139件中 61 - 70件表示
  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た川崎駅

    品川駅 - 鶴見駅が経路に含まれる場合、川崎駅経由で運賃・料金を計算する。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た秋葉原駅

    また、新宿駅 → 成田空港駅間では2007年8月10日から同年8月19日まで運転され、このときは下り成田空港行きのみながら中央線快速 - (御茶ノ水駅) - 総武緩行線 - (錦糸町駅) - 総武快速線経由とし、秋葉原駅・錦糸町駅・船橋駅・空港第2ビル駅にも停車していた。また、定期券と指定席特急券の組み合わせでも乗車することができた。この列車はE257系500番台が使用された。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た中央・総武緩行線

    また、新宿駅 → 成田空港駅間では2007年8月10日から同年8月19日まで運転され、このときは下り成田空港行きのみながら中央線快速 - (御茶ノ水駅) - 総武緩行線 - (錦糸町駅) - 総武快速線経由とし、秋葉原駅・錦糸町駅・船橋駅・空港第2ビル駅にも停車していた。また、定期券と指定席特急券の組み合わせでも乗車することができた。この列車はE257系500番台が使用された。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た電車大環状線

    電車大環状線にかかる場合の特例によるもの成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見たバブル景気

    当初は、東京駅 - 成田空港駅間を6両で運行し、東京駅で分割し新宿駅・横浜駅方面へそれぞれ3両編成で運行することや、新宿駅方面へは品川駅より目黒川信号場経由で山手貨物線経由での運行を行うなど運行上の妙があったものの、東京都心直通とりわけ山手線沿線の東京23区西部より鉄道による直通運転は初めてであることや、バブル景気を背景とした海外旅行客を利用者の核としたことから利用が定着し、1993年までには末端区間でも6両編成での運行となり、また、他地域より成田空港駅への乗り入れも行われた。また、東京駅地下にグリーン車利用客専用のラウンジが設置されていたが、その後1990年代中盤ごろに廃止された。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た藤沢駅

    12月18日:「成田エクスプレス」1往復を大船駅から小田原駅まで臨時列車として延長運転開始。延長区間は臨時列車の扱いであり、多客時に運転。途中の停車駅は藤沢駅・茅ヶ崎駅・平塚駅。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た横須賀線

    横須賀線武蔵小杉駅開業に伴い、同駅および品川駅に横浜駅・大船駅発着の全列車の停車を開始。渋谷駅にも新宿方面発着の全列車が停車。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見たえきねっと

    えきねっと」にて携帯電話を利用したチケットレスサービスが開始。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た銀河 (列車)

    なお、国鉄時代より「富士」「さくら」「銀河」などのブルートレインの乗務を担当してきた東京車掌区が担当から外れた要因が、当列車の運転開始に伴う人員確保のためだったとされている。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 成田エクスプレス

    成田エクスプレスから見た座席指定席

    全列車が座席指定席で、自由席は設けられていないが、満席の場合は枚数限定で立席特急券を発売している。成田エクスプレス フレッシュアイペディアより)

139件中 61 - 70件表示

「成田エクスプレス」のニューストピックワード