173件中 31 - 40件表示
  • 北越急行ほくほく線

    北越急行ほくほく線から見た京成成田空港線京成成田空港線

    踏切が両端の起点・終点にあたる犀潟駅付近と六日町駅付近に各1か所あるのみで他の区間にはないことが高速走行を支えており、特急は在来線では京成成田空港線の「スカイライナー」とともに日本一速い最高速度160 km/hで運転される。また、普通列車は高速・高加減速性能を持つ車両(最高110 km/h)で運転され、駅構内を除き全線単線であるほくほく線内で、後続の特急に追いつかれることを極力防ぐダイヤが設定されている。それでも速度差があるため、ほくほく線内で追い越しが行われる場合もあるが、駅以外にも、トンネルの中で特急列車が普通列車を追い越すことが可能な信号場が線内に3箇所存在する。なお、トンネル内に追い越し設備があるのは、高速で走行できるようにできるだけ線形を直線に近くした結果、トンネル区間の割合が多くなったためだが、沿線は豪雪地帯であることから、雪によるポイントの不転換、待避停車中のパンタグラフへの着雪を防止するといったメリットもある。北越急行ほくほく線 フレッシュアイペディアより)

  • 京急空港線

    京急空港線から見た京成成田空港線京成成田空港線

    本線を介して都営地下鉄浅草線に直通し、京成押上線・京成本線を経て北総鉄道北総線、京成成田空港線(成田スカイアクセス線)、京成東成田線、芝山鉄道線まで乗り入れる。成田スカイアクセスの開業後は、同線と線路を共有している北総線方面に向かう列車が増発されたが、京成本線京成船橋・京成佐倉・京成成田方面に直通していた列車の多くが青砥・京成高砂止まりに変更された。京急空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 快速特急

    快速特急から見た京成成田空港線京成成田空港線

    1998年運行開始。設定当初は「エアポート快速特急」という種別だったが、「快速特急」が「快特」になったのと同時に現在の種別名称となる。京急線内は昼間時のみ運行で、羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)、京急蒲田駅、品川駅、泉岳寺駅に停車していた。都営浅草線内は一部の駅を通過し京成押上線、京成本線、京成成田空港線(成田スカイアクセス)に直通運転する。浅草線内での独自の設定もある。京急蒲田駅は2010年5月16日のダイヤ改正以降は通過している。また、東京国際空港の新国際線ターミナル開業に合わせて2010年10月21日に開業した羽田空港国際線ターミナル駅にも全列車が停車するようになった。快速特急 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌ケ谷市

    鎌ケ谷市から見た京成成田空港線京成成田空港線

    2010年7月17日には、北総線経由で都心と成田空港を結ぶ「成田スカイアクセス」(成田新高速鉄道プロジェクト)が開業し、新鎌ヶ谷駅にはアクセス特急(特別料金不要)が停車する。鎌ケ谷市 フレッシュアイペディアより)

  • 空港第2ビル駅

    空港第2ビル駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    当駅には、JR東日本の成田線(空港支線)と、京成電鉄の本線ならびに成田空港線(成田スカイアクセス線)が乗り入れている。ただし、JR・京成とも線路を保有しない第二種鉄道事業者であり、線路を保有している第三種鉄道事業者は成田空港高速鉄道である。京成本線・成田空港線(成田スカイアクセス線)の駅番号は共にKS41である。空港第2ビル駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田駅

    京成成田駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。京成成田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 矢切駅

    矢切駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    1・4番線は、主に北総線系統の普通が京成成田スカイアクセス線系統のアクセス特急を待避するほか、臨時列車の発着や回送列車の留置にも使用する。矢切駅 フレッシュアイペディアより)

  • 分岐器

    分岐器から見た京成成田空港線京成成田空港線

    右に可動式ノーズ(ノーズ可動クロッシング)の概略図を示す。このうち水色のレールが緑色のレールを軸にして動くことによって、フランジウェイを塞いでいる(図では直進の場合のフログの状態)。異線進入のリスクが小さいので、クロッシング部のガードレールが省略されることがある。可動式ノーズは、在来線では(北越急行ほくほく線や京成成田スカイアクセスを除いて)高速で通過する箇所に設置されているものは少ない()。分岐器 フレッシュアイペディアより)

  • パターンダイヤ

    パターンダイヤから見た京成成田空港線京成成田空港線

    ただし、パターンダイヤでも60の約数でない場合は、毎時の分が一定しない。例えば40分間隔運転の場合は、2時間で1サイクルである(例:京急空港線・都営浅草線・京成成田スカイアクセス線直通のエアポート快特・アクセス特急・JR東西線開通前の学研都市線・木津駅発着快速)。また、都市鉄道では時刻のパターンよりも等間隔と本数を優先して、7分や8分(7分30秒も含む)周期を組む(大阪市営地下鉄・京阪神の各駅停車など)場合もある。パターンダイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 京成金町線

    京成金町線から見た京成成田空港線京成成田空港線

    京成高砂駅で京成本線・成田空港線(成田スカイアクセス)・北総線、と改札外で接続し、京成金町駅でJR常磐線(各駅停車)金町駅に駅外で接続する。京成金町線 フレッシュアイペディアより)

173件中 31 - 40件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード