173件中 11 - 20件表示
  • 京成押上線

    京成押上線から見た京成成田空港線京成成田空港線

    起点の押上で都営地下鉄浅草線と直通運転を行っており、さらに泉岳寺を経由して京急本線・京急久里浜線(川崎・横浜・浦賀・久里浜・横須賀・三崎口方面)・京急空港線(羽田空港方面)と直通運転を行っている。終点の青砥においても、本線(京成船橋方面)・北総鉄道北総線(千葉ニュータウン方面)・成田空港線(成田湯川経由成田空港方面)に乗り入れる列車が多い。さらには東成田を経由して芝山鉄道線(芝山千代田方面)に直通する列車もある。また直接ではないが、青砥駅で本線の上野方面列車に乗り換えて、日暮里・上野方面に向かう乗客も多い。京成押上線 フレッシュアイペディアより)

  • 空港連絡鉄道

    空港連絡鉄道から見た京成成田空港線京成成田空港線

    成田空港駅 - JR東日本成田線・京成電鉄本線・京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)空港連絡鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 成田市

    成田市から見た京成成田空港線京成成田空港線

    7月17日 成田新高速鉄道(京成成田空港線)が開通。市内に成田湯川駅が設けられる。成田市 フレッシュアイペディアより)

  • エアポート快特

    エアポート快特から見た京成成田空港線京成成田空港線

    2010年5月16日の京急線のダイヤ改正で京急蒲田駅が通過駅となり、京急線内でも独自の停車駅を持つ列車となった。同時に京急線内のみ「エアポート快特」となる列車も新設され、昼間時は京急・都営線内「エアポート快特」と京急線内のみ「エアポート快特」の列車が交互に約20分間隔での運行となった。その直後、2010年7月17日の京成成田空港線開業に伴い、それまで京成線内快速・京成佐倉駅発着であった昼間時の京急・都営線内「エアポート快特」の京成線側の扱いを、京成成田空港線「成田スカイアクセス」経由成田空港駅発着の「アクセス特急」に変更し(これに伴い京成線快速は西馬込駅 - 京成佐倉駅間の運転に変更)、昼間時の羽田・成田両空港直結列車の運行が再開された。成田空港駅 - 羽田空港駅間の所要時間は最短103分である。。その後、2012年10月21日のダイヤ改正で、京急線内のみ「エアポート快特」となる列車は京急線内発着の列車を除き廃止され、昼間時の運行が40分間隔へと戻された。エアポート快特 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3000形電車 (2代)

    京成3000形電車 (2代)から見た京成成田空港線京成成田空港線

    なお、2010年(平成22年)7月17日に開業した成田スカイアクセス経由で運転される一般特急列車(アクセス特急)向けとして製造された7次車は、仕様変更が行なわれたことから51以降の番号が付与され、3050形とも呼称される。京成3000形電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道建設・運輸施設整備支援機構

    鉄道建設・運輸施設整備支援機構から見た京成成田空港線京成成田空港線

    横浜高速鉄道みなとみらい21線、神奈川東部方面線、山梨リニア実験線、仙台市地下鉄東西線、京成成田空港線、中央新幹線の地形・地質等に関する調査などを所管鉄道建設・運輸施設整備支援機構 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄浅草線

    都営地下鉄浅草線から見た京成成田空港線京成成田空港線

    直通先の京急線・京成線がそれぞれ東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港(成田空港)へのアクセスを担っているため、浅草線自体も空港アクセス路線としての役割を有し、羽田空港国内線ターミナル駅と成田空港駅を結ぶ列車も設定されている。また、2010年7月17日に開業した北総線経由のアクセスルートである成田スカイアクセス(成田空港線)との直通運転も行っており、都心部から成田空港へのアクセス路線としての役割は強さを増している。都営地下鉄浅草線 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ニュータウン中央駅

    千葉ニュータウン中央駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    北総鉄道の北総線と、京成電鉄の成田空港線(成田スカイアクセス線)が乗り入れているが、当駅を含む区間では両線が施設を共有し、成田スカイアクセス線列車としてスカイライナー(当駅は通過)とアクセス特急が、北総線列車として特急・急行・普通がそれぞれ運行され、実用上は同一の路線のような形で運用されている。千葉ニュータウン中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • 印旛日本医大駅

    印旛日本医大駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    北総鉄道の北総線と、京成電鉄の成田空港線(成田スカイアクセス線)が乗り入れているが、両線は当駅から京成高砂駅まで施設を共有し、成田スカイアクセス線列車としてスカイライナー(当駅は通過)とアクセス特急が、北総線列車として特急・急行・普通がそれぞれ運行され、実用上は同一の路線のような形で運用されている。印旛日本医大駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新鎌ヶ谷駅

    新鎌ヶ谷駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    北総鉄道の北総線、京成電鉄の成田空港線(成田スカイアクセス線)、新京成電鉄の新京成線、東武鉄道の野田線が乗り入れ、接続駅となっている。このうち、北総線と京成成田空港線は、当駅を含む京成高砂駅 - 印旛日本医大駅間で施設を共用しており(当駅前後の区間では北総が第一種鉄道事業者、京成が第二種鉄道事業者)、実用上では同一の路線の形で利用できる。そのため、当駅は実質的に3路線の接続駅という形になる。新鎌ヶ谷駅 フレッシュアイペディアより)

173件中 11 - 20件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード