142件中 31 - 40件表示
  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た登記事項証明書

    開始決定は、裁判所からの嘱託によって特別な登記がされる。登記事項は登記事項証明書に記載される。この証明書は本人、後見人等、相続人、公務員以外は交付請求できないとされ、プライバシーに配慮されている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本弁護士連合会

    弁護士は弁護士会や日弁連としての統一的・実務的な取り組みはなく、日弁連として提言をまとめる等の活動が行われるにとどまっている。なお個人的に積極的に成年後見分野で活動する弁護士も存在し、当分野で著名な中山二基子弁護士を中心とした有限責任中間法人が2005年に発足している。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た契約

    任意後見は、将来の後見人の候補者を本人があらかじめ選任しておくものである。法定後見が裁判所の審判によるものであるのに対し、任意後見は契約である。後見人候補者(受任者)と本人が契約当事者である。この契約は、公正証書によって行われる。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本成年後見法学会

    任意後見には、本人の行った行為の取消権はない。クーリングオフ等については、日本成年後見法学会等で120条に基づいて取消権を行使しうるとする意見が出されている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本国憲法

    禁治産という用語は「(家の)財産を治めることを禁ず」という意を持ち、家制度の廃止された日本国憲法下での民法(親族・相続法)に合致しない。また、国家権力により私有財産の処分を禁ぜられ、無能力者とされること、また禁治産・準禁治産が戸籍に記載されることが、人格的な否定等の差別的な印象を与えがちであった。これらにより、禁治産制度の利用に抵抗が示されやすかった。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た一身専属

    取消権については成年被後見人の日常生活に関する行為については取り消すことが出来ない(9条但書)。また、身分法上の行為や治療行為などの事実行為に関する同意など、本人の意思のみによって決めるべき(一身専属的)事項についても取消権や代理権は行使できない(遺言につき962条、婚姻につき738条など)。なお、後見人が被後見人を養子とするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(794条)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た賃貸借

    成年後見人は成年被後見人について広範な代理権(859条1項)と取消権(120条1項)、財産管理権(859条)、療養看護義務(858条)をもつ。なお、成年後見人が成年被後見人に代わってその居住用の建物・敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(859条の3)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た遺言

    取消権については成年被後見人の日常生活に関する行為については取り消すことが出来ない(9条但書)。また、身分法上の行為や治療行為などの事実行為に関する同意など、本人の意思のみによって決めるべき(一身専属的)事項についても取消権や代理権は行使できない(遺言につき962条、婚姻につき738条など)。なお、後見人が被後見人を養子とするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(794条)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本社会福祉士会

    団体として後見人活動に取り組んでいる例としては公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート(司法書士)、社団法人日本社会福祉士会の成年後見センター・ぱあとなあ等が著名である。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た最高裁判所 (日本)

    なお最高裁判所は2000年の制度施行当初から、成年後見事件に関する統計を公表している。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

142件中 31 - 40件表示

「成年後見制度」のニューストピックワード

  • My Glory Was I Had Such Friends(原題)

  • J・J・エイブラムス&スピルバーグ

  • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル