97件中 21 - 30件表示
  • 牧田明久

    牧田明久から見た成瀬善久成瀬善久

    開幕一軍入りを果たすとトッド・リンデンや宮出隆自が不振に陥ったため左翼手としての出場機会が増加。8月13日の対ロッテ戦では成瀬善久から3年ぶりの本塁打を放つ。その後、長年に渡り課題とされていたバッティングで9月に月間4本塁打を記録し、終盤にはレギュラーとして定着。規定打席には達しなかったものの打率.291、6本塁打と長打力不足に喘ぐチームで奮闘した。反面、200打席近くに立ちながら4四球と選球眼に課題を残した。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎匡哉

    尾崎匡哉から見た成瀬善久成瀬善久

    初打席:同上、9回表に成瀬善久から三塁ゴロ失策尾崎匡哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の千葉ロッテマリーンズ

    2013年の千葉ロッテマリーンズから見た成瀬善久成瀬善久

    6月1日 - 成瀬善久が対巨人戦(QVCマリン)の3回に寺内崇幸からNPB通算1000奪三振、史上134人目2013年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年アジア野球選手権大会

    2007年アジア野球選手権大会から見た成瀬善久成瀬善久

    2007年12月2日の日本?韓国戦で、韓国代表のオーダーが試合開始前にバックスクリーンに表示されているオーダーとは異なっているという問題が起こった。星野監督は1時間前にオーダーを受け取っていたという。しかし実際のオーダーは先発投手が右投手の柳済国から左投手の田炳浩に、打線も1から6番までが日本の先発左腕成瀬善久を意識してか、右打者をズラリと並べたオーダーであった。星野監督も試合前に審判に確認したものの、異なるオーダーが認められてそのままで試合が進んだ。試合は日本が4-3で韓国代表に勝利した。2007年アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た成瀬善久成瀬善久

    ''に高波が楽天へ移籍したこともあり、佐藤は守備をアピールして再びレギュラーを狙った。開幕直後は「赤田将吾の長期戦線離脱」と「福地が左投手を苦手としていること」などの理由から、中堅手のレギュラーを獲得し、一時は.300を越える打率を残した。しかし、その後は不調に陥り、打率が.222と振るわず、レギュラー確保はならなかった。右投手からは打率.120だが左投手から打率.266と、この年も左投手キラー振りを発揮した。最優秀防御率を獲得した左投手の成瀬善久からも.300に近い打率を残した。左投手の時だけ、1番・中堅手で先発出場という起用が多かった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀英彦

    古賀英彦から見た成瀬善久成瀬善久

    帰国後は叔母のツテを頼って大洋ホエールズの打撃投手兼通訳(1973年 - )を務める。に太平洋クラブライオンズで一軍投手コーチ補佐(登録名はハイデー古賀)、その後は南海ホークスなどで通訳、編成担当を歴任。南海の後身である福岡ダイエーホークス職員だったから3年間、日本人として初めてマイナーリーグ1Aのサリナス・スパーズの監督に就任(サリナスとダイエーは懇意の関係にあった)、ダイエー(村松有人など)やヤクルト(河野亮など)からの派遣選手や、後にダイエーにドラフト1位で入団する大越基やメジャーリーガーとなるマック鈴木らを指導している。ハワイ・ウィンターリーグ球団のコーチ・監督を経て、からは旧知の仲である専務の根本陸夫の要請で福岡ダイエーホークスに復帰。ヘッドコーチ、二軍監督を務め、松中信彦や吉武真太郎らを育てたほか、外国人選手の通訳、外国人の世話係を兼務した(まで)。にはアメリカ独立リーグのウエスタン・ベースボール・リーグに加盟するソノマカウンティ・クラッシャーズでティム・アイルランドが監督の下、ケビン・ミッチェルと共にベンチコーチを務めた。なお、ホークス時代一緒に在籍していた佐々木誠も選手としてプレーしていた。からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、、にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった。からスコアラーを1年間務めて同年オフ、ボビー・バレンタイン監督の退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た成瀬善久成瀬善久

    4月5日 - ソフトバンクの大場翔太が対ロッテ戦(千葉)で球団新記録の16奪三振で、全員三振を達成。パ・リーグ史上10人目、全員からの16奪三振はリーグタイ記録、完投で達成は4人目で全員奪三振での16奪三振は新記録。試合は3対0でソフトバンクが勝利、敗れたロッテの成瀬善久は自身の連勝を11を止めると共に、対パリーグ戦の連勝を16、千葉マリンでの連勝を9でそれぞれ止めている。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た成瀬善久成瀬善久

    千葉ロッテマリーンズの成瀬善久が対ソフトバンク戦で通算1000投球回数、プロ野球史上325人目。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た成瀬善久成瀬善久

    6月1日 - ロッテの成瀬善久が対巨人戦(QVCマリン)の3回に寺内崇幸からNPB通算1000奪三振、史上134人目2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 金城龍彦

    金城龍彦から見た成瀬善久成瀬善久

    100本塁打:2013年5月25日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(横浜スタジアム)、5回裏に成瀬善久から左越ソロ ※史上268人目(スイッチヒッターでは7人目)金城龍彦 フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード