前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示
  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    3月19日の「成田エクスプレス」運転開始に伴い、東京駅 - 蘇我駅間で特急「さざなみ」「わかしお」(内房線・外房線)が総武本線経由から京葉線経由に変更された。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 総武快速線

    総武快速線から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    運転される列車は快速電車が主であり、このほか、銚子市など千葉県東部方面への特急列車や、成田国際空港への空港アクセス特急「成田エクスプレス」の走行ルートともなっている。新小岩駅以東では日本貨物鉄道(JR貨物)による貨物列車も運行され、また2010年(平成22年)3月まで日本国内最後の荷物列車が走っていた。総武快速線 フレッシュアイペディアより)

  • 成田線

    成田線から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    主な運用車両は、快速列車がE217系、普通列車が209系である。優等列車では、特急「成田エクスプレス」のE259系、特急「あやめ」のE257系などである(詳細は「使用車両」を参照)。成田線 フレッシュアイペディアより)

  • 逗子駅

    逗子駅から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    横須賀線は当駅折り返しおよび始発・終点の電車が多い。特に日中では、成田空港駅発着便などの1時間に1〜2本を除き、すべて当駅発着のため、東京方面と久里浜方面の双方へは当駅での乗り換えが必要となる。新宿駅経由で東北本線(宇都宮線)に直通する湘南新宿ラインの列車も、当駅が起点・終点となっており、ここから久里浜方面は横須賀線の電車のみの運転となる。2014年3月15日のダイヤ改正から、一部の成田エクスプレスが繁忙期の休日日中を中心に横須賀駅まで延長され、当駅にも停車する。逗子駅 フレッシュアイペディアより)

  • 品川駅

    品川駅から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    15px|JO 横須賀線:東海道本線東京駅方面の地下線と品鶴線武蔵小杉駅方面とを直通運転。下り列車は大船駅より線路名称上の横須賀線に乗り入れる。大船駅発着の特急「成田エクスプレス」もこのルートで運転される。上り列車は多くの列車が東京駅を経由し、総武快速線へ直通する。 - 駅番号「JO 17」品川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷駅

    渋谷駅から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は山手線のみである(詳細は各路線の記事および「鉄道路線の名称」を参照)が、一般列車の運転系統としては電車線を走行する環状線としての山手線電車のほか、山手貨物線を走行する埼京線と湘南新宿ラインが停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として扱われている。なお、山手貨物線を経由する有料列車として、旧目黒川信号場から品鶴線を経由して総武本線・成田線に直通する特急「成田エクスプレス」、湘南新宿ラインと同じルートで東海道本線に直通するホームライナー(「ホームライナー小田原」「おはようライナー新宿」。後者は降車扱いのみ)が停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属している。「」のスリーレターコードが付与されている。渋谷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀・総武快速線

    横須賀・総武快速線から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    全区間が電車特定区間内であるが、編成の一部にクロスシートやトイレを備えた近郊タイプの電車が用いられ、グリーン車も2両組み込まれている。運転される列車は、横須賀線は普通電車、総武快速線は快速電車が主であり、このほか、成田国際空港への空港アクセス特急「成田エクスプレス」や湘南新宿ライン(蛇窪信号場 - 逗子駅間)の走行ルートともなっており、2001年(平成13年)の湘南新宿ラインの乗り入れにより、横須賀線沿線と新宿などの東京副都心とが直結した。また、東京駅から銚子方面への特急列車など多種多彩の列車が運行されている。さらに、蛇窪信号所 - 鶴見駅間(東海道本線の貨物支線、通称品鶴線)や、総武快速線の新小岩駅以東では日本貨物鉄道(JR貨物)による貨物列車も運行されている。横須賀・総武快速線 フレッシュアイペディアより)

  • 目黒川信号場

    目黒川信号場から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    成田エクスプレスの新宿・池袋・大宮・高尾方面行きなどが走行する山手貨物線と、横須賀線・成田エクスプレスの横浜・大船方面行きなどの列車が走行する品鶴線が分岐する。目黒川信号場 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代のJRダイヤ改正

    2000年代のJRダイヤ改正から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    中央本線では、特急「あずさ」・「かいじ」の定期列車がすべてE257系に置き換えられた。「かいじ」の一部は運転区間が東京駅・竜王駅へ延長された。急行「アルプス」は下りも廃止され、臨時快速「ムーンライト信州」として多客期に運転されるようになった。また、「成田エクスプレス」は渋谷駅にも停車するようになり、高尾駅発着の列車が新設された。2000年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行線

    富士急行線から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    7月26日:成田空港 - 河口湖間で特急「成田エクスプレス」の直通運転開始。富士急行線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示

「成田エクスプレス」のニューストピックワード