187件中 31 - 40件表示
  • 成田湯川駅

    成田湯川駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    成田湯川駅(なりたゆかわえき)は、千葉県成田市松崎(まんざき)にある京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)の駅である。2010年(平成22年)7月17日に開業した。駅番号はKS43。成田湯川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 小室駅

    小室駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    2010年7月17日の京成成田空港線(成田スカイアクセス)の開通に合わせ、当駅構内の線形改良が施工され、2008年4月19日に新上りホーム(新1番線)の供用を開始した。2番線・3番線(旧1番線・2番線)は下り専用ホームとなり、同年9月13日に新2番線部分の供用を開始した。小室駅 フレッシュアイペディアより)

  • 分岐器

    分岐器から見た京成成田空港線京成成田空港線

    右に可動式ノーズ(ノーズ可動クロッシング)の概略図を示す。このうち水色のレールが緑色のレールを軸にして動くことによって、フランジウェイを塞いでいる(図では直進の場合のフログの状態)。異線進入のリスクが小さくなることからクロッシング部のガードレールが省略されることがある。従来、可動式ノーズは、新幹線以外の在来線や私鉄線においても北越急行ほくほく線や京成成田スカイアクセスなどのように高速通過の多い分岐器を中心に設置されていたが、騒音低減の目的で高速通過を行わない分岐器においてもノーズ可動式分岐器を採用する事例が増えている。新幹線などの高速鉄道において、高速で通過する箇所では、さらにトングレールとリードレールを一体化してたわませる構造としているが、基本レールとトングレールとの間が密着(接着とも言う)せず隙間があると、高速走行に支障を与えるため、その2本のレールが密着しているかどうかを監視する接着照査器を基本レールの外側に2台ずつ設置しており、分岐器の開通方向を表示する開通方向表示器をクロッシング部手前(対向方向)のレールの間に設置しており、開通側には黒地に緑色縦線2本の表示が現れて、非開通側には白地に赤色の×印が現れるようになっている。分岐器 フレッシュアイペディアより)

  • 境界駅

    境界駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    印旛日本医大駅(千葉ニュータウン鉄道と成田高速鉄道アクセス成田新高速鉄道線境界駅 フレッシュアイペディアより)

  • 宗吾参道駅

    宗吾参道駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    なお、2010年7月17日の成田スカイアクセスの開業により、それまで運転されていた京急線・羽田空港方面の快速は当駅始発1本のみとなった。宗吾参道駅 フレッシュアイペディアより)

  • 高速化 (鉄道)

    高速化 (鉄道)から見た京成成田空港線京成成田空港線

    京成電鉄成田空港線:日暮里(京成本線) - 空港第2ビル間を36分で結ぶ。一部区間は北総鉄道北総線との線路共用を実施。成田高速鉄道アクセス区間での最高速度は160km/h。高速化 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 快速特急

    快速特急から見た京成成田空港線京成成田空港線

    1998年運行開始。設定当初は「エアポート快速特急」という種別だったが、「快速特急」が「快特」になったのと同時に現在の種別名称となる。京急線内は昼間時に40分間隔のみ運行で、羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)、京急蒲田駅、品川駅、泉岳寺駅に停車していた。都営浅草線内は一部の駅を通過し京成押上線、京成本線、京成成田空港線(成田スカイアクセス)に直通運転する。浅草線内での独自の設定もある。京急蒲田駅は2010年5月16日のダイヤ改正以降は通過している。また、東京国際空港の新国際線ターミナル開業に合わせて2010年10月21日に開業した羽田空港国際線ターミナル駅にも全列車が停車するようになった。快速特急 フレッシュアイペディアより)

  • 矢切駅

    矢切駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    1・4番線は、主に北総線系統の普通が京成成田スカイアクセス線系統のアクセス特急を待避するほか、臨時列車の発着や回送列車の留置にも使用する。なお、当駅始発の5時22分発の印旛日本医大行は1番線から発車する。矢切駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3600形電車

    京成3600形電車から見た京成成田空港線京成成田空港線

    前面貫通扉部分に種別表示器を配置し、前面上部中央の表示器は行先のみとした。行先表示器は3500形までの20コマタイプから40コマタイプになった。なお、前面・側面の種別表示幕は2002年10月12日の種別変更によるダイヤ改正に対応させるため、同年7月から9月にかけて全車両の交換を行った。普通=黒、快速=ピンク、特急=赤など各種別ごとに色分けし、前面字幕は白地に種別色文字・側面字幕は種別色地に白文字となった。文字の書体は細ゴシック体(ナール)小文字併用英字併記タイプとなった。その後2010年7月17日の成田スカイアクセス線開業に伴うダイヤ改正で再度交換され、前面字幕が側面字幕と同じ種別色地に白文字になり快特が快速特急=緑に変更と通勤特急の色地変更を行なった(現在の通勤特急は水色の色地でそれまではオレンジだった。現在のオレンジ色地はアクセス特急で使用されている)。京成3600形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新鎌ヶ谷駅

    新鎌ヶ谷駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    北総鉄道北総線、京成成田空港線(愛称「成田スカイアクセス線」)、新京成電鉄新京成線、東武鉄道野田線(愛称「東武アーバンパークライン」)が乗り入れる総合駅となっている。このうち、京成電鉄については北総鉄道の線路を借りて運行を行う形態(当駅前後の区間では北総が第一種鉄道事業者、京成が第二種鉄道事業者として施設を共用)のため、実用上は同一路線として利用できる。そのため、当駅は実質的に3路線の接続駅という形になる。新鎌ヶ谷駅 フレッシュアイペディアより)

187件中 31 - 40件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード