187件中 101 - 110件表示
  • 2011年の鉄道

    2011年の鉄道から見た京成成田空港線京成成田空港線

    (運転再開) 成田空港線 印旛日本医大駅 - 成田空港駅 (19.1km)(単独区間復旧)2011年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 新柴又駅

    新柴又駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    成田スカイアクセス線との共用区間ではあるが、当駅には京成電鉄が運行する列車は停車しない。新柴又駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線鉄道規格新線

    新幹線鉄道規格新線から見た京成成田空港線京成成田空港線

    京成電鉄成田空港線 - 成田新幹線の計画ルートならびに先行設置された路盤を利用し、「スカイライナー」が160km/h運転を行う。新幹線鉄道規格新線 フレッシュアイペディアより)

  • 停車駅通過防止装置

    停車駅通過防止装置から見た京成成田空港線京成成田空港線

    装置の設定方法も、独立した停車駅予報装置設定器を持つもの、モニタ装置にシステムが内包されているもの、行先・種別設定器の設定内容に連動して動作するものなどが存在し、仕様面については統一されていない。いずれの場合も相互直通運転を行っている京急線内、北総線内(京成成田空港線の列車として運行するアクセス特急は除く)では使用できない。また音声・表示で運転士に停車駅を知らせるのみで強制的にブレーキを動作させる機能は搭載されていないため、京成線内では万が一停車駅を誤通過した場合に備え、ATSと連動し未遮断の踏切道への進入を防ぐシステムが併用されている。停車駅通過防止装置 フレッシュアイペディアより)

  • エアポート常磐

    エアポート常磐から見た京成成田空港線京成成田空港線

    京成成田空港線 - 2010年7月17日に開業した京成電鉄の新路線エアポート常磐 フレッシュアイペディアより)

  • 海神駅

    海神駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。海神駅 フレッシュアイペディアより)

  • 架空電車線方式

    架空電車線方式から見た京成成田空港線京成成田空港線

    カテナリー式の吊架線を、太く電流が流れやすい線条として「饋電線」と兼用させたものを饋電吊架式(フィーダーメッセンジャー)と呼んでいる。そのため、吊架線は饋電線と同じ硬銅より線を使用している。例として、中央本線などの狭小トンネルで使用される π 架線方式がある。饋電吊架式の大きな利点として、線条数や部品点数を削減できることから、地下区間のほか、地下区間外(トンネル外)でも適用が進んでおり、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「インテグレート架線」、西日本旅客鉄道(JR西日本)の「ハイパー架線」などの開発名称がつけられている例がある。また、成田スカイアクセス線の新規建設区間である印旛日本医大駅-根古屋信号場間では、饋電吊架式としては初の160km/h走行に対応が可能な饋電吊架コンパウンドカテナリー式が採用されている。架空電車線方式 フレッシュアイペディアより)

  • 堀切菖蒲園駅

    堀切菖蒲園駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。また、現地の案内では、2010年7月5日以降直通列車のない「金町」も表記されている。堀切菖蒲園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新三河島駅

    新三河島駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。また、現地の案内では、2010年7月5日以降直通列車のない「金町」も表記されている。新三河島駅 フレッシュアイペディアより)

  • 成田空港高速鉄道

    成田空港高速鉄道から見た京成成田空港線京成成田空港線

    東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線空港支線・成田線分岐点 - 成田空港駅8.7km、京成電鉄京成本線・駒井野信号場 - 成田空港駅間2.1km、成田空港線(成田スカイアクセス)・成田高速鉄道アクセス線接続点 - 空港第2ビル駅間7.5kmの線路を所有する第三種鉄道事業者である。当該区間において運行を行うJR東日本および京成電鉄は第二種鉄道事業者(上下分離方式)となっており、成田空港高速鉄道に対し線路使用料を支払い運行を行っている。経緯については以下の項目を参照のこと。成田空港高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

187件中 101 - 110件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード