1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た第24回アジア野球選手権大会

    翌年の北京五輪出場を目指す野球日本代表に招集され、台湾で行われた最終予選の第2戦・韓国代表との試合に先発。4回途中までで2失点。勝ち負けはつかなかったが、チームは勝利した。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たカーブ (球種)

    ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約137km/h、最速147km/hのストレートとチェンジアップ、高い制球力を武器に三振を奪い、スライダーとカーブも投げ分ける。。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た投手

    成瀬 善久(なるせ よしひさ、1985年10月13日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た三振

    2010年までの通算奪三振率8.15と奪三振が多い。特に一軍に定着した2006年は9.54、2009年は9.14(リーグ2位)、2010年は8.48(リーグ4位)を記録し、高低のコースを突くストレートと右打者は外のチェンジアップ、左打者は外のスライダーで三振を奪う。被本塁打は2008年はリーグの規定投球回に達した投手の中で最も少なく、2009年もリーグ2番目に少ない被本塁打14に抑えていたが、2010年以降は毎年リーグワーストの被本塁打数を記録している。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たプロ野球選手

    成瀬 善久(なるせ よしひさ、1985年10月13日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:3回 (2007年、2008年、2012年)成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た第85回全国高等学校野球選手権大会

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗(現:読売ジャイアンツ)‐白濱裕太(現:広島東洋カープ)のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章(現:埼玉西武ライオンズ)をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年のドラフト6巡目で千葉ロッテマリーンズに指名され入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た月間MVP (日本プロ野球)

    は開幕ローテーション入りし、16勝1敗、防御率1.81。オールスターに出場、月間MVPを二度受賞し、最優秀防御率、最優秀投手を獲得した。この年の黒星は交流戦(横浜戦)のみで、パ・リーグ球団との試合では無敗であった。しかし、北海道日本ハムファイターズとのクライマックスシリーズ第2ステージ最終戦では敗戦を喫した。援護率5.64はリーグトップで、与四球27は規定投球回に到達した投手では武田勝の17についで2位。ちなみに、防御率1点台、勝率9割台でシーズンを終えた投手が出たのは1959年の杉浦忠以来48年ぶり、2リーグ制以後では史上2人目である。西武・日本ハムには強く、それぞれ6勝0敗(7試合)・4勝(4試合)を挙げる一方で、東北楽天ゴールデンイーグルスには2試合先発して0勝0敗、防御率は4点台と相性が悪かった。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た野球の背番号

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗(現:読売ジャイアンツ)‐白濱裕太(現:広島東洋カープ)のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章(現:埼玉西武ライオンズ)をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年のドラフト6巡目で千葉ロッテマリーンズに指名され入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「成瀬善久」のニューストピックワード