102件中 41 - 50件表示
  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た東京地方裁判所

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た追認

    保佐人は13条1項に定める重要な財産行為について同意権(13条1項)および取消権(120条1項)、追認権(122条)を有する。なお、保佐人が被保佐人に代わってその居住用の建物・敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(876条の5・859条の3)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た検察官

    後見開始の審判の請求権者は本人、配偶者、4親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人または検察官である(7条)。なお市町村長も65歳以上の者、知的障害者、精神障害者につきその福祉を図るため特に必要があると認めるときは後見開始の審判を請求することができることとされている(老人福祉法32条、知的障害者福祉法28条、精神保健及び精神障害者福祉法51条の11の2)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た日本国憲法

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た行為能力

    成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、判断能力(事理弁識能力)の不十分な者を保護するため、一定の場合に本人の行為能力を制限するとともに本人のために法律行為をおこない、または本人による法律行為を助ける者を選任する制度である。裁判所の審判による「法定後見」と、本人が判断能力が十分なうちに候補者と契約をしておく「任意後見」とがある。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た家族

    職業後見人が単独で後見人に就任した場合、実際には家族・親族がいて身の回りの世話などを行っている場合でも法律上は職業後見人が当然に精神保健福祉法上の保護者となる。つまり、受療義務など保護者としての法的な義務は家族・親族ではなく後見人が負うことになる。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見たドイツ

    本制度はドイツの世話法、イギリスの持続的代理権授与法を参考にして2000年4月、旧来の禁治産・準禁治産制度にかわって設けられた。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た有限責任中間法人

    弁護士は弁護士会や日弁連としての統一的・実務的な取り組みはなく、日弁連として提言をまとめる等の活動が行われるにとどまっている。なお個人的に積極的に成年後見分野で活動する弁護士も存在し、当分野で著名な中山二基子弁護士を中心とした有限責任中間法人が2005年に発足している。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た札幌地方裁判所

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た市民

    こうしたなかで都道府県や日本成年後見法学会等では、後見人の養成が急務であると考えており東京都では市民後見人の養成講座が開催され、世田谷区でも同様の取り組みが行われる予定であると発表されている。また、一般の市民の中にも第三者後見人の担い手になる動きが広がっている(「市民後見人」)。滋賀県大津市の特定非営利活動法人「あさがお」、岐阜県多治見市の「東濃成年後見センター」などの民間機関による活動の例がある。しかし、各士業団体の指導・監督を受け、常に能力の向上を図っている専門職後見人とは異なり、市民後見人の能力担保を具体的にどう図るのかが課題とされている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「成年後見制度」のニューストピックワード