102件中 61 - 70件表示
  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た東京法務局

    法定後見・保佐・補助が発効、もしくは任意後見契約が成立すると裁判所、公証人の嘱託により東京法務局後見登録課で後見登記がされる。その登記事項は、登記事項証明書により証明される。1通550円。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た民事訴訟

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た行政行為

    福祉サービスの利用にあたって、行政処分である措置制度から受益者の意思決定を尊重できる契約制度へと移行が検討されていた(いわゆる「措置から契約へ」)。高齢者の介護サービスについては2000年から介護保険制度の下で利用者とサービス提供事業者の間の契約によるものとされることとなったが、認知症高齢者は契約当事者としての能力が欠如していることから契約という法律行為を支援する方策の制定が急務であった。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た鑑定

    いわゆる植物状態にある場合や幼少時からの重い知的障害者など、明らかに鑑定が必要でない場合(家裁によって若干基準が異なる)、又は補助の場合を除いて調査が終了後、必ず本人の判断能力について医師の鑑定が行われる。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た裁判官

    鑑定の結果を踏まえて家庭裁判所の裁判官(家事審判官)の判断で開始の決定、又は申立ての却下決定が行われる。裁判官の判断によって、たとえば後見開始の申立てであっても本人の状況に応じて保佐、補助等、申し立てた内容よりも能力制限の少ない類型で開始決定されることもある。開始決定がされた場合、必ず本人にも通知される。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た取消権

    成年後見人は成年被後見人について広範な代理権(859条1項)と取消権(120条1項)、財産管理権(859条)、療養看護義務(858条)をもつ。なお、成年後見人が成年被後見人に代わってその居住用の建物・敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない(859条の3)。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た選挙権

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た未成年後見人

    未成年後見については「未成年後見人」と「後見」の項を参照。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た成年被後見人

    公職選挙法第11条は、家庭裁判所から成年被後見人に認定されている人は、選挙権と被選挙権を有しないと定めている。成年被後見人や成年後見人から、成年後見制度は成年被後見人の収入・財産・契約を被後見人の代理者として管理することが目的であり、日本国憲法第15条が定めている国民の権利である参政権の一つである選挙権を有しないと定めることは、憲法違反であるという民事訴訟が、東京地方裁判所、さいたま地方裁判所、京都地方裁判所、札幌地方裁判所に提起された。2013年3月14日に、東京地方裁判所は、公職選挙法が定める成年被後見人の選挙権を有しないと定めることは憲法違反であると、原告の主張を認める違憲判決を下した。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

  • 成年後見制度

    成年後見制度から見た最高裁判所 (日本)

    このような財産着服は、最高裁家庭局によると、2010年6月から2011年3月の10ヵ月間だけでも182件に及ぶという。最高裁は、信託制度を活用する形での財産保護策を検討している。成年後見制度 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「成年後見制度」のニューストピックワード