152件中 61 - 70件表示
  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た踏切

    京成高砂駅についても、当路線開業後の踏切遮断時間増加対策の関連工事として金町線ホームの高架化工事を行った。当路線の開業に先行して2010年7月5日より高架化されたので、金町線は全列車が同駅 - 京成金町間の折り返し運行となった。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た本埜村

    2010年3月23日に印西市に編入合併した印旛村、本埜村も入っていた。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た長野新幹線

    成田湯川駅の成田空港方に設置された分岐器(複線・単線ポイント)には、上越新幹線・長野新幹線の高崎駅でも使われている38番分岐器が使用され、スカイライナーの最高速度160km/hでの通過が可能となっている。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た野鳥

    新線部分では印旛沼を橋梁で横断しているが、この付近には広大な湿地や里山があり、また野鳥の宝庫ともなっているため自然保護団体を中心に一部計画変更の要望が出ていた。環境影響評価書では代替措置などできる限りの環境保全措置を実施し、景観に配慮した構造とするとして着工された。建設工事は順調に推移し、2010年3月に完工、3月25日から約4か月の乗務員習熟訓練運転を経て同年7月17日に開業した。開業により、それまで最速で51分かかっていた日暮里 - 空港第2ビル間が最速36分で結ばれ、所要時間が15分短縮された。総事業費は1,261億円である。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た列車交換

    線路 … ?:複線区間、◇:単線区間(列車交換可能)、|:単線区間(列車交換不可能)、∨:ここより下は単線、∧:ここより上は単線(駅構内は複線)京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た第89回東京箱根間往復大学駅伝競走

    2012年10月に平和島 - 京急蒲田 - 六郷土手間と京急蒲田 - 大鳥居間の下り線の高架化が完了したため、同年をもって終了。2013年(第89回大会)以降は実施されない。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た京成押上線

    押上で横浜方面発着京急線快特(押上線内普通)に接続。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た上越新幹線

    成田湯川駅の成田空港方に設置された分岐器(複線・単線ポイント)には、上越新幹線・長野新幹線の高崎駅でも使われている38番分岐器が使用され、スカイライナーの最高速度160km/hでの通過が可能となっている。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    京成電鉄では当路線の開業に併せて、JR東日本の山手線・京浜東北線・常磐線、東京都交通局の日暮里・舎人ライナーとの乗り換え駅である日暮里駅の大規模改良工事が実施された。2009年10月3日から1階部分にあたる従来の1面2線のホームを上り用の1面1線、2階を改札・コンコース、3階を下り用の2面1線(「スカイライナー」専用と一般車専用の各ホームを設置)、合計で3面2線に変更された。また、北総鉄道区間も東松戸・新鎌ヶ谷・小室の各駅に待避線が新設された(これらの各駅には当初から拡張用スペースが確保されていた)。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た京浜東北線

    京成電鉄では当路線の開業に併せて、JR東日本の山手線・京浜東北線・常磐線、東京都交通局の日暮里・舎人ライナーとの乗り換え駅である日暮里駅の大規模改良工事が実施された。2009年10月3日から1階部分にあたる従来の1面2線のホームを上り用の1面1線、2階を改札・コンコース、3階を下り用の2面1線(「スカイライナー」専用と一般車専用の各ホームを設置)、合計で3面2線に変更された。また、北総鉄道区間も東松戸・新鎌ヶ谷・小室の各駅に待避線が新設された(これらの各駅には当初から拡張用スペースが確保されていた)。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

152件中 61 - 70件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード