143件中 71 - 80件表示
  • 東京駅の歴史

    東京駅の歴史から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    駅の工事もさらに続けられた。京葉線はもともと東京外環状線の一環として、東京湾岸沿いの貨物線として計画された。しかしオイルショックの影響により貨物需要は減少し、沿線の工業用地の住宅用地への転用が進められ、東京ディズニーランドなども立地したことから、沿線の自治体の要望により旅客転用されることになった。まず西船橋接続で京葉線は運転を開始したが、これは総武本線や地下鉄東西線への負担が増すことを意味していた。これを抜本的に解決するためには京葉線を直接都心へ乗り入れることが必要とされた。一方で計画されていた成田新幹線は沿線住民の反対運動のため中止となっていた。そこで、成田新幹線乗り入れ用に計画されていた鍛冶橋架道橋付近の地下スペースを京葉線の乗り入れに転用することが決定された。1983年(昭和58年)7月5日に都心乗り入れの認可を運輸大臣から受けて工事が進められた。設計に際しては、首都高速や既存の鉄道高架橋、地下鉄丸ノ内線、そして横須賀線の地下トンネルなどの位置が考慮され、将来的に皇居方面へ延長することも可能なように横須賀線トンネルを下に潜る位置が選ばれ、レール面で28.590 mの深さにある。京葉線東京地下駅は従来の東京駅の約350 m南にあり、旧東京都庁(現在の東京国際フォーラム)の前の地下4階に京葉地下1 - 4番線の2面4線の設備が15両編成対応、プラットホームは有効長310 m、最大幅10.5 mで建設された。八重洲側において東京駅南通路との間が改札内で結ばれており、また丸の内側では自由通路で丸の内地下広場へと通じている。この東京駅南通路と結ぶ連絡通路は、もともと成田新幹線計画に際してその東京乗り入れ駅(通称鍛冶橋駅)との連絡用に、第7プラットホームを東海道新幹線用に転用した際に建設した高架橋が連絡通路を兼ねるように考慮して用意されていたもので、京葉線建設時に転用されたものである。1990年(平成2年)3月10日に京葉線東京駅乗り入れが開業した。翌1991年(平成3年)3月16日のダイヤ改正により、内房線の特急「さざなみ」および外房線の特急「わかしお」は総武本線経由から京葉線経由に変更され、3月19日からは総武本線経由で「成田エクスプレス」の運転が開始されている。また東京駅南口通路はもともと幅が6.9 mしかなかったが、京葉線の開業に合わせて新しい通路が建設されて供用された。新通路は旧通路の北側にあった手小荷物用通路のスペースを含む長さ74 m、幅15 mに及ぶもので、このため従来は南口ドームからまっすぐ東に通路が伸びていたのが、新通路供用後はやや北に通路の位置がずれることになった。東京駅の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 京成スカイライナー放火事件

    京成スカイライナー放火事件から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    もともと、国が建設を始めた成田空港(新東京国際空港)であるにもかかわらず、当初アクセス鉄道が京成電鉄のみとなり、国鉄成田線の乗り入れがなかったのは、国鉄の労働組合(総評系の国労・動労)に新鋭的新左翼シンパが多く、成田空港反対派の温床となっていたためであった。成田線の乗り入れが開始されたのはJR化後。それでも、JR東日本千葉支社は先鋭的な動労千葉の組織率が高いため、成田空港へ乗り入れる成田エクスプレス及び横須賀線直通用電車の両車両の管理は、JR東日本横浜支社が管轄する鎌倉車両センターで行っている他、成田線でのスト対策として東京支社管内になる常磐線経由(我孫子周り。常磐線上野口及び成田線我孫子?成田間は千葉県内だが東京支社管轄となっており、取手で水戸支社とのみ列車の直通が行われる)の臨時列車が設定されている。京成スカイライナー放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • 駅自動放送

    駅自動放送から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    担当アナウンサーは男声が村山明、女声がよしいけいこ。空港第2ビル駅・成田空港駅では英語放送も使われている(ATOS導入前の新宿駅3・4番線の成田エクスプレス発車時や房総型放送導入前の成田駅でも英語放送が使われていた)。駅自動放送 フレッシュアイペディアより)

  • 乗り継ぎ料金制度

    乗り継ぎ料金制度から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    例:熱海駅 - (東海道新幹線) - 品川駅 - (特急「成田エクスプレス」) - 成田空港駅乗り継ぎ料金制度 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の鉄道

    1991年の鉄道から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    特急「成田エクスプレス」運転開始。1991年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草線短絡新線構想

    浅草線短絡新線構想から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    現在、成田空港と都心との間は成田スカイアクセス利用で36分程度だが、国内線(羽田空港)と国際線(成田空港)との乗り継ぎ、あるいは新幹線ターミナルである東京駅や横浜方面からのアクセスは依然不便な状況にある。たとえば、羽田空港国内線ターミナル - 成田空港間はスカイライナー等を乗り継いで90分程度、直通列車で100分程度かかる。また、羽田空港国内線ターミナル - 東京間は乗り換えが必要で25分程度、成田空港 - 東京間が成田エクスプレスで55分程度を要する。浅草線短絡新線構想 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋飛ばし

    名古屋飛ばしから見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    成田エクスプレス - 成田空港のお膝元である千葉県の県庁所在地であり、名古屋と同じ政令指定都市の千葉市の代表駅である千葉駅には一部を除いて停車しないことが地元住民や一部マスコミで問題になったことがある。名古屋飛ばし フレッシュアイペディアより)

  • UQコミュニケーションズ

    UQコミュニケーションズから見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    2009年10月より運行開始したE259系の成田エクスプレスにおいて、経路沿線に設置したWiMAX基地局のネットワークを活用し、車内での無線LAN(いわゆるホットスポット)サービスがJR東日本によって開始されている。これは当該車両の客室に無線LANのアクセスポイントが設置され、車両屋根上のアンテナがUQ WiMAX基地局と送受信を行うことで、ユーザーは無線LANによるインターネット接続が利用できるものである。UQコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • 連絡線

    連絡線から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    2004年10月16日、湘南新宿ラインの大増発(32往復→64往復)に伴い、旧蛇窪信号場付近において東京方面へ向かう列車(横須賀線・成田エクスプレスなど)と新宿方面へ向かう列車(湘南新宿ラインなど)との平面交差が運行ダイヤ上のネックとなっている。その上、将来計画されている相鉄線との直通運転(後述)が始まるとなれば、さらに深刻な問題が生じることが予測されている。そこで、この平面交差解消のために2015年完成を目標に上り線専用の短路線建設が計画されている。連絡線 フレッシュアイペディアより)

  • 交通機関の喫煙規制

    交通機関の喫煙規制から見た成田エクスプレス成田エクスプレス

    2005年12月 JR東日本が長野新幹線・房総半島方面の特急「成田エクスプレス」などを全車禁煙化交通機関の喫煙規制 フレッシュアイペディアより)

143件中 71 - 80件表示

「成田エクスプレス」のニューストピックワード