69件中 51 - 60件表示
  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た横浜商科大学高等学校

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗(現:読売ジャイアンツ)‐白濱裕太(現:広島東洋カープ)のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章(現:埼玉西武ライオンズ)をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年のドラフト6巡目で千葉ロッテマリーンズに指名され入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た広陵高等学校 (広島県)

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗(現:読売ジャイアンツ)‐白濱裕太(現:広島東洋カープ)のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章(現:埼玉西武ライオンズ)をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年のドラフト6巡目で千葉ロッテマリーンズに指名され入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たチェンジアップ

    ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約137km/h、最速147km/hのストレートとチェンジアップ、高い制球力を武器に三振を奪い、スライダーとカーブも投げ分ける。。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た千葉マリンスタジアム

    初完投勝利:2006年6月14日、対横浜ベイスターズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、9回2失点成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た招き猫

    ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約137km/h、最速147km/hのストレートとチェンジアップ、高い制球力を武器に三振を奪い、スライダーとカーブも投げ分ける。。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た速球

    ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約137km/h、最速147km/hのストレートとチェンジアップ、高い制球力を武器に三振を奪い、スライダーとカーブも投げ分ける。。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たエッセイ

    チームでのニックネームは「ニャー」(彼の投球フォームに由来)。これにちなみ、2008年シーズンからのマッチデープログラムでは、終了した清水直行のエッセイ『やるしかないねん』の跡を継ぎ『なんとかニャルセ』を担当。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たファーム日本選手権

    5月17日に一軍昇格し、対横浜ベイスターズ戦でプロ初登板初先発初勝利を飾る。一軍最後の登板では初完封を達成し、結果的に13試合で5勝をあげ先発ローテーション定着を果たす。しかし、シーズン終了後の阪神タイガースとのファーム日本選手権では喜田 - 桜井 - 藤原に3者連続本塁打を浴び敗戦投手となった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た2010年の日本シリーズ

    CSファイナルステージの対戦相手であるソフトバンクには、シーズンでは防御率こそ3.32だったものの0勝4敗と相性が悪かった。しかし、第1戦はファーストステージ第1戦(対西武、7回0/3、2失点)から中4日で1失点完投勝利を挙げると、更に最終戦となった第6戦にも連続中4日で登板し、4安打完封勝利を挙げるなど、全く危なげなく連勝。同制度下ではシーズン3位チーム初の日本シリーズ進出に大きく貢献し、MVPに輝いた。日本シリーズでも、第1戦と第6戦に先発し、第1戦では2失点に抑え勝利し、自身初の日本シリーズの勝利投手となった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たマッチデープログラム

    チームでのニックネームは「ニャー」(彼の投球フォームに由来)。これにちなみ、2008年シーズンからのマッチデープログラムでは、終了した清水直行のエッセイ『やるしかないねん』の跡を継ぎ『なんとかニャルセ』を担当。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード