102件中 21 - 30件表示
  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た制限行為能力者

    家庭裁判所の後見開始の審判により後見人を付すとの審判を受けた者を成年被後見人、本人に代わって法律行為を行う者として選任された者を成年後見人とよぶ(8条)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た解除

    成年後見人は成年被後見人について広範な代理権(859条1項)と取消権(120条1項)、財産管理権(859条)、療養看護義務(858条)をもつ。なお、成年後見人が成年被後見人に代わってその居住用の建物・敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(859条の3)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た婚姻

    取消権については成年被後見人の日常生活に関する行為については取り消すことが出来ない(9条但書)。また、身分法上の行為や治療行為などの事実行為に関する同意など、本人の意思のみによって決めるべき(一身専属的)事項についても取消権や代理権は行使できない(遺言につき962条、婚姻につき738条など)。なお、後見人が被後見人を養子とするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(794条)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た契約

    任意後見は、将来の後見人の候補者を本人があらかじめ選任しておくものである。法定後見が裁判書の審判によるものであるのに対し、任意後見は契約である。後見人候補者(受任者)と本人が契約当事者である。この契約は、公正証書によって行われる。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本成年後見法学会

    任意後見には、本人の行った行為の取消権はない。クーリングオフ等については、日本成年後見法学会等で120条に基づいて取消権を行使しうるとする意見が出されている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た家事審判法

    制度は民法に基づく。実際の手続は家事審判法および家事審判規則に基づき、家庭裁判所が行う。後見登記は、後見登記等に関する法律による。市区町村長申立の根拠は老人福祉法、知的障害者福祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)である。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た遺言

    取消権については成年被後見人の日常生活に関する行為については取り消すことが出来ない(9条但書)。また、身分法上の行為や治療行為などの事実行為に関する同意など、本人の意思のみによって決めるべき(一身専属的)事項についても取消権や代理権は行使できない(遺言につき962条、婚姻につき738条など)。なお、後見人が被後見人を養子とするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(794条)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本社会福祉士会

    団体として後見人活動に取り組んでいる例としては公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート(司法書士)、社団法人日本社会福祉士会の成年後見センター・ぱあとなあ等が著名である。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本弁護士連合会

    弁護士は弁護士会や日弁連としての統一的・実務的な取り組みはなく、日弁連として提言をまとめる等の活動が行われるにとどまっている。なお個人的に積極的に成年後見分野で活動する弁護士も存在し、当分野で著名な中山二基子弁護士を中心とした有限責任中間法人が2005年に発足している。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た社会保険労務士

    そこで、他の職能団体も積極的に後見業務に参画し始め、平成22年8月に日本行政書士会連合会は一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターを設立し、成年後見業務に参画しているほか税理士も全国女性税理士連盟等によって成年後見活動に参画している例があり、また、埼玉県では社会保険労務士会の中で成年後見活動を行い、研修会も行なっているが、社会保険労務士業界全体として、制度に関心がある者が少なく、税理士、社労士はともに実績は乏しい。なお、専門職のなかで法律上後見業務を行える規定を明文で有するのは弁護士および司法書士のみであり、社会福祉士は社会福祉士及び介護福祉士法第2条の規定により主に身上監護の面から業務を行える根拠を有し、裁判所もそのように運用している。しかしながら行政書士・税理士・社労士等はこれらの業法ではその専門職として後見業務を行うことは法律上定めておらず、これら専門職の「業」として行えるわけではない。それぞれの専門職としての経験を生かしつつ一個人として行っているにすぎず、専門職能の「職業」後見人ではない。なお、日本行政書士会連合会は他士業とは異なり、高齢社会における成年後見業務を「業」と考えることはせずに、高齢者・障がい者支援、社会貢献活動の一環と位置づけて活動を進めている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「成年後見制度」のニューストピックワード