの骨髄移植が試みられ、その有用性が明らかになったことから、1970年代後半にイギリス、アメリカで骨髄バンクが設立された。日本での設立は1991年である。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たABO型

    骨髄液が凍結されているか否かによって若干方法は異なるが、基本は変わらない。赤血球ABO型適合、または副不適合の場合はクロスマッチテストを行い、陰性であることを確認する。陽性の場合は赤血球除去処理を行う必要がある。コルチゾンを100 mgを前投与してから輸注を開始する。赤血球型不適合移植の場合はハプトグロビン4,000単位の予防投与を行ってもよい。ただし、輸注赤血球量が10?20 mL程度ならハプトグロビンは不要であるといわれている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た肺水腫

    生着時、過剰な炎症性サイトカインの産出により、発熱、皮疹、肺水腫といったGVHD様の症状が認められ、生着症候群といわれる。治療はプレドニゾロン1 mg/kgである。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た主要組織適合遺伝子複合体

    トーマスらはイヌを用いた骨髄移植の研究を行い、主要組織適合遺伝子複合体(MHC: ヒトのHLA)適合性や前処置、免疫抑制剤の投与方法などを検討・開発し、イヌ同士の骨髄移植に成功した。これを踏まえ、1970年代中ごろにはHLA適合ドナーによる、前処置(高用量抗がん剤と全身放射線)およびGVHD予防(この時期にはメソトレキセートのみ)を行う、現在実施されているものとほぼ同様の近代的骨髄移植方法が確立された。また白血病患者に対する骨髄移植を非寛解期に実施することで、長期生存率が50%以上と大きく向上し、治癒的治療法として位置づけられるようになった。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たハプトグロビン

    骨髄液が凍結されているか否かによって若干方法は異なるが、基本は変わらない。赤血球ABO型適合、または副不適合の場合はクロスマッチテストを行い、陰性であることを確認する。陽性の場合は赤血球除去処理を行う必要がある。コルチゾンを100 mgを前投与してから輸注を開始する。赤血球型不適合移植の場合はハプトグロビン4,000単位の予防投与を行ってもよい。ただし、輸注赤血球量が10?20 mL程度ならハプトグロビンは不要であるといわれている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見た化学療法

    移植の直前に行われる化学療法または放射線療法は「前処置レジメン」と呼ばれる。その目的は造血幹細胞の輸注前に患者の病気を根絶すること、免疫反応を抑制することにある。骨髄はその他の組織に微小な損傷を与える用量で「除去」(破壊)することができる。同種移植では、シクロホスファミド(CY)と(TBI)の組合せが通常用いられる。この処置はレシピエント(受容者)の免疫系によって造血幹細胞が拒絶されることを防ぐ免疫抑制効果も有する。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植から見たクロスマッチテスト

    骨髄液が凍結されているか否かによって若干方法は異なるが、基本は変わらない。赤血球ABO型適合、または副不適合の場合はクロスマッチテストを行い、陰性であることを確認する。陽性の場合は赤血球除去処理を行う必要がある。コルチゾンを100 mgを前投与してから輸注を開始する。赤血球型不適合移植の場合はハプトグロビン4,000単位の予防投与を行ってもよい。ただし、輸注赤血球量が10?20 mL程度ならハプトグロビンは不要であるといわれている。造血幹細胞移植 フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「成体幹細胞」のニューストピックワード