前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 行為能力

    行為能力から見た成年後見制度成年後見制度

    このとき新たに作られた制度が成年後見制度であり、従来の「無能力者」は「制限能力者」に表現が改められた。さらに、民法の現代語化を主な目的とする2004年(平成16年)の民法の一部改正法の施行により、2005年(平成17年)4月から、さらに「制限行為能力者」という表現に改められた。行為能力 フレッシュアイペディアより)

  • 行為能力

    行為能力から見た保佐人成年後見制度

    被保佐人には保佐人が付されるが、保佐人は成年後見人と異なり、原則として法定代理人としての地位を有しない。ただし、被保佐人の同意がある場合は、家庭裁判所の審判により、保佐人に対し特定の法律行為について代理権を付与することができる、その場合には代理権の範囲が特定された法定代理人となる(876条の4)。行為能力 フレッシュアイペディアより)

  • 特別代理人

    特別代理人から見た成年後見制度成年後見制度

    成年後見人と成年被後見人との利益が相反する行為については後見監督人がいる場合を除きその被後見人のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない(民法第826条、民法第860条)とされている。特別代理人 フレッシュアイペディアより)

  • 更生保護

    更生保護から見た成年後見制度成年後見制度

    2009年度大学入学者より、社会福祉士の指定科目(精神保健福祉士との共通科目扱い)であった「法学」が、「権利擁護と成年後見制度」に変更され、福祉法分野の中でも「成年後見制度」メインの内容となり、同時に、「更生保護制度」が新設科目として設置された(なお、「更生保護制度」は、精保の指定科目と共通ではない)。更生保護 フレッシュアイペディアより)

  • 行為能力

    行為能力から見た補助人成年後見制度

    同意権付与の審判を受けた被補助人は、家庭裁判所の審判により定められた13条1項に列挙されている行為の一部の法律行為について補助人の同意を要する(17条)。補助人の同意を要するとされた法律行為を被補助人の同意またはこれに代わる家庭裁判所の許可を得ずに行った場合は、当該法律行為を取り消すことが出来る。行為能力 フレッシュアイペディアより)

  • 社会福祉士

    社会福祉士から見た成年後見制度成年後見制度

    医師、歯科医師、薬剤師など資格を保有しないと職務を行えない業務独占資格と違い、社会福祉士は、資格を保有しなくても職務を行える名称独占資格である。しかし近年では医療保険点数の改訂において後期高齢者退院調整加算等が新設され保険加算のための人員配置基準となり、医療ソーシャルワーカーの必置資格としてほとんどの病院で社会福祉士を保持することが採用条件とされている。2006年介護保険法改正により、各市区町村の地域包括支援センターでは社会福祉士の資格を保有する者のみがクライエントからの相談業務、サービス事業者および行政との連携業務を行う人員設置基準(必置資格)となった。また、障害者福祉施設において社会福祉士の配置による加算、児童福祉施設の最低基準の改正に伴い職員配置基準の一つとして社会福祉士が加えられた。2015年には文部科学省の一部改正により、スクールソーシャルワーカーは社会福祉士の資格を有する者のうちから行うことと改正された。条文上、成年後見制度に於いて弁護士、司法書士に並び職能職業後見人と認められる3士業のうちの一つである。社会福祉士 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の特許法における手続の補正

    日本の特許法における手続の補正から見た保佐人成年後見制度

    被保佐人が保佐人の同意を得ずに手続をしたとき日本の特許法における手続の補正 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の特許法における手続の補正

    日本の特許法における手続の補正から見た成年被後見人成年後見制度

    未婚未成年者または成年被後見人が法定代理人によらずに手続をしたとき日本の特許法における手続の補正 フレッシュアイペディアより)

  • 保護者

    保護者から見た成年後見制度成年後見制度

    保護者は、各法律によって、親権を行う者(親権者: 父母、養親)および後見人(成年後見人および未成年後見人)とされることが多い。また、未成年者に関わる制度においては、このほかに、未成年者を現に監護する者も保護者とされることもある。未成年者を現に監護する者には、里親、児童福祉施設の長などが含まれる。保護者 フレッシュアイペディアより)

  • 行為能力

    行為能力から見た被補助人成年後見制度

    行為能力を制限された者のことを制限行為能力者という。具体的には、未成年者、成年被後見人、被保佐人、民法第17条第1項の審判(同意権付与の審判)を受けた被補助人を指す(民法20条第1項参照)。行為能力 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「成年後見制度」のニューストピックワード

  • My Glory Was I Had Such Friends(原題)

  • J・J・エイブラムス&スピルバーグ

  • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル