97件中 61 - 70件表示
  • 招き猫

    招き猫から見た成瀬善久成瀬善久

    東京ヤクルトスワローズの成瀬善久投手は招き猫のような投げ方から、投球フォームに招き猫投法というニックネームをつけられている。招き猫 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣勇人

    新垣勇人から見た成瀬善久成瀬善久

    中学生時代は入学時から「相模原南シニア」でプレーしていた。この時のチームメイトに、後に日本ハムでもチームメイトになる市川友也がいた。1年時に同クラブを辞め、通学していた相模原市立上溝中学校の野球部に入部。2年時からエースを任され、3年時には神奈川県大会で優勝、関東中学校軟式野球大会に出場した。この大会の準決勝では、元ロッテ・現ヤクルトスワローズの成瀬善久(小山市立桑中学校)と対戦し、勝利している。決勝戦では、千葉県旭市立第二中学校に敗れ、準優勝であった。全国中学校軟式野球大会では、初戦で北信越代表の星稜中学校と対戦。この試合には、元広島東洋カープのとして鈴木将光が1年生の4番打者として出場していた。新垣勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦稔大

    杉浦稔大から見た成瀬善久成瀬善久

    'は、成瀬善久、ルーキー原樹理らとのローテーション争いに負け、初の中継ぎを経験するも適性がなく二軍落ち。その後先発として6月19日に一軍復帰したが、怪我により離脱。秋に復帰し勝ち星をあげた。防御率はキャリア最低ながら勝ち星はキャリア最多の3勝をあげた。オフに背番号を「58'」へ変更。杉浦稔大 フレッシュアイペディアより)

  • 10月13日

    10月13日から見た成瀬善久成瀬善久

    1985年 - 成瀬善久、プロ野球選手10月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡貴裕

    藤岡貴裕から見た成瀬善久成瀬善久

    スリークォーターから平均球速約139km/h、最速153km/h(プロ入り後の最速は150km/h)のストレートと縦横二種類のスライダー、カーブ、稀にフォークを投げ分ける。投球のほとんどがストレートかスライダーである。決め球であるスライダーを中心に奪三振能力は高いが、プロ入り前に高く評価されていた制球力はプロ入り後の通算与四球率3.59と精彩を欠く。また2014年度は被本塁打が規定未到達ながらリーグトップであった。2012年度シーズンのオフに、同僚の成瀬善久からチェンジアップを伝授されたが、実戦では一度も投げていない。藤岡貴裕 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬心美

    成瀬心美から見た成瀬善久成瀬善久

    「成瀬心美」という芸名は、マネージャーが元々「心美」と付けたかったことと、たまたまテレビで野球を見た時に登板していた「成瀬善久」から「成瀬」の苗字をもってきて「成瀬心美」となった。成瀬心美 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡弘

    松岡弘から見た成瀬善久成瀬善久

    現役時代の背番号17は、「ヤクルトのエースナンバー」として、松岡の引退後に先発型右腕の川崎憲次郎や川島亮に引き継がれていた(2015年シーズンは先発型左腕の成瀬善久が着用)。松岡弘 フレッシュアイペディアより)

  • 中川大志 (野球)

    中川大志 (野球)から見た成瀬善久成瀬善久

    には、イースタン・リーグ公式戦の開幕から高打率を記録。一軍の打線が総じて不振だったことも背景に、5月4日から一軍へ昇格した。5月4日、6日の北海道日本ハムファイターズ戦ではそれぞれ5年ぶりとなる安打・打点を記録し、5月10日のソフトバンク戦ではプロ初本塁打を放った。5月21日の日本ハム戦では初の4番を経験。5月31日の巨人戦ではプロ初となるサヨナラ本塁打を放ち、チーム9年ぶりとなる巨人戦のカード勝ち越しをもたらした。6月4日の東京ヤクルトスワローズ戦では成瀬善久から自身初の2打席連続本塁打を放った。しかし、その後は本塁打どころか安打も出ずに不振に陥る。自身最高の記録を残したが、結局シーズン5本塁打に終わった。中川大志 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 比屋根渉

    比屋根渉から見た成瀬善久成瀬善久

    初本塁打:2013年5月18日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(明治神宮野球場)、5回裏に成瀬善久から左越2ラン比屋根渉 フレッシュアイペディアより)

  • 岩橋慶侍

    岩橋慶侍から見た成瀬善久成瀬善久

    憧れのプロ野球選手は、同じ左腕投手のロッテからFA移籍により同僚となった成瀬善久岩橋慶侍 フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード