1256件中 61 - 70件表示
  • 首都圏第3空港構想

    首都圏第3空港構想から見た成田国際空港成田国際空港

    首都圏第3空港構想(しゅとけんだいさんくうこうこうそう)は、拡大する日本の首都圏の航空需要を満たすため、東京国際空港(羽田空港)や成田国際空港の両空港を補完する第3の空港を建設しようという構想である。首都圏第3空港構想 フレッシュアイペディアより)

  • 百里飛行場

    百里飛行場から見た成田国際空港成田国際空港

    民間供用開始時の就航路線は神戸とソウルの2路線のみであるが、発着料金は成田、羽田と比較して3割ほど安く抑えられていることもあり、国際線、特に格安航空会社 (LCC) の乗り入れを誘致している。LCCの首都圏のターミナルとしての役割も期待されているものの、比較的短時間で行ける成田国際空港もLCC専用ターミナルの建設を検討していることから、これらの近隣の空港との競争にもさらされている。また、春秋航空による上海便が、中国籍航空機と航空自衛隊の訓練との兼ね合いから一部成田への発着を余儀なくされるという問題も生じていたが、11月より全便茨城発着となった。百里飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 新鎌ケ谷

    新鎌ケ谷から見た成田国際空港成田国際空港

    鉄道および道路が交差する地点にあり、千葉県北西部の交通の要衝となっている。鉄道については都心や羽田空港・横浜をはじめ、千葉県の主要エリアである松戸・柏・船橋・津田沼・幕張・千葉へ乗換えなしでアクセスできる他、2010年7月17日には成田空港へも乗換えなしでアクセスできる様になった(後述)。新鎌ケ谷 フレッシュアイペディアより)

  • つくば科学万博の交通

    つくば科学万博の交通から見た成田国際空港成田国際空港

    運行上のデメリットが多く、後に運行を廃止。成田空港ランプバスに転用。つくば科学万博の交通 フレッシュアイペディアより)

  • 成田空港交通

    成田空港交通から見た成田国際空港成田国際空港

    成田空港交通株式会社(なりたくうこうこうつう)は、成田国際空港を拠点とするバス会社である。京成電鉄の子会社。成田空港交通 フレッシュアイペディアより)

  • ウラジオストク航空

    ウラジオストク航空から見た成田国際空港成田国際空港

    定期便の他、チャーター便の運航も積極的で、日本でも成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)、広島空港、岡山空港、旧北九州空港、福岡空港、大分空港、阿蘇くまもと空港、宮崎空港、佐賀空港、鹿児島空港、長崎空港、松山空港、徳島空港、高松空港、高知龍馬空港、仙台空港、鳥取空港、出雲縁結び空港、南紀白浜空港、萩・石見空港、福井空港、新千歳空港、たんちょう釧路空港など多数の空港に飛来している。ウラジオストク航空 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見た成田国際空港成田国際空港

    1978年5月には新東京国際空港(現在の名称は成田国際空港)が開港し、この新空港の第一号機として日本航空(JALカーゴ)のダグラスDC-8−55F貨物機が着陸する。これ以降、これまで羽田空港に発着していた全ての日本航空と日本アジア航空の国際線が新空港に移り、併せて日本航空の新たなハブ空港として機能させるべく、各種整備設備や国際線オペレイションセンター、貨物施設なども設けられた他、同月には空港周辺にホテル日航成田が開業した。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 稲敷市

    稲敷市から見た成田国際空港成田国際空港

    また高速バスではないが、土浦駅・つくばセンターと成田国際空港を結ぶ「エアポートライナーNATT'S」が新利根地区を経由する。稲敷市 フレッシュアイペディアより)

  • 機内食

    機内食から見た成田国際空港成田国際空港

    ジャルロイヤルケータリング(JRC:日本航空とロイヤルホールディングスの合弁、成田国際空港機内食 フレッシュアイペディアより)

  • 深セン航空

    深セン航空から見た成田国際空港成田国際空港

    2009年7月1日 : 全日本空輸運航の東京/成田-廈門線のコードシェア開始。深セン航空 フレッシュアイペディアより)

1256件中 61 - 70件表示

「成田国際空港」のニューストピックワード