前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た岩隈久志

    はオープン戦で16回を15失点と不調だったが、自身初の開幕投手に指名された。横浜高校の後輩でもある西武の涌井秀章と投げ合い、5回まで無安打に抑えるも7回に2被弾(中島裕之とディー・ブラウン)を浴び、逆転される。打線も1点に抑えられ、3安打2失点完投も敗戦投手となった。なお、ダルビッシュ有、岩隈久志も開幕投手として登板し完投負けを喫していたため、開幕投手が3人揃って完投負けしたこととなった。この珍事は実に50年ぶりとなる。シーズンではチーム最多の13勝を挙げ、203.2イニングを投げ完投7、無四球試合4、192奪三振、WHIPは1.02の好成績を残した。しかし、被本塁打が激増し29本を浴び、11敗を喫した。対オリックス戦では7戦7勝と抜群の相性を誇り、最終戦でも勝利し、チームをCS進出に導いた。公式戦で唯一の完封も4月17日の千葉マリンスタジアムのオリックス戦で挙げている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た杉内俊哉

    ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションからのスリークォーターで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約133km/h、最速147km/hのストレートとチェンジアップ、通算与四球率1.71の抜群の制球力を武器に三振を奪い、スライダーとカーブも投げ分ける。カーブは2007年以来コントロールに自信がないという理由で封印していたが、2010年に投手コーチに就任した西本聖に「完璧にコントロールできなくてもいい。変化も大きくて使える」と助言されたことで同年から投げ始めた。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た桜井広大

    は故障の影響もありシーズン前半を棒に振る。後半からは二軍で安定した成績を残した。しかし一軍の壁は厚く初登板はプロ入り三年目の5月17日に一軍昇格し、対横浜ベイスターズ戦でプロ初登板初先発初勝利を飾る。一軍最後の登板では初完封を達成し、結果的に13試合全て先発登板で5勝をあげ先発ローテーション定着を果たす。しかし、シーズン終了後の阪神タイガースとのファーム日本選手権では喜田 - 桜井 - 藤原に3者連続本塁打を浴び敗戦投手となった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た山本省吾

    小山市立桑中学校在学時はエースとして第22回全国中学校軟式野球大会に出場。1試合16奪三振と毎回奪三振の大会記録を樹立しチームを全国第3位に導く(毎回奪三振は長谷川滋利、山本省吾らも記録している)。なお、同中学の2年先輩には東京ヤクルトスワローズの飯原誉士がおり、成瀬が1年時のエースは飯原であった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た清水直行

    ロッテでのニックネームは「ニャー」(彼の投球フォームに由来)。これにちなみ、2008年シーズンからのマッチデープログラムでは、終了した清水直行のエッセイ『やるしかないねん』の跡を継ぎ『なんとかニャルセ』を担当。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た井納翔一

    初打点:2016年5月20日、対横浜DeNAベイスターズ9回戦(明治神宮野球場)、5回裏に井納翔一から中前適時打成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た長谷川滋利

    小山市立桑中学校在学時はエースとして第22回全国中学校軟式野球大会に出場。1試合16奪三振と毎回奪三振の大会記録を樹立しチームを全国第3位に導く(毎回奪三振は長谷川滋利、山本省吾らも記録している)。なお、同中学の2年先輩には東京ヤクルトスワローズの飯原誉士がおり、成瀬が1年時のエースは飯原であった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た里崎智也

    最優秀バッテリー賞:1回 (2007年、捕手:里崎智也成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た寺内崇幸

    1000奪三振:2013年6月1日、対読売ジャイアンツ4回戦(QVCマリンフィールド)、3回表に寺内崇幸を見逃し三振で達成 ※史上134人目成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た武田勝

    は開幕ローテーション入りし、16勝1敗、防御率1.81。オールスターに出場、月間MVPを二度受賞し、最優秀防御率、最優秀投手を獲得した。この年の黒星は交流戦(横浜戦)のみで、パ・リーグ球団との試合では無敗であった。しかし、北海道日本ハムファイターズとのクライマックスシリーズ第2ステージ最終戦では敗戦を喫した。援護率5.64はリーグトップで、与四球27は規定投球回に到達した投手では武田勝の17についで2位。ちなみに、防御率1点台、勝率9割台でシーズンを終えた投手が出たのは1959年の杉浦忠以来48年ぶり、2リーグ制以後では史上2人目である。西武・日本ハムには強く、それぞれ6勝0敗(7試合)・4勝(4試合)を挙げる一方で、東北楽天ゴールデンイーグルスには2試合先発して0勝0敗、防御率は4点台と相性が悪かった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード