前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • 新井貴浩

    新井貴浩から見た成瀬善久成瀬善久

    は2005年以来の開幕ベンチスタートとなったが、4番・一塁を務めていた良太が故障離脱すると、代わって6番・一塁手でスタメンの機会を得た。開幕直後は絶不調であったが徐々に調子を上げていき、良太の復帰後も一塁の座を渡さずスタメン出場を続けた。交流戦からは5番に昇格し、6月8日の対千葉ロッテマリーンズ戦(阪神甲子園球場)で成瀬善久から本塁打を放ち、通算1,000打点を達成。オールスターゲームにも出場し、2戦目で決勝打を含む3安打1打点を挙げて阪神の選手では2006年の藤本敦士以来7年ぶりとなるMVPに選出され、さらに3戦目では2安打を放ち敢闘賞を獲得した。しかし後半戦は徐々に成績を落とし、終盤には5番を外されたりスタメン落ちすることもあった。シーズンを通して140試合に出場したものの、8月25日を最後に本塁打は1本も放てず、最終的に15本塁打に終わった。新井貴浩 フレッシュアイペディアより)

  • 木興拓哉

    木興拓哉から見た成瀬善久成瀬善久

    は二軍で最高勝率のタイトルを獲得するが、防御率は4点台で被本塁打数と暴投数は共にリーグ2位と内容は不安定だった。当時一軍の左投手には先発投手に成瀬善久、リリーフにYFKの藤田宗一、ワンポイントの高木晃次などがいたことに加え、以降は成績も向上しなかったことから一軍に昇格できず、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。木興拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 桂依央利

    桂依央利から見た成瀬善久成瀬善久

    2015年4月21日、対東京ヤクルトスワローズ戦5回裏の打席で成瀬善久からプロ入り初安打となるソロホームランを放った。自身の24歳の誕生日でもある2015年7月9日、対阪神タイガース戦11回裏より守備につくも、自身の捕逸などが絡みサヨナラ負けを喫した。その後は杉山翔大との併用が続き、チームの捕手では杉山に次ぐ46試合に出場した。桂依央利 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た成瀬善久成瀬善久

    【五輪】全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球日本代表の1次選考候補の追加10選手を発表した。唯一、プレオリンピック大会で好投した愛工大の長谷部康平投手がアマチュアから選出された。残る9選手は次のとおり。投手(5人)?武田勝(北海道日本ハム)、成瀬善久(千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、朝倉健太(中日)、渡辺亮(阪神)。内野手(3人)?川崎宗則(福岡ソフトバンク)、高須洋介(東北楽天)、中村紀洋(中日)。外野手(1人)?サブロー(千葉ロッテ)。最終候補選手30人は10月に発表される見通し。(5月7日のできごと参照。)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高谷裕亮

    高谷裕亮から見た成瀬善久成瀬善久

    ''、開幕から抹消されること無く一軍でシーズンを終え、自己最多の64試合に出場した。開幕から控えで起用されていたが、4月14日の対ロッテ戦で岩嵜翔と組み先発出場を果たすと、初回に先制され、味方の援護より前にさらに失点して敗戦し、6月中旬まで再び控え起用が続いた。精彩を欠いていた細川亨が6月下旬に二軍再調整となると、山崎勝己との競争に勝ち、7月から正捕手として先発出場が増え、7月6日からは19試合連続でスタメンマスクを被った。7月4日の対西武戦では4年ぶりに猛打賞を記録した。7月15日の対ロッテ戦では大谷智久から先制の犠牲フライを放ち、大隣憲司を2安打1四球1死球の完封勝利に導いた。8月24日の対ロッテ戦では、6回の打席でそれまで無失点と好投していた成瀬善久から二塁打を放ち出塁し、続く本多雄一がバントの構えからバットを引いたが高谷はアンツーカーを越えるほど大きく飛び出しており、本来なら慌てて帰塁する場面で三盗を選択して里崎智也が二塁へ送球する間に成功、その後動揺した成瀬からソフトバンク打線は一挙5得点した。しかし「ミスはミス」と秋山幸二監督の評価は厳しかった。また、この三盗が2014年シーズン終了時点で自身唯一の盗塁成功となっている。7月中旬以降は、各先発投手が敗戦を機に復帰した細川亨へ鞍替えしていき、8月下旬には再び正捕手を奪われた。レギュラーシーズンは最終的に34試合に先発出場し、フル出場した12試合では6勝6敗、1完封勝利だった。先発投手では新人の武田翔太と組み7試合で4勝1敗、大隣と9試合で7勝1敗(7連勝)だった。一方、前年に2桁勝利した攝津正とは6試合で2勝2敗と相性が悪かった。代打ではチーム3位タイの11打席に立ったが9打数1安打で打率.111、出塁率.200と期待には応えられなかった。高谷裕亮 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た成瀬善久成瀬善久

    、4月29日の対ロッテ戦(グッドウィルドーム)で成瀬善久から来日250号本塁打を放つ。733試合での250本塁打は元近鉄のラルフ・ブライアントに並ぶ最速タイ記録となった。7月に故障で欠場するが、7月31日の本拠地・グッドウィルドームでの対日本ハム戦で復帰した。しかし、復帰後は調子が上がらず、一時はリーグトップに立っていた打率も徐々に下がり、打撃三部門において前年から大きく数字を下げてしまった。来日後規定打席に到達しながら30本塁打に達しなかった初のシーズンとなり、不動の4番の座もG.G.佐藤に譲ることもたびたびあった。それでも打率.295(リーグ8位)、27本塁打(リーグ3位)、81打点(リーグ5位)で、打点と本塁打はチームトップだった。得点圏打率はチームトップの.331を記録。4年ぶり3度目のベストナイン(一塁手部門)を受賞した。10月30日、西武ライオンズがカブレラとの翌年の契約を結ばない方針であることが明らかになり、11月30日付で自由契約公示された。自由契約後はオリックス・バファローズが獲得に乗り出し交渉を行ったが、薬物疑惑(後述)により交渉は難航した。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た成瀬善久成瀬善久

    最優秀バッテリー賞:2回 (2005年、投手:渡辺俊介、2007年、投手:成瀬善久)※渡辺俊介とは同年齢で受賞したが、バッテリーが同年齢で受賞したケースはパ・リーグ初。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 江越大賀

    江越大賀から見た成瀬善久成瀬善久

    ''、新人ながら沖縄での一軍春季キャンプメンバーに抜擢されると、オープン戦で福岡ソフトバンクホークスの大隣憲司から本塁打を放つなどの活躍を経て、公式戦の開幕を一軍で迎えた。4月7日の対横浜DeNAベイスターズ戦(阪神甲子園球場)において、代打でプロ初安打を記録。同月28日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)に7番・中堅手でスタメンに起用されると、2回裏の第1打席(通算18打席目)で、成瀬善久からプロ初本塁打(3点本塁打)を放った。阪神の新人選手による一軍公式戦での初本塁打としては、の田淵幸一に次ぐ球団史上2位の早さで、甲子園で放った事例はの鳥谷敬以来であった。その後は、一軍と二軍を往復。二軍調整中の5月31日には、4番打者として出場した中日ドラゴンズとのウエスタン・リーグ公式戦で、3番・北條史也、5番・梅野隆太郎とのクリーンナップトリオでチーム35年振りの同リーグ公式戦3者連続本塁打を達成した。一軍公式戦では、7月下旬に2試合連続本塁打を放つなど、通算56試合の出場で5本塁打をマーク。また、通算打率は.214ながら、阪神の新人選手ではの赤星憲広・藤本敦士以来となるシーズン3回の猛打賞を達成した。チームのシーズン3位で迎えた読売ジャイアンツ(巨人)とのクライマックスシリーズ ファーストステージ(東京ドーム)では、全3試合に7番・中堅手としてスタメンで起用されると、通算で8打数2安打1得点を記録した。江越大賀 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た成瀬善久成瀬善久

    ''、キャンプは新人野手で唯一の一軍スタートとなった。正捕手の嶋基宏の離脱などもあり、6月20日に一軍初出場を果たす。同期入団の釜田佳直とルーキーバッテリーを組むなど一軍に定着、7月4日の千葉ロッテマリーンズ戦では成瀬善久からプロ初本塁打を放ち、8月26日の北海道日本ハムファイターズ戦(Kスタ宮城)では自身プロ入り初となるサヨナラヒット(内野安打)を放った。9月5日の日本ハム戦(東京ドーム)には同じく新人の島内宏明とのアベック本塁打を放つ。新人2人によるアベック本塁打はの中日ドラゴンズの大豊泰昭、山口幸司以来23年ぶり。9月8日の埼玉西武ライオンズ戦ではシーズン2本目となるサヨナラ打を涌井秀章から放つ。新人のサヨナラ安打2本は2002年の喜多隆志(ロッテ)以来10年ぶり、新人の代打でのサヨナラ安打は1992年の町田公二郎(広島)以来20年ぶり。フレッシュオールスターには「4番・捕手」として出場。その後もシーズン終了まで嶋に次ぐ第二捕手として一軍に帯同、新人ながら43試合に出場し、打撃では前述の2本のサヨナラ安打や打率.258と捕手としては高い打力を見せた。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高城俊人

    高城俊人から見た成瀬善久成瀬善久

    ''、一軍公式戦で自己最多の64試合に出場。打率が初めて2割を超えたほか、5月5日の対ヤクルト戦(横浜)4回裏に、成瀬善久から一軍公式戦での初本塁打を放った。高城俊人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード