139件中 41 - 50件表示
  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た伊豆急下田駅

    成田空港駅開業前の1989年から1991年にかけて「ウィング踊り子」が成田駅 - 伊豆急下田駅間で、1990年から1991年にかけて「ウイングエクスプレス」が成田駅 - 新宿駅間で運行されていた。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た東京車掌区

    東京車掌区(大船駅・大宮駅 - 成田空港駅間)成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た成田新幹線

    成田国際空港の開港は1978年5月20日であるが、それまでの鉄道アクセスは、京成本線成田空港駅(現在の京成東成田線東成田駅)からバスに乗り換える必要があったが、当時運輸大臣を務めていた石原慎太郎(後に東京都知事)の指示により、建設途中で中止となった成田新幹線(東京駅 - 成田空港駅間)の路盤と駅などの設備の一部を活用し、1991年3月19日にJR東日本と京成電鉄がそれぞれ成田空港に乗り入れを開始した(詳細は「成田国際空港」を参照)成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た総武快速線

    また、新宿駅 → 成田空港駅間では2007年8月10日から同年8月19日まで運転され、このときは下り成田空港行きのみながら中央線快速 - (御茶ノ水駅) - 総武緩行線 - (錦糸町駅) - 総武快速線経由とし、秋葉原駅・錦糸町駅・船橋駅・空港第2ビル駅にも停車していた。また、定期券と指定席特急券の組み合わせでも乗車することができた。この列車はE257系500番台が使用された。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た鉄道車両の座席

    253系の大部分はかつて奇数番号の席と偶数番号の席が通路で分離されているほか、A - D がボックス席単位で固まっているなど、普通車の座席配列がほかの特急形車両と大幅に異なっていた。その関係で、ほかの特急形車両と同様の配列になって以降も指定席券売機などで普通車の特急券を購入する場合は座席の細かい位置が購入者自身で指定できなかったが、2010年7月1日に使用車両がE259系に統一されたことにより普通車でも指定席券売機での座席位置選択が可能になった。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た武蔵小杉駅

    東京駅 - 品川駅 - 武蔵小杉駅 - 横浜駅 - 戸塚駅 - 大船駅成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た四街道駅

    当列車は東京・新宿・池袋・大宮方面および横浜方面と成田国際空港を結ぶ空港アクセス列車であり、一部の列車を除き東京駅 - 空港第2ビル駅間の途中駅を通過する。一方、朝の上り列車と夕方以降の下り列車は千葉駅・四街道駅・成田駅などにも停車する。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た特別企画乗車券

    2005年12月9日まではグリーン車コンパートメント席について乗車7日前よりグリーンコンパートメント券および特急料金に割引を適用した「N'EXグリーン個室料金券」と称される特別企画乗車券が設定されていた。これは全列車で設定されており、成田空港駅・空港第2ビル駅 - 東京都区内間・吉祥寺駅・三鷹駅と成田空港駅・空港第2ビル駅 - 大船駅・大宮駅・高尾駅の各駅間で設定されていた。なお、同年12月10日以降グリーン料金の改訂が行われ、区間にかかわらず以下のように変更された。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た三鷹駅

    東京駅 - 渋谷駅 - 新宿駅 - 吉祥寺駅 - 三鷹駅 - 国分寺駅 - 立川駅 - 八王子駅 - 高尾駅成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た品川駅

    成田エクスプレス(なりたエクスプレス、Narita Express)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が大船駅・横浜駅・高尾駅・大宮駅・池袋駅・新宿駅・品川駅 - 成田空港駅間で運転している特急列車である。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

139件中 41 - 50件表示

「成田エクスプレス」のニューストピックワード