173件中 91 - 100件表示
  • 2010年の鉄道

    2010年の鉄道から見た京成成田空港線京成成田空港線

    (新線開業) 成田空港線 印旛日本医大駅 - 成田空港駅 (19.1km)(うち空港第2ビル駅 - 成田空港駅間(1.0km)は本線と重複)2010年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 堀之内信号場

    堀之内信号場から見た京成成田空港線京成成田空港線

    この信号場は、京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)建設に伴い、成田方にあった根古屋信号場の代替として設置された信号場である。京成電鉄本線と合流する手前にある堀之内トンネル付近に設置されている。京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)との併走区間にあり、軌間の異なる(JR東日本〈狭軌〉、京成電鉄〈標準軌〉)単線が並行する単線並列区間にある。堀之内信号場 フレッシュアイペディアより)

  • お花茶屋駅

    お花茶屋駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。また、現地の案内では、2010年7月5日以降直通列車のない「金町」も表記されている。お花茶屋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 600m条項

    600m条項から見た京成成田空港線京成成田空港線

    現在、完全立体交差の路線である海峡線で特急「(スーパー)白鳥」が140km/h、北越急行ほくほく線で特急「はくたか」が160km/h運転を行い、京成成田空港線でもスカイライナーが160km/h運転を行っている。また、ブレーキ技術の発達により、踏切がある路線でも通常のブレーキで最高速度を140km/hに引き上げられる見通しは得られている。ほかにも、JR四国8000系電車では、レールブレーキを併用することで130km/hを超える速度での営業運転を目指す試みもなされたが、こちらはレールへの影響などから実現していない。600m条項 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草線短絡新線構想

    浅草線短絡新線構想から見た京成成田空港線京成成田空港線

    京成線および北総線、成田スカイアクセス(成田空港線)の各方面から本路線を経由し、東京駅を介して泉岳寺駅で京急線との相互直通運転を行う予定である。現在の都営地下鉄浅草線の西側に新線(バイパス)を建設する。浅草線短絡新線構想 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3400形電車

    京成3400形電車から見た京成成田空港線京成成田空港線

    本形式はすべて8両編成であり、都営浅草線、京急線、北総線への直通運転にも対応している為、8両編成の3000形や3700形とともに主に本線や押上線・都営浅草線・京急線直通の優等運用に使用されるが、成田スカイアクセス線運用対応工事は未施工の為、成田スカイアクセス線経由のアクセス特急運用には充当されない。京成3400形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 停車駅通過防止装置

    停車駅通過防止装置から見た京成成田空港線京成成田空港線

    装置の設定方法も、独立した停車駅予報装置を持つもの、モニタ装置にシステムが内包されているもの、行先・種別設定器の設定内容に連動して動作するものなどが存在し、仕様面については統一されていない。なおいずれの場合も相互直通運転を行っている京急線内、北総線内(京成成田空港線の列車として運行するアクセス特急は除く)では使用できない。停車駅通過防止装置 フレッシュアイペディアより)

  • 東京電機大学

    東京電機大学から見た京成成田空港線京成成田空港線

    交通アクセス:北総鉄道北総線・京成成田空港線 「千葉ニュータウン中央駅」から徒歩15分またはスクールバス5分、JR成田線 「木下駅」からスクールバス20分、京成本線・東葉高速線「勝田台駅」からスクールバス40分。東京電機大学 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3600形電車

    京成3600形電車から見た京成成田空港線京成成田空港線

    8両編成は先頭車が制御車であることから都営浅草線押上 - 西馬込間は入線可能だが、京急線には入線できない。また、成田空港線(成田スカイアクセス)には対応しておらず、6両編成が最長である千葉線・千原線や、4両編成に限定される金町線にもそれぞれ入線できないなど、運用が限定されている。そのため、本線京成上野 - 成田空港間の快速特急・特急運用や西馬込 - 京成佐倉間の快速運用に充当されることが多い。2010年7月17日ダイヤ改正以前は日中の快速は羽田空港発着であったため上野発着の特急運用中心であったが、同改正で日中の快速が西馬込発着に変更されてからは快速での運用も増えている。京成3600形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 北総開発鉄道7300形電車

    北総開発鉄道7300形電車から見た京成成田空港線京成成田空港線

    2006年2月に営業運転を開始した7500形と車体帯デザインを統一するため、2007年に「HOK'SO」のロゴマークと、両先頭車側面には航空機のウイングをイメージしたスリットデザインが追加された。このデザインには、京成成田空港線(成田スカイアクセス)の開業により北総線が東京国際空港(羽田空港国内線ターミナル駅・羽田空港国際線ターミナル駅)と成田国際空港(空港第2ビル駅・成田空港駅)の双方を結ぶという意味が込められている。北総開発鉄道7300形電車 フレッシュアイペディアより)

173件中 91 - 100件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード