519件中 21 - 30件表示
  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たスカイマーク

    旅客便(国際線)の発着便数は、日本航空グループが最大で、全日本空輸グループ、デルタ航空、ユナイテッド航空がそれに次ぐ。デルタ航空やユナイテッド航空は以遠権を基に、アメリカ線のみならずアジア線も多く運航している。そして東京国際空港(羽田空港)にも乗り入れる大韓航空と中国国際航空が続く形となっている。旅客便(国内線)の発着便数は、日本航空を最大に、全日本空輸、スカイマークと続いている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たエアアジア・ジャパン

    。この背景には、2012年夏以降にジェットスター・ジャパン・エアアジア・ジャパンなどのLCC航空会社が就航したり、羽田空港の再国際化による競争激化などが挙げられている。千葉県警本部長は、科学技術の高度化などを例に挙げ、現行と同様な警戒体制を持つ機械警備の導入を行なえば検問体制の見直しに前向きな姿勢をとったことから、今後の動向に注目が集まる。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た村山富市

    円卓会議の結論を受け、最終的には1995年に当時の内閣総理大臣・村山富市が謝罪、これを地元が受け入れ、その後2期工事への用地買収に応じる地主が出てきた。懸案の2期工事のうち平行滑走路については、1996年には未買収地を避ける形で暫定滑走路を建設する案が計画され、2002年に暫定供用開始した。隅谷三喜男団長を始めとする中立委員の努力や政府の謝罪などもあって反対派住民の態度もしだいに軟化した。その結果、反対運動に乗じて単に違法かつ過激な反政府活動を行っていただけであった反対派は逆に完全孤立化し、事態は収束に至っている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た石原慎太郎

    1987年に、当時運輸大臣を務めていた石原慎太郎は、「不便な国際空港」と呼ばれていた状況を見て、建設途中で中止となった成田新幹線(東京駅 - 成田空港駅間)の路盤と駅などの設備の一部を活用して東日本旅客鉄道(JR東日本)と京成電鉄の路線をそれぞれ分岐・延伸の上、成田空港に乗り入れる案(成田空港高速鉄道)を指示した。これらの路線は1991年に開業した。これにより、空港ターミナル(現第1ターミナル)直下に駅ができ、「成田エクスプレス」が東京駅までを最短53分で結ぶなど利便性が向上した。また、京成電鉄では京成本線のそれまでの「成田空港駅」を「東成田駅」に改称し、新たに開業した成田空港高速鉄道との分岐地点である駒井野信号場 - 東成田駅間を京成東成田線として分離して支線扱いの路線とした。同線開業の翌年、第2ターミナル開業の際には、同時に空港第2ビル駅が設置された。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た前原誠司

    2009年10月13日、鳩山政権の前原誠司国土交通大臣は「日本のハブ空港は、韓国の仁川国際空港」と発言し、東アジアで高まる国際航空路線の獲得競争に対抗するため、日本政府として今後は羽田空港に重点を置き、同空港のハブ空港化を進めていく方針を表明した。これにより、従来までの「国内線は羽田・国際線は成田」という棲み分けが見直されることとなり、地元自治体・政治家・企業関係者などに波紋を与えた。しかし、翌日になって前原大臣は千葉県の森田健作知事と対談し、従来通り羽田・成田の運用を基本的には崩さない趣旨を伝えた。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た松沢成文

    また、都心と時速300 kmのリニアモーターカーで結ぶ「羽田・成田リニア新線構想」を神奈川県の松沢成文知事や千葉県の森田健作知事が提唱している。ルートは、両空港間以外にも、横浜から東京都内や千葉を経て成田空港に至るもので、新宿やさいたま新都心までの支線も整備も考えられている。この構想が実現すれば、両空港間のアクセスが約27分と短縮される。この構想について、国土交通省が2009年2月に総事業費3兆円と試算を示したが、財源など実現に向けての課題がある。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た北側一雄

    本来の長さである2,500mへの延伸は、反対派の敷地を避けるため、条件派の土地を収用して空地となった北西方向へ320m延長する案が提示された。2006年8月開催の公聴会意見を踏まえて同年9月11日に当時の国土交通大臣・北側一雄がこの案を認可し、2009年(平成21年)10月22日から2,500mでの供用が開始された(方角と大臣姓双方の語句から俗に北側延長と言われている)。供用開始時期は当初2010年(平成22年)3月としていたが、2009年(平成21年)3月23日に発生したフェデックス80便着陸失敗事故の影響を受け、成田国際空港会社と国土交通省が協議をした結果、前倒しでの実施となった。詳細は「歴史」の節を参照。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た過激派

    日本国内空港では唯一で首都空港としても稀である検問制度が実施されており、外国人を含む空港施設への入場者全員に「セキュリティチェック」と称して検問所での身分証明書の提示が課せられている。さらに専門の警察機動隊である「千葉県警察成田国際空港警備隊」(空港警備隊 千葉県警察の部内呼称は「空警隊」)が検問所とターミナル内に常駐、巡回しており、世界的に見ても異例の厳重警備が敷かれ、戒厳令空港と呼ばれることもある。これは、政府が空港建設を強行した開港までの歴史的経緯(三里塚闘争、成田空港管制塔占拠事件など)より、新左翼過激派によるゲリラ活動を抑止することが目的だった。その後の成田空港手荷物爆発事件やアメリカ同時多発テロの発生により、主な目的は不特定多数が集まるターミナル施設でのテロ警戒に変化している。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たボーイング767

    1月27日:全日本空輸908便(ボーイング767-300)が、B滑走路を約70mオーバーランし草地に突っ込み、誘導路灯や滑走路末端補助灯を倒し停止した。このため開港後初めて事故により滑走路が閉鎖された。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たサークルKサンクス

    2007年現在、成田国際空港の国際航空貨物の取扱量は香港国際空港と仁川国際空港に次いで世界3位の地位を占める。開港当時は第1ターミナル北ウイング横に集中して貨物ビルが置かれていたが、航空貨物需要の増加に対応して五月雨式に拡張を続けたために、第一貨物地区と第四貨物上屋と第七貨物上屋、第五貨物上屋、空南貨物地区、整備地区暫定貨物上屋などに、ANAカーゴ、JALカーゴ、日本貨物航空、各フォワーダーなどの貨物ビルが点在している。貨物地区内には勤務者やドライバーの為にコンビニエンスストア(サンクス)も設置(第一貨物地区第2貨物ビル内)され、第七貨物前トラック待機場にもコンビニエンスストアが設置されている他、ガソリンスタンドも設置されている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

519件中 21 - 30件表示

「成田国際空港」のニューストピックワード