前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
519件中 1 - 10件表示
  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た全日本空輸

    1月27日:全日本空輸908便(ボーイング767-300)が、B滑走路を約70mオーバーランし草地に突っ込み、誘導路灯や滑走路末端補助灯を倒し停止した。このため開港後初めて事故により滑走路が閉鎖された。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た日本航空

    1960年代になると、大型ジェット旅客機の増加に加え高度経済成長により年々増大する国際輸送における航空機の重要性が高まったため、滑走路の拡充による発着能力の向上が望まれた。加えて、1960年代中に就航すると予想され日本航空も発注した超音速旅客機の就航による滑走路の長大化も求められた。そのため、羽田空港の再拡張により航空需要に対応しようと検討が開始されたが、成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た東京国際空港

    日本国内では広く「成田空港」もしくは「成田」という呼び方が定着している。また、国際的な視点から見ると、日本の首都である東京の国際空港として機能しているため、千葉県内に空港が所在しながらも便宜上「東京成田」()あるいは単に「東京」とも言われることがあるが、東京国際空港(通称:羽田空港)と区別するため前者が用いられることが多い。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た京成成田空港線

    また、芝山鉄道線の区間では常に空港警備隊所属の制服警察官複数人が往復乗車し、車内警戒にあたっている(当該項目参照)。警備情勢によっては京成成田空港線のアクセス特急などの路線にも千葉県警察の制服警察官が空港駅と途中駅の間を往復乗車し、同様の警戒にあたることがある。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たスカイチーム

    南ウイングの再開業に当たっては、航空会社を航空アライアンスごとにまとめ、同じターミナルに集約することによって混雑解消を目指し、乗り継ぎの利便性を高めた。20社が段階的にターミナル毎に集約・移転された。現在、主要な航空会社は主な3つの国際航空連合にまとまっており、ワンワールド加盟社の多くは第2ターミナル、スターアライアンス加盟社の多くは第1ターミナル南ウイング、スカイチーム加盟社の多くが第1ターミナル北ウイングを使用している。また、格安航空会社専用ターミナルとして、第2ターミナルに隣接した第5貨物地区に建設することが決まった。。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た大韓航空

    旅客便(国際線)の発着便数は、日本航空グループが最大で、全日本空輸グループ、デルタ航空、ユナイテッド航空がそれに次ぐ。デルタ航空やユナイテッド航空は以遠権を基に、アメリカ線のみならずアジア線も多く運航している。そして東京国際空港(羽田空港)にも乗り入れる大韓航空と中国国際航空が続く形となっている。旅客便(国内線)の発着便数は、日本航空を最大に、全日本空輸、スカイマークと続いている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たジェットスター・ジャパン

    。この背景には、2012年夏以降にジェットスター・ジャパン・エアアジア・ジャパンなどのLCC航空会社が就航したり、羽田空港の再国際化による競争激化などが挙げられている。千葉県警本部長は、科学技術の高度化などを例に挙げ、現行と同様な警戒体制を持つ機械警備の導入を行なえば検問体制の見直しに前向きな姿勢をとったことから、今後の動向に注目が集まる。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た京成電鉄

    開港4日前にあたる1978年3月26日、成田空港に反対派ゲリラが管制塔に乱入し管制塔内の機器を破壊した(成田空港管制塔占拠事件)ため、開港が5月20日まで延期となった。関連して1978年5月5日には京成電鉄の特急「スカイライナー」用車両が宗吾車庫で放火され、1両が焼失したほか、数編成が被害(後に復旧)を受けダイヤに支障をきたした(京成スカイライナー放火事件)。開港後も過激派の活動が続き、警察は厳重な警備を敷いた。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たチャイナエアライン

    4月18日:2本目の滑走路・暫定平行滑走路の供用開始。これにより台湾のチャイナエアライン(中華航空)とエバー航空(長榮航空)が羽田から成田へ移管、中国国際航空など中国のエアラインと翼を並べることとなる。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たフェデックス

    3月23日:フェデックスのマクドネルダグラスMD-11Fが着陸失敗し大破炎上、乗員2名死亡。開港以来初の全損及び死者の出た事故である。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
519件中 1 - 10件表示