前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た成瀬善久成瀬善久

    7月3日 - ガリバーオールスターゲーム2007の監督選抜選手が発表された。ファン投票以外で初出場となったのは、パ・リーグではダルビッシュ有投手(日本ハム)、成瀬善久投手、早川大輔外野手(以上ロッテ)、セ・リーグでは中田賢一投手(中日)、久保田智之投手(阪神)、セス・グライシンガー投手(ヤクルト)、高橋尚成投手(巨人)、木塚敦志投手、相川亮二捕手(以上横浜)、森野将彦内野手(中日)の10選手。最多出場となるのは通算10回目の出場となる小久保裕紀内野手(ソフトバンク。うち2回は故障のため出場辞退)。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た成瀬善久成瀬善久

    4月29日の対ロッテ戦(グッドウィルドーム)で成瀬善久から来日250号本塁打を放つ。733試合での250本塁打は元近鉄のラルフ・ブライアントに並ぶ最速タイ記録となった。7月に故障で欠場するが、7月31日の本拠地・グッドウィルドームでの対日本ハム戦で復帰した。しかし、復帰後は調子が上がらず、一時はリーグトップに立っていた打率も徐々に下がり、打撃三部門において前年から大きく数字を下げてしまった。来日後規定打席に到達しながら30本塁打に達しなかった初のシーズンとなり、不動の4番の座もG.G.佐藤に譲ることもたびたびあった。それでも打率.295(リーグ8位)、27本塁打(リーグ3位)、81打点(リーグ5位)で、打点と本塁打はチームトップだった。得点圏打率はチームトップの.331を記録。4年ぶり3度目のベストナイン(一塁手部門)を受賞した。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た成瀬善久成瀬善久

    キャンプは新人野手で唯一の一軍スタートとなった。正捕手の嶋基宏の離脱などもあり、6月20日に一軍初出場を果たす。同期入団の釜田佳直とルーキーバッテリーを組むなど一軍に定着、7月4日のロッテ戦では成瀬善久からプロ初本塁打を放ち、8月26日の日本ハム戦(Kスタ宮城)では自身プロ入り初となるサヨナラ打(内野安打)を放った。9月5日の日本ハム戦(東京ドーム)には同じくルーキーの島内宏明とのアベックホームランを放つ。新人2人によるアベック弾はの中日の大豊泰昭・山口幸司以来23年ぶり。9月8日の西武戦ではシーズン2本目となるサヨナラ打を涌井秀章から放つ。新人のサヨナラ安打2本は2002年の喜多隆志(ロッテ)以来10年ぶり、新人の代打でのサヨナラ安打は1992年の町田公二郎(広島)以来20年ぶり。フレッシュオールスターには「4番・捕手」として出場。その後もシーズン終了まで嶋に次ぐ第二捕手として一軍に帯同、ルーキーながら43試合に出場し、打撃では前述の2本のサヨナラヒットや打率.258と捕手としては高い打力を見せた。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た成瀬善久成瀬善久

    最優秀バッテリー賞:2回 (2005年、投手:渡辺俊介、2007年、投手:成瀬善久)※渡辺俊介とは同年齢で受賞したが、バッテリーが同年齢で受賞したケースはパ・リーグ初。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た成瀬善久成瀬善久

    全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権兼北京オリンピック野球日本代表の1次選考候補の追加10選手を発表した。唯一、プレオリンピック大会で好投した愛工大の長谷部康平投手がアマチュアから選出された。残る9選手は次のとおり。投手(5人)?武田勝(北海道日本ハム)、成瀬善久(千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、朝倉健太(中日)、渡辺亮(阪神)。内野手(3人)?川崎宗則(福岡ソフトバンク)、高須洋介(東北楽天)、中村紀洋(中日)。外野手(1人)?サブロー(千葉ロッテ)。最終候補選手30人は10月に発表される見通し。(5月7日のできごと参照。)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た成瀬善久成瀬善久

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久(現・千葉ロッテマリーンズ)らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たしたが、エース給前信吾、同学年の田澤純一(現・ボストン・レッドソックス)を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 木興拓哉

    木興拓哉から見た成瀬善久成瀬善久

    は二軍で最高勝率のタイトルを獲得するが、防御率は4点台で被本塁打数と暴投数は共にリーグ2位と内容は不安定だった。当時一軍の左投手には先発投手に成瀬善久、リリーフにYFKの藤田宗一、ワンポイントの高木晃次などがいたことに加え、以降は成績も向上しなかったことから一軍に昇格できず、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。木興拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た成瀬善久成瀬善久

    ロ:成瀬 (7回0/3) - 内 (0回2/3) - 伊藤 (1回1/3) - ○小林宏 (2回)2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎匡哉

    尾崎匡哉から見た成瀬善久成瀬善久

    初出場:2008年4月12日、対千葉ロッテマリーンズ5回戦(千葉マリンスタジアム) - 9回表無死に代打、投手:成瀬善久尾崎匡哉 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立びんご運動公園野球場

    広島県立びんご運動公園野球場から見た成瀬善久成瀬善久

    2007年5月31日 広島対ロッテ戦 (N) 0-2 (勝:成瀬 S:小林雅 負:高橋) 8,841人広島県立びんご運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード