70件中 41 - 50件表示
  • 内竜也

    内竜也から見た成瀬善久成瀬善久

    シーズンの大半を二軍で過ごし、一軍では主に敗戦処理としての登板が多かったが、9月28日、29日と好リリーフで二日連続の勝ち星を挙げ、雨で流れた後のシーズン最終戦である10月1日も成瀬善久の後を受けて好投し、ホールドを挙げた。この3連戦は負ければCS出場の可能性がなくなるという大一番であり、大舞台での強さを見せた。内竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 山本省吾

    山本省吾から見た成瀬善久成瀬善久

    は中継ぎとして開幕を迎えたが、4月1日の対西武戦で光原逸裕が1死も取れず降板したため、2番手で登板すると5回無失点に抑え、その間に味方打線が逆転して同年初勝利を挙げるなど、主にビハインドの場面で結果を残した。その後も先発陣の離脱が相次いだため、4月8日の対ソフトバンク戦から先発に転向。4月23日の対日本ハム戦ではプロ初完投・初完封勝利を挙げ、先発ローテーション唯一の左腕として活躍した。8月以降はやや成績を落としたが、最終的に10勝6敗、防御率3.38の成績を挙げ、初の規定投球回到達と2桁勝利を達成。規定投球回に達した投手の中では杉内俊哉・成瀬善久と並んでリーグ最少の38四死球と制球の良さを見せた。本拠地である京セラドーム大阪とスカイマークスタジアムでは4勝ずつを挙げ、クライマックスシリーズ進出を争った日本ハムから4勝、ロッテから3勝を挙げ、チームの9年ぶりとなるAクラス入りに貢献した。同年はプロ入り時の監督でもある梨田昌孝による監督推薦でオールスターゲームにも初出場し、2回を無安打無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。山本省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 福谷浩司

    福谷浩司から見た成瀬善久成瀬善久

    具体的には、球の出所の見づらさの画像研究でリリースの瞬間が見づらい投手として福谷が?研究対象?としたのがロッテの成瀬善久。モニター上で肩・肘・手首の位置をマーキングして、フォームを解析し、結論として出したのは「体の回転幅を抑えることが?見づらさ?につながる」というもの。福谷浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 東野峻

    東野峻から見た成瀬善久成瀬善久

    初打点:2010年5月15日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(東京ドーム)、2回裏に成瀬善久から左前適時打東野峻 フレッシュアイペディアより)

  • 高口隆行

    高口隆行から見た成瀬善久成瀬善久

    初盗塁:2008年9月28日、対千葉ロッテマリーンズ23回戦(札幌ドーム)、5回裏に二盗(投手:成瀬善久、捕手:里崎智也)高口隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀英彦

    古賀英彦から見た成瀬善久成瀬善久

    からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、、にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった。からスコアラーを1年間務め同年オフ、監督ボビー・バレンタインの退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た成瀬善久成瀬善久

    投手:11大嶺祐太、12吉見祐治、14大谷智久、15上野大樹、17成瀬善久、19唐川侑己、21内竜也、27古谷拓哉、28根本朋久、29小野晋吾、30伊藤義弘、31渡辺俊介、41小林宏、44ヘイデン・ペン、46川越英隆、48秋親、49薮田安彦、69ビル・マーフィー2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤのA

    ダイヤのAから見た成瀬善久成瀬善久

    単行本の帯で和田毅、杉内俊哉(元福岡ソフトバンクホークス)、佐々木主浩(元横浜ベイスターズ・現解説者)や成瀬善久、唐川侑己(千葉ロッテマリーンズ)、松井秀喜(ロサンゼルス・エンゼルス)、村田修一(横浜ベイスターズ)、由規(東京ヤクルトスワローズ)、阿部慎之助、藤井秀悟、坂本勇人、澤村拓一(読売ジャイアンツ)、T-岡田(オリックス・バファローズ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)、前田健太、堂林翔太(広島東洋カープ)、内川聖一(福岡ソフトバンクホークス)がコメントを寄せている。ダイヤのA フレッシュアイペディアより)

  • 千葉マリンスタジアム

    千葉マリンスタジアムから見た成瀬善久成瀬善久

    ロッカールームの再現。選手から寄贈を受けた使用済みのスパイクやグローブ、バット他が置かれており、里崎智也がワールド・ベースボール・クラシックに出場した際に着用した日本代表ユニフォーム、成瀬善久が北京オリンピック野球日本代表として出場した際に着用したベースボールキャップとグラウンドコートも飾られている。千葉マリンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 自責点

    自責点から見た成瀬善久成瀬善久

    【実例】2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第1戦(埼玉西武対千葉ロッテ)で、千葉ロッテの先発投手成瀬善久は、7回まで1失点(自責点1)に抑え、8回表の先頭打者に安打を喫したところで降板した。後続の内竜也投手は無死一・二塁から先頭打者を三塁でフォースアウトとしたが、その後満塁として走者全員を生還させた。この場面では成瀬に1失点(計2失点)、内に3失点(エラーが絡んだため自責点は1)が記録されている。自責点 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード