173件中 41 - 50件表示
  • 東京国際空港

    東京国際空港から見た京成成田空港線京成成田空港線

    両駅から都営浅草線・京成成田スカイアクセス経由で成田国際空港への直通列車(エアポート快特・アクセス特急)もある東京国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 直通運転

    直通運転から見た京成成田空港線京成成田空港線

    北総鉄道の車両は京成本線青砥以西・高砂以東、京成成田空港線印旛日本医大以東、芝山鉄道線では運用されない。直通運転 フレッシュアイペディアより)

  • 成田湯川駅

    成田湯川駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    成田湯川駅(なりたゆかわえき)は、千葉県成田市松崎(まんざき)にある京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)の駅である。駅番号はKS43。成田湯川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 小室駅

    小室駅から見た京成成田空港線京成成田空港線

    2010年7月17日の京成成田空港線(成田スカイアクセス)の開通に合わせ、当駅構内の線形改良が施工され、2008年4月19日に新上りホーム(新1番線)の供用を開始した。2番線・3番線(旧1番線・2番線)は下り専用ホームとなり、同年9月13日に新2番線部分の供用を開始した。小室駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3700形電車

    京成3700形電車から見た京成成田空港線京成成田空港線

    2007年2月上旬以降、3718編成を皮切りに外部の前面および側面の行先・種別表示を従来の幕式から3色LEDにする工事を開始した。また京成では成田スカイアクセス全線でアクセス特急を120km/hで運行するため、同時に元空気溜圧力の増圧、非常増圧ブレーキ設定の変更(ただし初速110km/h以上での非常ブレーキ増圧機能は3700形全車とも新製時対応済)、圧力計の取り換えなど、スカイアクセス運用対応工事も施工した。翌3月下旬の3708・3728編成の施工をもって1次車は完了したほか、2010年8月現在京成に在籍する5次車までの各編成で施工済み。3色LEDの文字は新3000形と同じで、非営業運用の「回送」や「試運転」はLED盤全体に表示することになった。さらに同年5月からは前面の運行番号表示もマグサイン式からLED式に交換する工事も始めており、2012年12月現在で全編成に施工されている。また6次車以降の編成は前面・側面の行先・種別表示は従来の幕式からフルカラーLEDに改造されている。2010年7月30日、成田スカイアクセス運用対応工事を実施した3748編成が3700形としては初めて成田スカイアクセスの運用(アクセス特急・エアポート快特)に充当された。2012年12月現在、行先・種別表示のLED改造はフルカラータイプを採用した3838編成の出場を持って完了している。その後、5次車以前の車両も3色LEDからフルカラーLEDに交換された。京成3700形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 駅ナンバリング

    駅ナンバリングから見た京成成田空港線京成成田空港線

    京成電鉄・北総鉄道・芝山鉄道では2010年7月17日(京成成田スカイアクセス開業日)に導入された。路線記号は、京成が「KeiSei(京成)」を示す「KS」、北総が「HokuSo(北総)」を示す「HS」、芝山が「ShibayamaRailway(芝山鉄道)」を示す「SR」で、これと数字で構成される。駅ナンバリング フレッシュアイペディアより)

  • アクセス特急

    アクセス特急から見た京成成田空港線京成成田空港線

    アクセス特急 フレッシュアイペディアより)

  • 新高速

    新高速から見た京成成田空港線京成成田空港線

    新高速 フレッシュアイペディアより)

  • NARITA花火大会in印旛沼

    NARITA花火大会in印旛沼から見た京成成田空港線京成成田空港線

    JR成田線 下総松崎駅下車徒歩約25分。京成成田空港線成田湯川駅下車徒歩約40分(大会会場中心まで)。NARITA花火大会in印旛沼 フレッシュアイペディアより)

  • 東京成田芝山電気鉄道

    東京成田芝山電気鉄道から見た京成成田空港線京成成田空港線

    同電鉄の計画ルートは、同じく未成線となった成田新幹線や、東京地下鉄東西線の快速運転区間・千葉県営鉄道北千葉線(未成線)をはじめ、北総線の延伸として建設された京成成田空港線、また成田以東については芝山鉄道と重なる部分が多い。東京成田芝山電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

173件中 41 - 50件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード