70件中 11 - 20件表示
  • 平田徹

    平田徹から見た成瀬善久成瀬善久

    ポジションは捕手。松坂フィーバー冷め止まぬ1999年に横浜高校に入学し渡辺元智率いる野球部に入部。自身は全国高校野球選手権大会に2回出場経験があり、2年次にはベスト8、3年次には主将を務め上げ、畠山太、円谷英俊、荒波翔、成瀬善久らと共にベスト4まで進出した。高校卒業後、国際武道大学へ進学し野球を継続した。平田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚佳寛

    飯塚佳寛から見た成瀬善久成瀬善久

    その後はロッテスカウトを勤める。1994年、地元の有望選手である日産自動車の北川哲也投手の逆指名での獲得を目指し、ほぼ入団が決定していたが、彼は急遽ヤクルトを逆指名してしまう。そのことが当時GMを務めていた広岡達朗の逆鱗に触れ、まもなく解雇される。当時のマスコミには広岡流のチーム改革の例として取り上げられた。なお、広岡GM退任後に復帰、里崎智也、成瀬善久、内竜也らを発掘した。飯塚佳寛 フレッシュアイペディアより)

  • 平野貴志

    平野貴志から見た成瀬善久成瀬善久

    その後桐蔭学園中に進学して軟式野球部に所属し、3年時に全国大会優勝を経験。また桐蔭学園高等学校では2003年のセンバツにエースとして出場。2回戦で鳴門工に5対0で敗退した。同年の夏は神奈川大会準決勝で横浜高校の成瀬善久と延長12回まで投げ合うも4対2で敗退し、甲子園出場は叶わなかった。平野貴志 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎隆広

    山崎隆広から見た成瀬善久成瀬善久

    初打席・初安打:同上、2回表に成瀬善久から左前安打山崎隆広 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た成瀬善久成瀬善久

    実況:上野智広、解説:大塚光二、ゲスト:成瀬善久(千葉ロッテ)、リポーター:中川充四郎、高橋将市、スタンドリポーター:キングオブコメディ(お笑いコンビ)2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た成瀬善久成瀬善久

    実況:田中友英、解説:浜名千広、ゲスト:成瀬善久(千葉ロッテ) リポーター:櫻井浩二2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 白濱裕太

    白濱裕太から見た成瀬善久成瀬善久

    広陵高では1年から捕手に転向し、西村健太朗とバッテリーを組み、2年から春夏合わせて4回連続甲子園出場。2年春選抜大会は報徳学園高、同年夏選手権は明徳義塾高とそれぞれ優勝チームに敗れたが、3年春は決勝戦で横浜高校の成瀬善久、涌井秀章を打ち崩し、圧勝して全国制覇した。同年夏は2回戦で敗退した。高校通算28本塁打。白濱裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川洋平

    柳川洋平から見た成瀬善久成瀬善久

    成瀬善久(現・ロッテ)とは旧知の仲である。柳川洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原通

    藤原通から見た成瀬善久成瀬善久

    のファーム日本選手権では、千葉ロッテマリーンズの成瀬善久から、喜田剛・桜井広大とともに3者連続本塁打を放っている。この年オフ、結婚を発表。藤原通 フレッシュアイペディアより)

  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た成瀬善久成瀬善久

    は4月12日のロッテ戦に相手先発が左投手の成瀬善久だったこともあり開幕スタメン出場し、2安打を記録。5月8日の西武戦では2年ぶりとなるホームランを帆足和幸から放った。しかし打率は一割台に低迷し、5月19日には左脇腹肉離れで二軍落ちとなった。8月に再昇格するも、なかなか調子を上げられないままシーズンを終えた。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード