前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1654件中 1 - 10件表示
  • 日本航空

    日本航空から見た成田国際空港成田国際空港

    国際線は東京国際空港(羽田空港)や成田国際空港を拠点に、アジアや欧米、オセアニアに、国内線は東京国際空港を拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網をもつ。世界的な航空連合である「ワンワールド」に加盟している。日本では全日本空輸と並ぶ主要な航空会社である。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見た成田国際空港成田国際空港

    日米航空交渉の結果1983年に太平洋路線への本格参入を果たし、成田 - シアトル線で日本乗り入れが始まった。1985年に当時経営難にあえいでいたパンアメリカン航空の太平洋路線を譲り受け(実際の運航が切り替わったのは1986年2月13日)、日本発アジア各地への無制限以遠権を獲得したため、日米路線の増発や日本経由アジア各地への拡大を実施した。これにより日本を中心としたアジア路線は大きな収益源になった。また同時に太平洋路線を大幅増便し、競争力を増強した。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際空港

    東京国際空港から見た成田国際空港成田国際空港

    羽田空港の敷地面積は約1,522ヘクタール、埋め立てによる拡張により成田空港を超える日本最大の面積の空港となり、大田区全体の面積のおよそ4分の1を占める。東京国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空

    シンガポール航空から見た成田国際空港成田国際空港

    1980年12月1日 シンガポール-成田-ロサンゼルス線を開設。当時の使用機材はBoeing747-200だった。シンガポール航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA380

    エアバスA380から見た成田国際空港成田国際空港

    予定ではローンチカスタマーのシンガポール航空は2006年の第4四半期 - 同年末に最初のA380型機を受け取り、カンタス航空は2007年4月、エミレーツ航空は2008年より前にA380型機の引渡しを受けることになっていた。A380型機の最初の路線就航は2006年末のロンドン発シンガポール経由シドニー行シンガポール航空便、続いて同じくシンガポール航空によるシンガポール発香港経由サンフランシスコ行、シンガポールから千葉経由ロサンゼルス行、パリ、フランクフルトへの直行便が就航する予定であった。また、カンタス航空はA380型機をロサンゼルス - シドニー便に投入すると公表した。また、この頃にはエアバス社は月に4機のペースで引き渡しを行うと表明していた。エアバスA380 フレッシュアイペディアより)

  • 以遠権

    以遠権から見た成田国際空港成田国際空港

    以遠権行使が認められない場合、途中経由地から最終目的地までの営業はできない。例えば、現在は運航されていないものの、過去にベトナム航空にはホーチミン - 成田 - ダラスの経由便があったが、成田-ダラス間のみをベトナム航空便として搭乗することはできなかった。しかし、この成田-ダラス区間はアメリカン航空および日本航空とのコードシェア便であったため、これらの航空会社でアメリカン航空便または日本航空便として購入すれば成田-ダラス間のみの搭乗も可能であった。以遠権 フレッシュアイペディアより)

  • 関西国際空港

    関西国際空港から見た成田国際空港成田国際空港

    成田国際空港、中部国際空港とともに、国が「国際拠点空港」に位置づけており、完全民営化の推進や、大阪国際空港との一体的な設置・管理、運営権の売却などが国の施策として進められてきた。関西国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見た成田国際空港成田国際空港

    6月1日 - 成田国際空港第1旅客ターミナル南ウイング供用開始10周年。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ハロー・トーキョー

    ハロー・トーキョーから見た成田国際空港成田国際空港

    株式会社ハロー・トーキョー(英記 Hello Tokyo Co.,Ltd.)は、東京都特別区・武三交通圏(東京都23区および武蔵野市・三鷹市)、並びに千葉県の北総交通圏(成田国際空港など)を営業区域とし、旅客輸送のタクシーとハイヤーを運行する企業である。2002年(平成14年)に創業し、2008年(平成20年)に両備グループの子会社となった。ハロー・トーキョー フレッシュアイペディアより)

  • テレコムスクエア

    テレコムスクエアから見た成田国際空港成田国際空港

    モベルコミュニケーションズリミテッド日本支店が運営していたノキアストア箱崎T-CAT(2004年末閉店)を引き継いで、2005年2月14日よりノキアストア東京駅八重洲地下街の運営を行っており、海外向け端末の販売は、実質ノキアストアに一元化していたが、2008年末を以て閉鎖されたため、現在は一部機能を成田国際空港の両ターミナルビルに1箇所ずつ設置している「モバイルセンター」が継承している(ただし、ノキア商品のアフターサービスは一切手がけない)。テレコムスクエア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1654件中 1 - 10件表示

「成田国際空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]