78件中 41 - 50件表示
  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た横浜スタジアム

    初登板・初先発・初勝利:2006年5月17日、対横浜ベイスターズ2回戦(横浜スタジアム)、6回2/3を3失点(自責点2)成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た最優秀投手

    は開幕ローテーション入りし、16勝1敗、防御率1.81。オールスターに出場、月間MVPを二度受賞し、最優秀防御率、最優秀投手を獲得した。この年の黒星は交流戦(横浜戦)のみで、パ・リーグ球団との試合では無敗であった。しかし、北海道日本ハムファイターズとのクライマックスシリーズ第2ステージ最終戦では敗戦を喫した。援護率5.64はリーグトップで、与四球27は規定投球回に到達した投手では武田勝の17についで2位。ちなみに、防御率1点台、勝率9割台でシーズンを終えた投手が出たのは1959年の杉浦忠以来48年ぶり、2リーグ制以後では史上2人目である。西武・日本ハムには強く、それぞれ6勝0敗(7試合)・4勝(4試合)を挙げる一方で、東北楽天ゴールデンイーグルスには2試合先発して0勝0敗、防御率は4点台と相性が悪かった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た千葉マリンスタジアム

    はオープン戦で16回を15失点と不調だったが、自身初の開幕投手に指名された。横浜高校の後輩でもある西武の涌井秀章と投げ合い、5回まで無安打に抑えるも7回に2被弾(中島裕之とディー・ブラウン)を浴び、逆転される。打線も1点に抑えられ、3安打2失点完投も敗戦投手となった。なお、ダルビッシュ有、岩隈久志も開幕投手として登板し完投負けを喫していたため、開幕投手が3人揃って完投負けしたこととなった。この珍事は実に50年ぶりとなる。シーズンではチーム最多の13勝を挙げ、203.2イニングを投げ完投7、無四球試合4、192奪三振、WHIPは1.02の好成績を残した。しかし、被本塁打が激増し29本を浴び、11敗を喫した。対オリックス戦では7戦7勝と抜群の相性を誇り、最終戦でも勝利し、チームをCS進出に導いた。公式戦で唯一の完封も4月17日の千葉マリンスタジアムのオリックス戦で挙げている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たクライマックスシリーズ

    は開幕ローテーション入りし、16勝1敗、防御率1.81。オールスターに出場、月間MVPを二度受賞し、最優秀防御率、最優秀投手を獲得した。この年の黒星は交流戦(横浜戦)のみで、パ・リーグ球団との試合では無敗であった。しかし、北海道日本ハムファイターズとのクライマックスシリーズ第2ステージ最終戦では敗戦を喫した。援護率5.64はリーグトップで、与四球27は規定投球回に到達した投手では武田勝の17についで2位。ちなみに、防御率1点台、勝率9割台でシーズンを終えた投手が出たのは1959年の杉浦忠以来48年ぶり、2リーグ制以後では史上2人目である。西武・日本ハムには強く、それぞれ6勝0敗(7試合)・4勝(4試合)を挙げる一方で、東北楽天ゴールデンイーグルスには2試合先発して0勝0敗、防御率は4点台と相性が悪かった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た横浜DeNAベイスターズ

    は故障の影響もありシーズン前半を棒に振る。後半からは二軍で安定した成績を残した。しかし一軍の壁は厚く初登板はプロ入り三年目の5月17日に一軍昇格し、対横浜ベイスターズ戦でプロ初登板初先発初勝利を飾る。一軍最後の登板では初完封を達成し、結果的に13試合全て先発登板で5勝をあげ先発ローテーション定着を果たす。しかし、シーズン終了後の阪神タイガースとのファーム日本選手権では喜田 - 桜井 - 藤原に3者連続本塁打を浴び敗戦投手となった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    CSファイナルステージの対戦相手であるソフトバンクには、シーズンでは防御率こそ3.32だったものの0勝4敗と相性が悪かった。しかし、第1戦はファーストステージ第1戦(対西武、7回0/3、2失点)から中4日で1失点完投勝利を挙げると、更に最終戦となった第6戦にも連続中4日で登板し、4安打完封勝利を挙げるなど、全く危なげなく連勝。同制度下ではシーズン3位チーム初の日本シリーズ進出に大きく貢献し、MVPに輝いた。日本シリーズでも、第1戦と第6戦に先発し、第1戦では2失点に抑え勝利し、自身初の日本シリーズの勝利投手となった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た第75回選抜高等学校野球大会

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗‐白濱裕太のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年度ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けて入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た本塁打

    はオープン戦で16回を15失点と不調だったが、自身初の開幕投手に指名された。横浜高校の後輩でもある西武の涌井秀章と投げ合い、5回まで無安打に抑えるも7回に2被弾(中島裕之とディー・ブラウン)を浴び、逆転される。打線も1点に抑えられ、3安打2失点完投も敗戦投手となった。なお、ダルビッシュ有、岩隈久志も開幕投手として登板し完投負けを喫していたため、開幕投手が3人揃って完投負けしたこととなった。この珍事は実に50年ぶりとなる。シーズンではチーム最多の13勝を挙げ、203.2イニングを投げ完投7、無四球試合4、192奪三振、WHIPは1.02の好成績を残した。しかし、被本塁打が激増し29本を浴び、11敗を喫した。対オリックス戦では7戦7勝と抜群の相性を誇り、最終戦でも勝利し、チームをCS進出に導いた。公式戦で唯一の完封も4月17日の千葉マリンスタジアムのオリックス戦で挙げている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た広島県立びんご運動公園野球場

    初安打:2007年5月31日、対広島東洋カープ2回戦(しまなみ球場)、4回表に高橋建から遊撃内野安打成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た横浜商科大学高等学校

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗‐白濱裕太のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年度ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けて入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード