152件中 21 - 30件表示
  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た成田国際空港

    東京都心から成田国際空港へのアクセス改善を目的に、印旛日本医大駅まで通じている北総鉄道北総線をさらに東へ延伸して同空港に直結させた路線で、2010年7月17日に開業した。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た輪番停電

    3月14日 - 11日の地震による発電所の停止に伴う電力供給逼迫のため、東京電力が輪番停電(計画停電)を実施。これに伴い、この日から都営浅草線・京急線との相互直通運転およびスカイライナーの運転が休止。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た鉄道ジャーナル

    佐藤信之 「鉄道・軌道プロジェクトの事例研究 8 成田新高速鉄道計画について」『鉄道ジャーナル』No.427 2002年5月号 p147 - p149、鉄道ジャーナル社京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た草思社

    川島令三 「成田新高速鉄道アクセス」『全国鉄道事情大研究 東京東部・千葉篇(2)』 草思社、2003年 ISBN 4794211937京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た電気車研究会

    「特集:京成電鉄」『鉄道ピクトリアル』No.787 2007年3月号臨時増刊、電気車研究会京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た羽田空港国内線ターミナル駅

    通勤形電車による料金不要の特急で、最高速度120km/hで運行し、日暮里 - 空港第2ビル間の所要時間は最速約59分。日中は都営浅草線・京急線方面に毎時1.5本が運行されている。都営浅草線・京急線内エアポート快特となる羽田空港国内線ターミナル行列車は京成車・京急車とも、「16px|飛行機マークアクセス特急」の種別幕と「羽田空港」行の行先表示を掲示する。種別色はオレンジ。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た京急本線

    成田空港駅から羽田空港国内線ターミナル駅までの所要時間は北行が1時間36分、南行が1時間34分。開業当初は当路線開業前のダイヤより3分早い103分、最速は95分であったが、2012年10月21日ダイヤ改正で北行・南行共に1時間30分台に短縮された。早朝と夜間は羽田空港発着(京急線内エアポート急行)のほかに京成上野・西馬込(浅草線内各駅停車で、同線内でも「アクセス特急」が設定される)・神奈川新町・京急久里浜・三崎口(以上京急線内快特または特急)発着が設定されている。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た京急空港線

    京成車両は本線京成上野駅・都営浅草線西馬込駅・京急空港線羽田空港国内線ターミナル駅まで運行し、京急車両は羽田空港国内線ターミナル駅・京急久里浜線三崎口駅まで運行する。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た日暮里駅

    新線部分では印旛沼を橋梁で横断しているが、この付近には広大な湿地や里山があり、また野鳥の宝庫ともなっているため自然保護団体を中心に一部計画変更の要望が出ていた。環境影響評価書では代替措置などできる限りの環境保全措置を実施し、景観に配慮した構造とするとして着工された。建設工事は順調に推移し、2010年3月に完工、3月25日から約4か月の乗務員習熟訓練運転を経て同年7月17日に開業した。開業により、それまで最速で51分かかっていた日暮里 - 空港第2ビル間が最速36分で結ばれ、所要時間が15分短縮された。総事業費は1,261億円である。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た京急蒲田駅

    5月16日 - 京急蒲田駅上り線高架化に伴う5社局一斉ダイヤ改正に伴い、乗務員習熟訓練のダイヤも改正。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

152件中 21 - 30件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード