70件中 21 - 30件表示
  • 濱中治

    濱中治から見た成瀬善久成瀬善久

    移籍初年度のは、6番・右翼手として開幕戦にスタメン出場。4月1日の対西武戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対楽天戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ラン、5月6日の対ロッテ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打をたびたび放った。しかし、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。7月中旬に一旦2軍降格、8月初旬に1軍に復帰した。復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。最終的には85試合に出場して打率.253、9本塁打の成績に終わった。前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た成瀬善久成瀬善久

    ロ: ○成瀬(9回)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 第24回アジア野球選手権大会

    第24回アジア野球選手権大会から見た成瀬善久成瀬善久

    2007年12月2日の日本?韓国戦で、韓国代表のオーダーが試合開始前にバックスクリーンに表示されているオーダーとは異なっているという問題が起こった。星野監督は1時間前にオーダーを受け取っていたという。しかし実際のオーダーは先発投手が右投手の柳済国から左投手の田炳浩に、打線も1から6番までが日本の先発左腕成瀬善久を意識してか、右打者をズラリと並べたオーダーであった。星野監督も試合前に審判に確認したものの、異なるオーダーが認められてそのままで試合が進んだ。試合は日本が4-3で韓国代表に勝利した。第24回アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 10月13日

    10月13日から見た成瀬善久成瀬善久

    1985年 - 成瀬善久、プロ野球選手10月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 金廣鉉

    金廣鉉から見た成瀬善久成瀬善久

    日本の野球ファンやプロ野球解説者の間では、しばしば同い年である東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大に例えて紹介することが多く、「韓国の田中」と呼ばれることもある。しばしば日本の成瀬善久とともに特集される。金廣鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た成瀬善久成瀬善久

    横浜高校では1年生からベンチ入りし、春の甲子園に左翼手で出場し準優勝。夏の甲子園にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章(西武)、1年先輩に成瀬善久(ロッテ)、荒波翔(DeNA)、2年後輩に福田永将(中日)、佐藤賢治(日本ハム)がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た成瀬善久成瀬善久

    10月13日 - 成瀬善久(栃木県、野球)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見た成瀬善久成瀬善久

    初安打:2008年3月22日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(札幌ドーム)、2回裏1死に成瀬善久から右翼線二塁打ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 荒波翔

    荒波翔から見た成瀬善久成瀬善久

    横浜高校へ進学。同級生には成瀬善久、1学年下には石川雄洋、涌井秀章がいた。1年からレギュラーとして活躍。1年の夏に甲子園に出場し1番センターでスタメン出場し、ベスト4。3年の春の選抜では2回戦の明徳義塾高戦で自打球により骨折してしまい、以後の試合を欠場してしまう。チームは準優勝。 3年夏は神奈川県大会準優勝。荒波翔 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋健二

    土屋健二から見た成瀬善久成瀬善久

    腕の出どころが見づらい投球フォームが似ているため、同じ横浜高校出身の成瀬善久と比較されることが多い。そのため「成瀬二世」と呼ばれることもあるが、本人の目標とする投手は杉内俊哉。理由は「直球で三振を取れるから」である。周囲から「成瀬のようなフォームで投げろ」と言われた際は、聞かないようにしていたという。土屋健二 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード