102件中 51 - 60件表示
  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た精神保健及び精神障害者福祉に関する法律

    制度は民法に基づく。実際の手続は家事審判法および家事審判規則に基づき、家庭裁判所が行う。後見登記は、後見登記等に関する法律による。市区町村長申立の根拠は老人福祉法、知的障害者福祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)である。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た通常国会

    そこで、厚生労働省における介護保険法の制定準備と並行して法務省は1999年の第145回通常国会に成年後見関連4法案を提出、1999年12月に第146回通常国会において成立した。その後、政省令の制定を経て2000年4月1日、介護保険法と同時に施行されることとなったのである。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た配偶者

    配偶者がいる場合に法律上当然に配偶者が後見人となる旨の規定があり(改正前の840条)、実情に即した弾力的な運用が困難であった。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見たイギリス

    本制度はドイツの世話法、イギリスの持続的代理権授与法を参考にして2000年4月、旧来の禁治産・準禁治産制度にかわって設けられた。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た家庭裁判所調査官

    申立てが受理された後、家庭裁判所が本人や後見人等候補者(いる場合)の面接などによる調査を行う。必要に応じて家庭裁判所の職員(家庭裁判所調査官等)は、裁判所外での面接を行う場合もある。調査が簡略化される場合もあるが本人の知らないところで勝手に申し立てられるなどの濫用を防ぐため、必ず本人の陳述を聞かなければならないと規定されている。実際には、調査官等の面談によって本人の意向が確認されている。東京家裁では申立時に本人及び後見人等候補者を同行させれば申立と同時に面接が行われる扱いになっており(即日面接)、日程の短縮が図られている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た広島高等裁判所

    具体的な事例としては、後見人である親族による金銭の着服が発覚し刑事事件となるケースや専門職による職業後見人が不当な報酬額を取得し財産を侵奪したりするケースが全国各地で報告されている。また、2012年2月には広島高裁で、財産管理能力を考慮せずに親族の一人を成年後見人とした結果、財産を着服されたとして、広島家裁の過失を認める判決が出されている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た違憲判決

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た親族

    職業後見人が単独で後見人に就任した場合、実際には家族・親族がいて身の回りの世話などを行っている場合でも法律上は職業後見人が当然に精神保健福祉法上の保護者となる。つまり、受療義務など保護者としての法的な義務は家族・親族ではなく後見人が負うことになる。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た広島家庭裁判所

    具体的な事例としては、後見人である親族による金銭の着服が発覚し刑事事件となるケースや専門職による職業後見人が不当な報酬額を取得し財産を侵奪したりするケースが全国各地で報告されている。また、2012年2月には広島高裁で、財産管理能力を考慮せずに親族の一人を成年後見人とした結果、財産を着服されたとして、広島家裁の過失を認める判決が出されている。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た被選挙権

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「成年後見制度」のニューストピックワード