97件中 51 - 60件表示
  • 山本省吾

    山本省吾から見た成瀬善久成瀬善久

    は中継ぎとして開幕を迎えたが、4月1日の対西武戦で光原逸裕が1死も取れず降板したため、2番手で登板すると5回無失点に抑え、その間に味方打線が逆転して同年初勝利を挙げるなど、主にビハインドの場面で結果を残した。その後も先発陣の離脱が相次いだため、4月8日の対ソフトバンク戦から先発へ転向。4月23日の対日本ハム戦ではプロ初完投・初完封勝利を挙げ、先発ローテーション唯一の左腕として活躍した。8月以降はやや成績を落としたが、最終的に10勝6敗、防御率3.38の成績を挙げ、初の規定投球回到達と2桁勝利を達成。規定投球回に達した投手の中では杉内俊哉・成瀬善久と並んでリーグ最少の38四死球と制球の良さを見せた。本拠地である京セラドーム大阪とスカイマークスタジアムでは4勝ずつを挙げ、クライマックスシリーズ進出を争った日本ハムから4勝、ロッテから3勝を挙げ、チームの9年ぶりとなるAクラス入りに貢献した。同年はプロ入り時の監督でもある梨田昌孝による監督推薦でオールスターゲームにも初出場し、2回を無安打無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。山本省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た成瀬善久成瀬善久

    12月15日 - 第1次候補者34人(投手16人、捕手4人、内野手8人、外野手6人)が発表された。北京オリンピックで代表に選ばれた選手の内、1次候補発表前に辞退した選手を除くと、G.G.佐藤、成瀬善久、西岡剛、川上憲伸、荒木雅博は選出されなかった。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 上野大樹

    上野大樹から見た成瀬善久成瀬善久

    東洋大4年の2008年から使い始めた黄色(正確にはナチュラルライム色)のグラブがトレードマーク。大学時代時はチーム内でも地味な存在だったが、最上学年になる際にもっと自分を出そうと決心して形にしたもので、HEROの刺繍も名前のもじりとヒーローになるんだという意思も表している。新しいグラブが届くと2時間以上をかけて油で磨き、1ヶ月は使わない。そうすることで長持ちし色落ちもしにくいと言う。努力家で、2014年までのチームメイトだった成瀬善久が舌を巻くほど練習へ熱心に取り組んでいた。上野大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た成瀬善久成瀬善久

    ''は、新監督大矢明彦の意向によって、外野手から一塁手にコンバートされ、一塁手で137試合に先発出場、他ポジションにはつかなかった。前年ほどの打率は残せず主に6番で起用された。4月10日に石川雅規、8月7日にセス・グライシンガー(2打席連続)から1試合2本塁打を記録。7月4日、7月7日、7月8日には3試合連続本塁打を放った。6月9日の対千葉ロッテ戦ではこの日まで6勝0敗だった(後に16勝1敗で終える)先発成瀬善久から0対0の同点で迎えた4回裏二死二塁に右中間スタンドへ先制決勝ツーランホームランを放ち唯一の黒星を付けた。9月1日の対巨人戦、先発の秦裕二が2回表に6失点と0対6で始まった試合、自身以外の味方打者が奮起して同点にもつれこんだ9回、打席に向かう前のベンチ裏で監督の大矢から打ち気にはやる余り、体が突っ込み気味だったことを指摘されると、一死無走者で迎えた第4打席で豊田清のフォークボールを低い弾道で左翼席に突き刺し、プロ入り初のサヨナラ打を生涯初のサヨナラ本塁打で決め、6点差からの逆転でチームを勝率5割に復帰させた。開幕から一度も抹消されることなく自身初の規定打席に到達し、ともにチーム2位の24本塁打、85打点を記録した。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 荒波翔

    荒波翔から見た成瀬善久成瀬善久

    中学校卒業後は、横浜高校へ進学。同級生には成瀬善久、1学年下には石川雄洋、涌井秀章がいた。1年からレギュラーに定着すると、夏の選手権全国大会では「1番・中堅手」としてチームの準決勝進出に貢献した。3年春の選抜高等学校野球大会では、明徳義塾高校との2回戦の打席で、自打球によって骨折。以降の試合を欠場したが、チームは準優勝を果たした。 3年生の夏は、選手権の神奈川大会決勝で敗退。荒波翔 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見た成瀬善久成瀬善久

    3500塁打:2009年9月25日、対千葉ロッテマリーンズ22回戦(千葉マリンスタジアム)、2回表に成瀬善久から右越安打 ※史上23人目(外国人選手初)タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見た成瀬善久成瀬善久

    12月17日、同年に千葉ロッテマリーンズからFAでスワローズに移籍した成瀬善久の代わり(人的補償ならぬ“鳥的補償”)として、マリーンズがつば九郎の獲得をぶち上げた。元々マリーンズとつば九郎は、同年5月に交流戦限定のコラボグッズを発売するなど浅からぬ縁があった。マリーンズでは「神宮で試合がないときだけQVCマリンに来てもらう」という『二刀流』を認める妥協案も提示し獲得を狙ったが、最終的につば九郎がスワローズ残留を決めたため獲得はならなかった。なお2015年1月に行われた契約更改では、年俸25%減の9000円(+ヤクルト製品飲み放題)と初の年俸ダウンとなった。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た成瀬善久成瀬善久

    10月13日 - 成瀬善久(栃木県、野球)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 平野貴志

    平野貴志から見た成瀬善久成瀬善久

    その後桐蔭学園中に進学して軟式野球部に所属し、3年時に第17回全日本少年軟式野球大会でエースとして優勝に貢献。また桐蔭学園高等学校では2003年のセンバツにエースとして出場。1回戦では藤井宏海擁する福井工大福井高校に3対2で勝利したが、2回戦で鳴門工に5対0で敗退した。同年の夏は神奈川大会準々決勝で横浜高校の成瀬善久と延長12回まで投げ合うも4対2で敗退し、甲子園出場は叶わなかった。平野貴志 フレッシュアイペディアより)

  • 京成バス

    京成バスから見た成瀬善久成瀬善久

    なおこのバスが運行する幕01系統の路線バスでは、2006年(平成18年)3月より千葉ロッテマリーンズの選手たちの車内アナウンスを聞く事ができ、多くの注目を集めた。2011年(平成23年)現在では荻野貴司、成瀬善久らが車内アナウンスを担当している。なお、過去においてはボビー・バレンタイン、ベニー・アグバヤニ、マット・ワトソン、今江敏晃、渡辺俊介、唐川侑己、大松尚逸らが担当していた。京成バス フレッシュアイペディアより)

97件中 51 - 60件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード