1654件中 61 - 70件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た成田国際空港成田国際空港

    また、ニュータウンの交通機関として新線建設を目的とした会社に相次いで出資した。北総開発鉄道(1972年(昭和47年)。現:北総鉄道)、千葉急行電鉄(1973年。1998年解散、現京成千原線を経営)、遅れて東葉高速鉄道(1981年(昭和56年))がそれである。そして、成田空港へのアクセスを目指して1968年(昭和43年)12月に新線免許を申請した。しかし、運輸省と新東京国際空港公団(ともに当時)が空港ターミナルビル地下への乗り入れを拒否した(当時予定されていた成田新幹線との兼ね合いもあった)。結局、第1・第2ターミナルビルの中間に駅を設置(空港通勤者の交通機関という位置付けとされた)することとなり、1970年(昭和45年)11月に着工、突貫工事により1972年11月には建設工事を終了し、1973年2月には習熟運転も始まった。しかし、反対運動による開港の延期(さらには初代AE車への放火)で6年あまり営業できない期間が続いた。都心側でも、京成上野駅の改良工事が1973年6月から1976年7月まで行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本空輸

    全日本空輸から見た成田国際空港成田国際空港

    設立当初より国内線が主軸であったが、「45/47体制」と呼ばれる当時の運輸省の政策により、日本航空は国際線と国内線幹線を、全日空は国内線幹線とローカル線・国際線チャーターを、東亜国内航空は国内ローカル線の運航を担当し将来的には幹線に参入する、というように運航を制限されていた。この政策の転換を契機に、1986年(昭和61年)3月3日より国際線定期便の運航を開始した。最初の路線はロッキード L-1011 トライスターの運航による成田 - グアム線だった(その後撤退)。全日本空輸 フレッシュアイペディアより)

  • Peach Aviation

    Peach Aviationから見た成田国際空港成田国際空港

    10月27日:大阪/関西 - 東京/成田線 就航。Peach Aviation フレッシュアイペディアより)

  • ポーラスター号

    ポーラスター号から見た成田国際空港成田国際空港

    1989年3月21日- 京成電鉄・宮城交通の2社により、成田空港 - 仙台駅前間で運行開始。ポーラスター号 フレッシュアイペディアより)

  • ROMES 06

    ROMES 06から見た成田国際空港成田国際空港

    警視庁と自衛隊の採用試験に身辺調査で「不適」と判断され落ち、民間警備会社に就職後、成田空港に配属、後に西日本国際空港へ転職。成嶋とは同い年で、敬語は使わなくてもいいと言われているが、立場上そうもいかない。まゆ子とは肉体関係があるが、恋人とは思っていない。ROMES 06 フレッシュアイペディアより)

  • サイパンエアー

    サイパンエアーから見た成田国際空港成田国際空港

    2012年7月1日から東京/成田-サイパン線、北京-サイパン線、8月1日から大阪/関西-サイパン線、瀋陽-サイパン線をそれぞれ定期チャーター便として就航開始を予定していた。しかし、機材を提供する予定のスイフトエアー社が破産を申請したため、機材が確保できなくなり、就航は中止された。そのため、サイパンエアーは、成田‐サイパン線を運航するデルタ航空(DL)に、振り替えの受け入れを要請した。また、スイフトエアー社に対して、債務不履行責任等の法的措置を講じるとしている。サイパンエアー フレッシュアイペディアより)

  • グランドハイアット東京

    グランドハイアット東京から見た成田国際空港成田国際空港

    成田国際空港から東京空港交通のリムジンバスが運行されている。グランドハイアット東京 フレッシュアイペディアより)

  • ウラジオストク航空

    ウラジオストク航空から見た成田国際空港成田国際空港

    定期便の他、チャーター便の運航も積極的で、日本でも成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)、関西国際空港、広島空港、岡山空港、旧北九州空港、福岡空港、大分空港、阿蘇くまもと空港、宮崎空港、佐賀空港、鹿児島空港、長崎空港、松山空港、徳島空港、高松空港、高知龍馬空港、仙台空港、鳥取空港、出雲縁結び空港、南紀白浜空港、萩・石見空港、福井空港、新千歳空港、たんちょう釧路空港など多数の空港に飛来している。ウラジオストク航空 フレッシュアイペディアより)

  • 成田セントラル観光

    成田セントラル観光から見た成田国際空港成田国際空港

    観光バス事業の他に、成田空港内におけるランプバス、成田空港関連企業の送迎バス、航空会社のクルーバス、成田空港とヒルトン成田・成田ゲートウェイホテル・ガーデンホテル成田を結ぶホテルバスの運行なども行っている。成田セントラル観光 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県の歴史

    千葉県の歴史から見た成田国際空港成田国際空港

    1950年(昭和25年)以降、東京湾沿岸の埋め立て、印旛沼干拓を始め、県内各地での開発が活発化し、県・国・民間が関わる大規模開発が続々推進された。東京湾沿いには、京葉工業地域が建設され、重化学工業が発展する。ベッドタウンの開発が進み、いわゆる『千葉都民』が急増する。県内の主なニュータウンとしては、海浜ニュータウン、成田ニュータウン、千葉ニュータウンなどがある(千葉県のニュータウン一覧)。また、東京に近い好立地を活かして、湾岸沿いを中心に谷津遊園(1925年(大正14年) - 1982年(昭和57年))、船橋ヘルスセンター(1955年(昭和30年) - 1977年(昭和52年))、マザー牧場(1960年(昭和35年) - )、東京ディズニーランド(1983年(昭和58年) - )などの大規模レジャー施設が数多く誕生した。1978年(昭和53年)には新東京国際空港(現在の成田国際空港)が開港、1989年(平成元年)には幕張メッセがオープン。周辺地域は大きな発展を遂げた。しかし、その反面、東京湾の干潟や利根川流域の水郷風景など、房総固有の風致(特に水辺空間)の多くが失われてしまった。千葉県の歴史 フレッシュアイペディアより)

1654件中 61 - 70件表示

「成田国際空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]