152件中 81 - 90件表示
  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た日本の鉄道信号

    最高速度160km/hは、新幹線以外では北越急行ほくほく線の特急「はくたか」と並ぶ日本最高速で、その速度での進行を指示するためのGG信号(高速進行)がスカイライナーに対してのみ現示されるようになっている。このほか、京浜急行電鉄(京急)に次いで北総鉄道区間を含めてYGF信号(抑速信号)も2009年7月より稼動している。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た東松戸駅

    京成電鉄では当路線の開業に併せて、JR東日本の山手線・京浜東北線・常磐線、東京都交通局の日暮里・舎人ライナーとの乗り換え駅である日暮里駅の大規模改良工事が実施された。2009年10月3日から1階部分にあたる従来の1面2線のホームを上り用の1面1線、2階を改札・コンコース、3階を下り用の2面1線(「スカイライナー」専用と一般車専用の各ホームを設置)、合計で3面2線に変更された。また、北総鉄道区間も東松戸・新鎌ヶ谷・小室の各駅に待避線が新設された(これらの各駅には当初から拡張用スペースが確保されていた)。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た停車駅通過防止装置

    京浜急行電鉄車両(都営浅草線直通用車両で、車上情報管理装置に誤通過防止機能(停車予告機能)の搭載を行った編成が運用に入る)京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た第1次小泉内閣

    2001年(平成13年)8月28日 - 小泉政権の都市再生プロジェクト(第二次決定)の一つと見なされ、実現に向けて動き出す。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た鉄道車両のモニタ装置

    京浜急行電鉄車両(都営浅草線直通用車両で、車上情報管理装置に誤通過防止機能(停車予告機能)の搭載を行った編成が運用に入る)京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た高崎駅

    成田湯川駅の成田空港方に設置された分岐器(複線・単線ポイント)には、上越新幹線・長野新幹線の高崎駅でも使われている38番分岐器が使用され、スカイライナーの最高速度160km/hでの通過が可能となっている。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た泉岳寺駅

    成田空港 - 空港第2ビル - 成田湯川 - 印旛日本医大 - 千葉ニュータウン中央 - 新鎌ヶ谷 - 東松戸 - 京成高砂 - 青砥 - 押上 - 浅草 - 東日本橋 - 日本橋 - 新橋 - 大門 - 三田 - 泉岳寺 - 品川 - 羽田空港国際線ターミナル - 羽田空港国内線ターミナル京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見たサインシステム

    ファイル:Skyaccesssign.JPG|成田空港駅で設置準備中ののりば誘導標識(2010年3月16日)京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た運輸大臣

    の3案を答申し、1984年に運輸省はB案(北総線延伸)を採択し推進すると決定した。しかし、計画は決定したものの、成田アクセス鉄道問題は解決に向けての動きが遅滞していたため、1987年に当時運輸大臣であった石原慎太郎が「成田新幹線の設備と用地を活用し、京成線とJR線を成田空港に乗り入れさせる案」を指示して事業化され、そちらは一足早く1991年に成田線(空港支線)と京成本線(駒井野分岐点 - 成田空港間)の形で現実化した。京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成成田空港線

    京成成田空港線から見た羽田空港国際線ターミナル駅

    成田空港 - 空港第2ビル - 成田湯川 - 印旛日本医大 - 千葉ニュータウン中央 - 新鎌ヶ谷 - 東松戸 - 京成高砂 - 青砥 - 押上 - 浅草 - 東日本橋 - 日本橋 - 新橋 - 大門 - 三田 - 泉岳寺 - 品川 - 羽田空港国際線ターミナル - 羽田空港国内線ターミナル京成成田空港線 フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「成田スカイアクセス」のニューストピックワード